富岡次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

富岡 次郎(とみおか じろう、1927年昭和2年)4月1日 - )は、日本の歴史学者京都大学名誉教授。西洋史、特に中世英国史が専門だが、日本近代労働史にも関心がある。

来歴[編集]

兵庫県生まれ。1952年京大西洋史学科卒、同大学院、1966年「イギリス農民一揆の研究」で京大文学博士京都大学人文科学研究所助手、京大教養部講師助教授教授、1992年定年退官、名誉教授、京都学園大学教授。

妻・富岡和子は、農学博士奈良教育大学教授。長男・富岡淳は、工学博士早稲田大学理工学部教授。

著書[編集]

  • 『イギリス農民一揆の研究』創文社 1965
  • 『看護婦現代史」医学書院 看護教養新書 1966
  • 『日本医療労働運動史』勁草書房 1972
  • ゼネストの研究』三一書房 1978
  • 『イギリス社会主義運動と知識人』三一書房 1980
  • 『現代イギリスの移民労働者 イギリス資本主義と人種差別』明石書店 世界差別問題叢書 1988
  • 『イギリスにおける移民労働者の住宅問題』明石書店 世界人権問題叢書 1992
  • 『イギリスにおける人種と教育』明石書店 世界人権問題叢書 1998

共著[編集]

参考[編集]

  • 『人事興信録』1995