富島健夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富島 健夫
誕生 冨島 健夫
(1931-10-25) 1931年10月25日
京城
死没 (1998-02-05) 1998年2月5日(66歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学第一文学部(仏文科)
活動期間 1953年 - 1998年
ジャンル 青春小説、官能小説
代表作おさな妻』他
デビュー作 喪家の狗
テンプレートを表示

富島 健夫(とみしま たけお、冨島は本名、1931年10月25日 - 1998年2月5日)は、日本の小説家

概要[編集]

当時日本領だった朝鮮京城に生まれる。1945年敗戦とともに引揚げ、福岡県立豊津高等学校に学ぶ。1951年早稲田大学第一文学部仏文科入学。在学中に丹羽文雄の『文学者』同人となり、1952年同人誌第二次『街』を創刊、創作活動に入った。

1953年12月、『街』の代表として応募した『新潮』同人雑誌推薦特集に「喪家の狗」が掲載され、文壇にデビューする。同作は芥川賞の候補になった。卒業後、河出書房に勤務の傍ら、1956年に処女長編『黒い河』を同社より刊行する。1957年、河出書房の倒産を機会に、作家生活に入る。

『雪の記憶』『故郷の蝶』『七つの部屋』『恋と少年』などの純文学書下ろし長篇を発表後、1960年代からは青春小説、ジュニア小説に着手する。性の問題を回避して青春の文学は成立しないと主張し[1]、それまでタブー視されていた10代の性の問題を正面から扱い[2]、1969年『ジュニア文芸』(小学館)に連載された『おさな妻』はテレビや雑誌等で賛否両論を呼んだ[3]

1973年『初夜の海』[4]を発表以後、作品は官能的な傾向を強め、1980年代には川上宗薫宇能鴻一郎とともに“官能小説御三家”とも称せられた。大河長編に『女人追憶』がある。

自伝的長編に『青春の野望』(5部作)。エッセイ集も多数あり、1998年に66歳で没するまでに刊行された著書は700冊に及ぶ[5]1980年から翌1981年にかけて、各時代の代表作を集大成した『富島健夫小説選集』全22巻(実業之日本社)が刊行されている。

『黒い河』『雪の記憶』[6][7] 『明日への握手』(映画「高校三年生」)[8]関根恵子というスターを生んだ『おさな妻[9]、3本のにっかつロマンポルノと、1950年代から1980年代まで、それぞれの時代の代表作が安定して少なくとも12本映画化されている。

競艇ファンとしても知られ、1970年代から1980年代にかけて、関東地区競艇場開催の四大特別競走(現在のSG競走)優勝戦中継のゲストとして常時出演していた。

没後20年後の2018年に初めての伝記『「ジュニア」と「官能」の巨匠 富島健夫伝』(荒川佳洋著、[[河出書房新社]])が刊行された。

著作[編集]

1956年
1958年
  • 雪の記憶(平凡出版)
  • 燃ゆる頬(平凡出版)
1959年
  • 七つの部屋(河出書房新社)
1960年
  • 雪の中の信子(河出書房新社)
  • 若葉の炎(弥生書房)
  • 二人が消えた夜(荒地出版社)
1961年
  • 容疑者たち(雪華社)
1962年
  • 故郷は遠きにありて(角川小説新書)
  • 夜の青葉(集英社)
1963年
  • 明日への握手 学習研究社(学研新書) 「高校三年生」として映画化[8] 
  • 恋と少年(河出書房新社)
  • のぶ子の悲しみ(秋元書房)
1964年
  • 雌雄の光景(純文学)(河出書房新社)
  • 君たちがいて僕がいた(秋元書房)
1965年
  • 青春の門(学習研究社、レモン・ブックス)
1966年
  • 富島健夫青春文庫 第1-8(学習研究社)
  • 制服の胸のここには(集英社)
  • また会う日に(集英社、コバルト・ブックス)
  • 青春海流(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 虹は消えない(集英社、コンパクト・ブックス)
1967年
  • 考えない人(東方社)
  • 心に王冠を(集英社、コバルト・ブックス)
  • 若草燃ゆる(学習研究社、レモン・ブックス)
  • ちぎれ雲の歌(集英社、コバルト・ブックス)
  • 初恋宣言(集英社、コバルト・ブックス)
1968年
  • 女の部屋(光風社書店)
  • 朝雲の序曲(集英社、コバルト・ブックス)
  • ふたりだけの真珠(集英社、コバルト・ブックス)
  • 青春をぶっつけろ(青春出版社、青春新書)
  • 生命の山河(集英社)
  • にんげん牧場(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 道は遥かなり(集英社、コバルト・ブックス)
  • 明日は青春(集英社、コバルト・ブックス)
  • はじめての微笑(集英社、コバルト・ブックス)
  • 流氷は帰らない(集英社、コンパクト・ブックス)
  • その人は遠くに(大和書房、銀河選書)
1969年
  • おとなは知らない(集英社、コバルト・ブックス)
  • 歪められた初夜(秋田書店)
  • 星と地の日記(集英社、コバルト・ブックス)
  • 恋愛百景 春陽堂書店(サン・ポケット・ブックス)
  • 純白の季節(集英社、コバルト・ブックス)
  • これが男の子だ(サン・パブリシティ、コバルト・ブックス)
  • 雲の序章(集英社、コバルト・ブックス)
  • 不良少年の恋(集英社、コバルト・ブックス)
1970年
  • 青春の条件(主婦の友社、Cherry books)
  • 制服の庭(集英社、コバルト・ブックス)
  • 二年二組の勇者たち(集英社、コバルト・ブックス)
  • おれは怠け者だ(光風社書店)
  • ふたりの恋の物語(集英社、コバルト・ブックス)
  • 秘密はふたりのもの(集英社、コバルト・ブックス)
  • きみが心は(集英社、コバルト・ブックス)
  • おさな妻(集英社)
  • かりそめの恋(集英社、コバルト・ブックス)
  • 純愛一路(集英社、コバルト・ブックス)
  • 少年(集英社、コバルト・ブックス)
  • 青春の海(集英社、コバルト・ブックス)
1971年
  • 吹雪のなかの少年(集英社、コバルト・ブックス)
  • 可愛い子ちゃん 青い実の章(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 青春劇場(集英社、コバルト・ブックス)
  • 朝だちの唄(実業之日本社(ホリデー新書)
  • 女の部屋 紅燈篇(光風社書店)
  • 夜明けの星(講談社)
  • われらが城(講談社)
  • 春の坂(講談社)
  • 早春の雪(講談社)
  • 星のない夜(講談社)
  • あしたの湖(講談社)
  • 美しきライバル(集英社、コバルト・ブックス)
  • 荒野の星(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 蝶舞う日まで(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 女の部屋(緑酒篇 光風社書店)
  • 十七歳の四季(講談社)
  • 水色の夜(講談社)
  • あぶれた野郎(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 青春前夜(講談社)
  • 可愛い子ちゃん 紅い花の章(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 朝だちの唄 乱れる宴の巻(実業之日本社(ホリデー新書)
  • 富島健夫青春文学選集 第1-13巻(集英社)
1972年
  • 愛が信じられなくなったら(大和書房)
  • 背徳の部屋(光風社書店)
  • すみません(朝日新聞社)
  • 今夜の花(集英社、コバルト・ブックス)
  • 婚前初夜 約束の夜の巻(集英社、コンパクト・ブックス)
  • ぼくの恋人(集英社、コバルト・ブックス)
  • 彼女の好きなやつ(毎日新聞社)
  • 告白する勇気(毎日新聞社)
  • 十七歳の路(集英社、コバルト・ブックス)
  • 婚前初夜 青い欲望の巻(集英社、コンパクト・ブックス)
1973年
  • 実験する恋愛(祥伝社、ノン・ブック)
  • 恋するまで(集英社、コバルト・ブックス)
  • 恋か友情か(毎日新聞社)
  • やんちゃな天使(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 十七歳の歌(集英社、コバルト・ブックス)
  • 純子の実験(集英社、コバルト・ブックス)
  • 背信の季節 青い性の巻(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 新・おさな妻(集英社、コンパクト・ブックス)
  • おれの女友だち(青樹社)
  • 背信の季節 陶酔の巻(集英社、コンパクト・ブックス)
1974年
  • 十七歳の夢(集英社、コバルト・ブックス)
  • 犯す(実業之日本社)
  • 年上のあの人(集英社、コバルト・ブックス)
  • 恋する人の本(いんなあとりっぷ)
  • 聖処女(光風社書店)
  • 処女連盟 第1-3部(スポーツニッポン新聞社出版局)
  • 婚約時代(集英社、コバルト・ブックス)
  • 男と女の関係(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 初恋の海(集英社、コバルト・ブックス)
1975年
  • 恋情賛歌 双葉社(双葉新書)
  • 秘密(番町書房)
  • いのちの旅路(集英社、コバルト・ブックス)
  • 恋愛教室(集英社、コバルト・ブックス)
  • 十七歳の構図(光風社書店)
  • ふしぎな関係(旺文社ノベルス)
  • 恋ごっこ かりそめの夜の巻(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 恋ごっこ それぞれの恋の巻(集英社、コンパクト・ブックス)
  • おんなの条件(集英社、コンパクト・ブックス)
  • くれない匂うとき(徳間書店)
  • 初体験(実業之日本社(ジョイ・ノベルス)
  • ひめごころ 文藝春秋)
  • それぞれの欲望(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 恋と欲望の季節(桃園書房)
  • 行動する恋愛(青樹社)
1976年
  • 夜は別れない(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 初心な浮気(桃園書房)
  • 人間の部屋 燃ゆる夜の章(光風社書店)
  • 背徳者たち(講談社)
  • 城下町の少女(立風書房)
  • からみあい(青樹社、Big books)
  • 錦が丘恋歌(青春の野望 1)(集英社)
  • 愛と夢と現身と(青春の野望 2)(集英社)
  • ふたりだけの夏(実業之日本社、Joy novels)
  • 人間の部屋 白き獣の章(光風社書店)
  • 星と地の日記(集英社文庫、コバルトシリーズ)
  • 女の園(勁文社)
1977年
  • 愛人と恋人(講談社)
  • 愛撫(青樹社)
  • 青空に虹が(朝日ソノラマ、ソノラマ文庫)
  • 偽装同棲(スポーツニッポン新聞社出版局)
  • 処女連盟 開花篇(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 処女連盟 紅唇篇(集英社、コンパクト・ブックス)
  • 成熟(実業之日本社、Joy novels)
  • 同級生(立風書房)
  • 富島健夫青春文庫 1-5(立風書房)
  • 春の実験(桃園書房)
  • 湖は慕っている(集英社文庫)
  • 誘惑者(実業之日本社、Joy novels)
  • 誘惑の条件(桃園書房)
  • 早稲田の阿呆たち(集英社)(青春の野望 3)
  • 思春期 双葉社(双葉新書)
  • 初夜の海(スポニチ出版)
1978年
  • 純愛物語(集英社文庫)
  • 恋愛劇場(スポニチ出版)
  • 愛が芽ばえたとき(学習研究社、Live books)
  • 年増と処女(桃園書房)
  • 白鳥は悲しまず(集英社文庫)
  • 受胎(スポニチ出版)
  • 道は遥かなり(集英社文庫)
  • 花を盗む(サンケイ出版)
  • ろまんの花束(実業之日本社)
  • 土曜の夜(実業之日本社、Joy novels)
  • 三度目の初夜(青樹社、Big books)
1979年
  • 金曜日の愉しみ(青樹社、Big books)
  • 誘惑の理由(スポニチ出版)
  • 青い欲望(集英社文庫)
  • 誘惑の季節(桃園書房)
  • 愛玩(青樹社、Big books)
  • ふたりの星座(集英社文庫)
  • 女たちの欲望(桃園書房)
  • 三人の秘密(実業之日本社、Joy novels)
  • 官能の宴(桃園書房)
  • 天使に会った男(スポニチ出版)
  • また会う日に(集英社文庫)
  • くれない匂うとき(実業之日本社、Joy novels)
  • ひそかな願望(青樹社、Big books)
  • 玩ぶ女たち(サンケイ出版)
  • 恋慕の海(立風書房)
1980年
  • 情感の海(立風書房)
  • 女とギャンブル(青樹社)
  • 自由なる青春(集英社文庫)
  • 官能の宴 続(桃園書房)
  • 知的恋愛の本(青春出版社)
  • 可愛い女たち(実業之日本社、富島健夫小説選集)
  • 孤独な初夜(青樹社、Big books)
  • すみれ寮哀歓(サンケイ出版)
  • 寛容な同棲者(青樹社)
  • 学生作家の群(集英社)(青春の野望 4)
  • 優雅な日夜(桃園書房)
1981年
  • 悪友共和国(青樹社)
  • 虹は消えない(光風社出版)
  • 女人追憶 第1-7部(-1991年)(小学館)
  • 女の願望(青樹社、Big books)
  • 青春前期(集英社)
  • 男女の原点(光文社)
  • 誘惑(光風社出版)
  • 女たちの日曜日(光風社出版)
  • 漁色の四季(青樹社)
  • 婚約者(桃園書房)
  • 夕映え抄(立風書房)
  • 妻として生きるために(小学館)
  • 男女の接点(光文社)
1982年
  • 情事の季節(桃園書房)
  • たそがれの女(青樹社)
  • 雲のあばれん坊(集英社)
  • 少年の欲望(集英社文庫)
  • 七つの部屋(青樹社)
  • 冷えた乳房(スポニチ出版、富島健夫自選集)
  • 男女の交点(光文社)
  • 女になりたい(青樹社、Big books)
  • 実験の初夜(スポニチ出版、富島健夫自選集)
  • 火照る姫(光文社)
  • 妖しい午後(立風書房)
  • 好色取材ノート(桃園書房)
  • 乙女ごころ(立風書房)
  • 浮気ごっこ(実業之日本社、Joy novels)
1983年
  • あきれた恋人たち(桃園書房、桃園新書)
  • 人生、進むべし(集英社)(青春の野望 5)
  • 情事百景(徳間書店)
  • 女のいる風景(青樹社)
  • 交歓の宴(光文社)
  • 情ある女たち(桃園書房)
  • 男と女の再会(小学館)
  • 誰も言わなかった恋愛論(経済界)
1984年
  • 恋人と実験者と(桃園書房)
  • 男女の序章(東都書房)
  • 友だちの女(青樹社、Big books)
  • 新情事百景(徳間書店)
  • 女蕩し行状記(実業之日本社、Joy novels)
  • おんな草紙(立風書房)
  • 情婦の夜(青樹社、Big books)
  • 女の夜の声(有楽出版社)
  • くろしろ談義 双葉社(Futaba books)
1985年
  • いつまでも情事(青樹社)
  • 妻・母・女(集英社文庫)
  • 情欲の部屋(桃園書房、桃園新書)
  • 母の情人(光文社)
  • 花の秘密(サンケイ出版)
  • 雅子の見聞記(茜新社)
1986年
  • 虹は消えない(集英社文庫)
  • 好色の時代 (東都書房)
  • 女たちの四季(桃園書房、桃園新書)
  • あの夜の声(実業之日本社、Joy novels)
  • 遊び仲間(光風社出版、Kofusha novels)
  • 男と女のハプニング(双葉社)
  • 愛か情事か(徳間書店)
1987年
  • 女と男のあれこれ(桃園書房、桃園新書)
  • 許婚者のいる女(桃園書房、桃園新書)
  • ふたりで行く(徳間書店)
  • 好色天使(実業之日本社、Joy novels)
  • 女は自由(青樹社、Big books)
1988年
  • 女が夜来る(桃園書房、桃園新書)
  • 今夜のチャンス(広済堂出版)
  • 危険な男女(桃園書房、桃園新書)
  • 愛情物語(集英社)
  • 淫女たちの夜(青樹社、Big books)
  • いのちの悶え(扶桑社)
1989年
  • 女遍歴の日日(双葉社、Futaba novels)
  • 淑女淫行記(桃園書房、桃園新書)
  • 浮気の代償(青樹社、Big books)
  • 妖しい午後(勁文社、ケイブンシャノベルス)
  • 情事の周辺(青樹社、Big books)
  • 優しい関係(徳間書店)
  • 華やかな獲物(ベストセラーズ)
1990年
  • 妖しい性(桃園書房、桃園文庫)
  • 絶頂の狩人(ベストセラーズ)
  • 性欲物語 第1-4部(-1993)(桃園書房、桃園新書)
  • 色好みの青春(桃園書房、桃園新書)
  • 女の旅路(有楽出版社)
  • おんなへの序曲(青樹社、Big books)
  • 花びらを追う男(徳間書店)
1991年
  • 騒ぐ女・静かな女(実業之日本社、Joy novels)
  • 淫の花園(桃園書房、桃園新書)
  • 多情の季節(有楽出版社)
  • 女だけを愛す役立たず(徳間書店)
  • 密通 双葉社(Futaba novels)
  • 青春再来(青樹社、Big books)
1992年
  • ふれあいの夜(徳間書店)
  • 竜神のひげ(集英社)
  • 夜ごとの冒険(有楽出版社)
  • 情炎海峡(桃園書房)
1993年
  • 姉妹有情(青樹社、Big books)
  • 理想的初体験(徳間オリオン、Tokuma O novels)
1994年
  • 女神の里 第1-4巻(-1998)(小学館)
  • 情欲の門(桃園書房、桃園新書)
  • 未成年の春秋 第1部(家出篇)(桃園書房、桃園新書)
  • 純愛術入門(徳間オリオン、オリオン文庫)
1995年
  • 好色の里(実業之日本社、Joy novels)
  • 未成年の春秋 第2部熟成篇(桃園書房、桃園新書)
  • 人妻蕩らし(勁文社 ケイブンシャノベルス)
  • 一夜の情事(青樹社、Big books)
1996年
  • 未成年の春秋 第3部(流転篇)(桃園書房、桃園新書)
  • 密会の季節(青樹社、Big books)
1997年
  • 秘密の部分(青樹社、Big books)
1998年
  • 十三歳の実験(光文社)
  • 宿場の花(桃園書房、桃園新書)
  • 夏の情熱(光文社、光文社文庫)
  • 性愛ゲーム(実業之日本社、Joy novels)
1999年
  • 愛しき女たち(桃園書房、桃園新書)

脚注[編集]

  1. ^ 富島健夫「ジュニア小説は文学か(談)」『毎日新聞』1970年2月6日夕刊。他
  2. ^ 小谷野敦『恋愛の昭和史』文藝春秋〈文春文庫〉、2008年、301頁。
  3. ^ フジテレビ「小川宏ショー ジュニア小説と現代っ子気質」1967年3月27日。
    小松伸六「ジュニア版性生活の知恵」『文藝春秋』2月号、1970年。他
  4. ^ 1978年1月、刑法175条容疑により警視庁の摘発を受けた。
  5. ^ 文庫化・他出版社による再版含む。共著・死後の刊行除く。
  6. ^ 「故郷は緑なりき」(1961年ニュー東映 佐久間良子水木襄主演)「北国の街」(1965年日活 舟木一夫和泉雅子主演)。
  7. ^ 「私の履歴書 佐久間良子⑧」『日本経済新聞』、2012年2月8日。
  8. ^ a b 「高校三年生」(1963年大映 倉石功姿美千子高田美和舟木一夫主演)
    富島健夫「著者のことば」『富島健夫青春文庫3』学習研究社、1967年(1966年初版)、325頁。「明日への握手」について、「刊行後間もなく、これは『高校三年生』という題で大映で映画化された。主演は舟木一夫で、小説よりも歌のほうがはるかに有名である。」とある。(刊行とは『明日への握手』学習研究社〈学研新書〉(1963年5月)を指す)
    歌謡曲「高校三年生」(作詞:丘灯至夫、作曲:遠藤実、歌:舟木一夫)のヒットに伴い小説化したとする資料もあるが(柳澤五郎「富島健夫」『福岡県文学辞典』志村有弘編、勉誠出版、2010年。)『明日への握手』が雑誌『美しい十代』に連載されたのは1962年4月号から1963年3月号、歌謡曲「高校三年生」が発表されたのは1963年6月である。
  9. ^ その後、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の連続テレビドラマ1971年麻田ルミ主演)、テレビ朝日の単発2時間ドラマ1983年安田成美主演)、フジテレビの単発ドラマ(1985年・1986年、工藤夕貴主演 1987年、渡辺満里奈主演)としても映像化された。

関連項目[編集]