富岡東 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 関東地方 > 神奈川県 > 横浜市 > 金沢区 > 富岡東 (横浜市)
富岡東
—  町丁  —
神奈川県立循環器呼吸器病センター
富岡東の位置(横浜市内)
富岡東
富岡東
富岡東の位置(神奈川県内)
富岡東
富岡東
富岡東の位置
座標: 北緯35度22分4.31秒 東経139度37分51.89秒 / 北緯35.3678639度 東経139.6310806度 / 35.3678639; 139.6310806
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
金沢区
面積[1]
 - 計 1.828km2 (0.7mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 14,834人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 236-0051[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

富岡東(とみおかひがし)は、神奈川県横浜市金沢区の町名。現行行政地名は富岡東一丁目から富岡東六丁目。住居表示実施済み区域。郵便番号は236-0051[3]

地理[編集]

南北に細長く、最も北が一丁目、最も南が六丁目である。北は昭和町鳥浜町と磯子区杉田、東は並木、南は長浜と堀口、西は京急本線を挟んで能見台通富岡西に接する。二丁目の一部は埋立地で、南部市場関連の卸売企業などが進出している。富岡総合公園から旧海岸線沿いに緑地帯が柴町まで延び、緑地帯の途中の四丁目には富岡八幡宮、六丁目には神奈川県立金沢総合高等学校がある。六丁目の能見台駅近くの丘には神奈川県立循環器呼吸器病センターがある。

交通は京急本線の京急富岡駅のほか、六丁目の南側は能見台駅も近い。南北に国道16号が通り、同国道経由で磯子駅-追浜方面を結ぶ路線バスも利用できる。

面積[編集]

面積は以下の通りである[1]

丁目 面積(km2
富岡東一丁目 0.261
富岡東二丁目 0.563
富岡東三丁目 0.237
富岡東四丁目 0.198
富岡東五丁目 0.199
富岡東六丁目 0.370
1.828

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、富岡東6-26-10の地点で18万8000円/m2となっている。[5]

歴史[編集]

沿革[編集]

かつては久良岐郡金沢町の一部であった。かつては遠浅の海に面し、1877年明治10年)頃にジェームス・カーティス・ヘボンが汐湯治(海水浴)を推奨するなどし、日本の海水浴場の先駆けの地となった[6]。海水浴場は昭和30年代に埋立が始まるまで賑わった。漁場としても豊かで、打瀬網漁海苔の養殖が行われた[7]1936年に横浜市磯子区に編入、磯子区富岡町の一部となる。

現在の富岡東にあたる地域は横須賀街道沿いにあり、富岡町の中心街であった。1936年、横浜海軍航空隊の飛行艇訓練基地が設けられ、終戦後は在日米軍に接収されて富岡倉庫地区となった。

1948年には金沢区が磯子区から分区。1954年、現在の六丁目に結核療養所の神奈川県立長浜療養所(現・神奈川県立循環器呼吸器病センター)が開設。1971年2月、富岡倉庫地区が返還。跡地は横浜市72%、神奈川県16%、国12%に分割され、1975年に富岡総合公園が開園した。1983年7月18日に富岡町から富岡東が分離。住居表示が施行され、富岡東一丁目-六丁目が新設された[8]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
富岡東一丁目 1,814世帯 4,052人
富岡東二丁目 1,434世帯 3,337人
富岡東三丁目 998世帯 2,096人
富岡東四丁目 499世帯 1,066人
富岡東五丁目 892世帯 1,729人
富岡東六丁目 1,325世帯 2,554人
6,962世帯 14,834人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
富岡東一丁目 1番〜28番17号、29番
32番10〜18号、33番
横浜市立梅林小学校 横浜市立小田中学校
その他 横浜市立小田小学校
富岡東二丁目 1〜8番 横浜市立並木第一小学校 横浜市立富岡東中学校
その他 横浜市立富岡小学校
富岡東三丁目 10番〜13番44号
14〜24番
その他 横浜市立小田小学校 横浜市立小田中学校
富岡東四丁目 全域 横浜市立富岡小学校 横浜市立富岡東中学校
富岡東五丁目 全域
富岡東六丁目 全域

施設[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 富岡は超一級の避暑地(ぶらり金沢散歩道)
  7. ^ 区制施行40周年記念誌『太陽と潮騒と緑の丘 翔べ金沢』1989年3月31日 金沢区・市制100周年・区制40周年記念事業実行委員会発行
  8. ^ 横浜市金沢区の町名一覧(平成26年10月20日現在) (PDF) - 横浜市 2014年12月16日閲覧
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。