富山電気ビルデイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富山電気ビルデイング
Toyama Denki Building.jpg
情報
用途 賃貸オフィスレストラン結婚式場
旧用途 ホテル
設計者 富永襄吉[1]
構造設計者 内藤多仲[1]
管理運営 富山電気ビルデイング
延床面積 19,557 m²
階数 地上5階、地下1階(本館)
竣工 1936年4月8日
所在地 930-0004
富山県富山市桜橋通り3番1号
座標 北緯36度41分48.6秒 東経137度13分0.5秒 / 北緯36.696833度 東経137.216806度 / 36.696833; 137.216806座標: 北緯36度41分48.6秒 東経137度13分0.5秒 / 北緯36.696833度 東経137.216806度 / 36.696833; 137.216806
文化財 登録有形文化財
指定・登録等日 2018年11月2日
テンプレートを表示

富山電気ビルデイング(とやまでんきビルデイング)は、富山県富山市桜橋通りにある建築物。富山県内では電気ビルディングあるいは電気ビルと呼ばれている。1936年4月8日に竣工し、富山市内では富山県庁舎富山県庁)とともに第二次世界大戦以前に竣工した建築物である。

富山電気ビルデイング株式会社が所有・管理を行っている。本項目では、法人の富山電気ビルデイングについても詳述する。なお、ビル名・会社名のいずれも正式名称は「ビルデング」であり、「ビルデング」ではない。

概要[編集]

1936年に開催された日満産業大博覧会に合わせて、当時の日本海電気(富山県域を営業区域としていた電力会社・現在の北陸電力の前身)本社ビルとして1936年4月8日に県内初の複合オフィスビルとして竣工した[1][2]。建築の目的として地域産業の発展と地方文化の向上に寄与することを挙げており、日本海電気社長の山田昌作(後の北陸電力初代社長)の意向もあって、富山県内の経済人の交流の場としてビル内に社交クラブ(富山社交倶楽部)が置かれた[2]

外観にタイル張りが施された鉄筋コンクリート製の建築物で、1936年に竣工した本館は地上5階・地下1階の構造となっている[2][3]。ビルの中央部を高くしてバルコニーを設け、両端に0丸窓も設けられている。その外観から『埠頭に浮かぶ軍艦』とも呼ばれていた[1]1945年8月1日富山大空襲の戦災にも焼夷弾の屋上への直撃で焼失した5階部分を除き耐え[1]建築当時の外観が現在もほぼ保たれている、各階から投下する真鍮製郵便ポストが竣工当初以降現役である[1]など、1935年8月17日に竣工した富山県庁舎と並び昭和初期の富山の象徴となっている[3]。また、1956年11月には新館、1972年2月には新館東側に第二新館が竣工した(第二新館は北陸電力が所有)。

2018年7月20日文化審議会は富山電気ビルデイングを登録有形文化財に登録するよう文部科学大臣に答申[3][4]、同年11月2日官報で告示され正式に登録となった[5]。登録有形文化財として登録されるのは、本館と新館の2棟となっている[6]

歴史[編集]

富山電気ビルデイングの建設の背景には、富山市の旧都市計画法に基づく都市整備事業がある。神通川の廃川地が明治時代から放置状態にあり、都市機能の障害となっていた。北陸電力の前身であった日本海電気と富山市の思惑が一致し、富山県庁舎とともに富山市の近代化発展と賑い創出の象徴として建設された。完成後は、日本海電気の本社(地下1階から2階に入居[2])のほかに、日本海側では3番目(北陸では最初)に開業したホテルも併設され、1958年第13回国民体育大会開催時には昭和天皇香淳皇后が宿泊し、『富山の迎賓館』とも呼ばれていた(ホテルは1974年に閉鎖)[1][7]。この他、大ホールや能舞台も設置されていた[1]

第二次世界大戦後の1945年11月には、進駐軍の富山司令部が設置(1952年6月廃止)。また、1951年5月1日に北陸電力が設立されてからは、1989年5月に富山市牛島町の北電ビル(富山駅北側)が完成・移転されるまでは本店が置かれていた。

沿革[編集]

  • 1936年4月8日 - 富山電気ビルデイング竣工(後の本館)。
  • 1951年5月1日 - 北陸電力設立(発足時は延床面積7,316m2が本店)。
  • 1953年 - 進駐軍の接収解除に伴う改修工事が終了し、ホテルと食堂の営業が再開[1]
  • 1956年11月 - 新館竣工(延床面積7,378m2)。北陸電力本店が新館、同富山支店が本館に移転。
  • 1972年2月 - 新館東側に第二新館竣工(延床面積10,569m2)。
  • 1989年7月 - 北陸電力富山支店が第二新館に移転(現在は牛島町に移転)。

エピソード[編集]

富山電気ビルデイング株式会社[編集]

富山電気ビルデイング株式会社
Toyama Denki Building Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
930-0004
富山県富山市桜橋通り3番1号
設立 1936年2月26日
業種 卸売業
法人番号 6230001002116
事業内容 不動産事業、食堂経営
代表者 代表取締役社長 山田岩男
資本金 3億9,000万円
売上高 69億2,228万円(2009年3月期)
総資産 105億1,227万円(2009年3月31日時点)
従業員数 188人(2009年6月時点)
決算期 3月
主要株主 北陸電力北陸銀行
主要子会社 日本海冷蔵、北産運輸
外部リンク https://www.toyamadenbil.co.jp/
テンプレートを表示

概要[編集]

  • 富山電気ビルデイングの運営・管理のために設立された法人で、不動産賃貸・卸売・食堂の運営を行っている。

沿革[編集]

主な事業内容[編集]

  • 不動産・賃貸ビルの運営
    • 賃貸ビル・富山地区(富山電気ビル・第二富山電気ビル)
    • 駐車場(桜木町)
    • 賃貸ビル・東京地区(第3虎の門芝公園六本木
  • レストラン・喫茶店運営
    • 電気ビルレストラン(本館4階・県民会館店)、北電食堂など
  • 石油販売、電力・電子機材の販売

参考文献[編集]

  • 『ふるさと富山歴史館』 - 富山新聞社
  • 『北陸電力五十年史』 - 北陸電力

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 北日本新聞 2019年1月5日付30 - 31面『祝・富山電気ビルディング国登録有形文化財(建造物)登録記念 いつも、いつまでも、富山とともに』より。
  2. ^ a b c d “挑戦 北陸財界ものがたり 北陸電力(4) 電気ビル 発展に貢献”. 中日新聞. (2014年10月21日). https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/economy/zaikai/CK2014102102000220.html 2019年2月10日閲覧。 
  3. ^ a b c “富山電気ビルを国有形文化財に 文化審が答申”. 北國新聞. (2018年7月21日). https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20180721201.htm 2018年9月16日閲覧。 
  4. ^ “登録有形文化財(建造物)の登録について” (PDF) (プレスリリース), 文化庁, (2018年7月20日), http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/__icsFiles/afieldfile/2018/07/19/a1407260_02.pdf 2019年2月10日閲覧。 
  5. ^ 電気ビル本館・新館の国登録有形文化財(建造物)の正式登録”. 富山電気ビルデイング管理部 (2018年11月2日). 2019年2月10日閲覧。
  6. ^ 国の登録有形文化財(建造物)の登録について”. 富山県教育委員会 (2018年7月21日). 2018年9月16日閲覧。
  7. ^ 『まんまる』2018年6月号(北日本新聞社)10ページ
  8. ^ 電気ビル物語
  9. ^ 「壮大なドラマに」富山で唐沢寿明さんロケ - 北日本新聞社(2009年8月3日)
  10. ^ 情報プレゼンター とくダネ!』2010年2月2日放送分

関連項目[編集]