富川悠太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
とみかわ ゆうた
富川 悠太
プロフィール
愛称 トミー
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
生年月日 (1976-09-03) 1976年9月3日(43歳)
血液型 A型
最終学歴 横浜国立大学教育学部小学校教員養成課程体育専攻
職歴 テレビ朝日
活動期間 1999年 -
ジャンル 報道番組スポーツ番組バラエティ番組
配偶者 あり
公式サイト プロフィールページ
担当番組・活動
出演経歴報道ステーション』 『スーパーJチャンネル
報道ステーション SUNDAY』など
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

富川 悠太(とみかわ ゆうた、1976年9月3日[1] - )は、テレビ朝日男性アナウンサー

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身[1]東京都立国立高等学校横浜国立大学教育学部小学校教員養成課程体育専攻を卒業後、 1999年4月、テレビ朝日に入社[2]

子供の頃はプロ野球選手に憧れ、高校時代は野球部に所属。副主将でポジションはショート[2]。当時はいわゆる「牛乳瓶の瓶底」のような黒縁眼鏡をかけていた。大学でも体育を専攻。小学校の教員免許も取得した[3]。大学生時代には、母校・国立高野球部の助監督も務めていた[2]

アナウンサーとして入社した時には、スポーツを志望。最終面接で「報道だけはやりたくない」といったほど、最初は報道には消極的だった[2]

入社2年目の2000年に『スーパーJチャンネル』のミニコーナー「世にも明るいニュース」を担当[4]小宮悦子から厳しく指導を受けた[4]。「うまくリポートする、という小手先のテクニックではなく、カメラワークから編集まで含めて、ニュースをどう見せるか。テレビマンとしての基礎をとことん学んだ」という[4]

報道番組リポーターとしての活動がメインで、『報道ステーション』では政局や事件を追いかける一方、『スーパーJチャンネル』では街の面白い噂やグルメを追いかけたり(2007年まで)と、硬軟問わず担当。

大の『暴れん坊将軍』フリーク。2002年放送の『暴れん坊将軍XII』第6話に、特別出演した。2002年8月9日の『スーパーJチャンネル』の中で、富川の出演シーンをリポートしたコーナーが放映された。その前にも同年3月に『八丁堀の七人』に出演したこともある。この時は『スーパーJチャンネル』で番組の取材をした際に富川が直接担当者に頼んでの出演であり、最終話で一瞬ではあるが登場している。2007年の石原プロモーション制作の新春ドラマスペシャル『マグロ』にもチョイ役ではあるが出演。この時も2006年12月22日の『スーパーJチャンネル』で紹介された。

2006年11月、一般人の女性と結婚。二男の父親である。

2014年12月には、同年8月に筋萎縮性側索硬化症(ALS)で亡くなったいとこの富川睦美を取り上げた『笑顔の約束〜難病ALSを生きる〜』に出演。同番組は2015年11月に日本民間放送連盟のテレビ教養部門で優秀賞を受けている。

黒柳徹子が富川の大ファンで、『徹子の部屋』(2016年4月11日放送分)に富川が初出演した[5]。この日は『報道ステーション』のメインキャスターとしての初日でもあった。

2016年4月11日に古舘伊知郎の後任として『報道ステーション』のメインキャスターに就任した[6]1985年に開始し2004年に終了した『ニュースステーション』の久米宏(当時41歳)、『報道ステーション』前任者の古舘(当時49歳)と2人は40代で就任したのに対し、富川は30代での就任となった。自身の『報道ステーション』メインキャスター就任後も古舘との交流は続いている[7]

2016年、オリコンで毎年発表される年末の「好きなアナウンサーランキング」では、この年で5年連続1位になり殿堂入りした日本テレビアナウンサー・桝太一、同じく日本テレビ出身のフリーアナウンサー羽鳥慎一朝日放送(現:朝日放送テレビ)出身のフリーアナウンサー・宮根誠司、自身がキャスターを務めている『報ステ』前任者の古舘、NHKアナウンサー・武田真一等の知名度や実力者が常連として連なる中、富川自身も初のランクインを果たし8位にランクインされた(女性が選ぶ「好きな男性アナウンサーランキング」でも、10位にランクインしている)[8]

新型コロナウイルス[編集]

2020年4月9日に体調不良を訴え、検査を受けた結果、11日に新型コロナウイルス感染検査で陽性と確認されたことが明らかになり、13日からの『報道ステーション』への出演を見合わせる[9][10]。2度のPCR検査で陰性となり、21日に退院[11]

現在の出演番組[編集]

  • 報道ステーション - リポーター(初代メインキャスターの古舘伊知郎の不在時に代役を務めることもあった。)→2代目メインキャスター(2016年4月11日 - )
2018年9月28日までは全曜日に出演。同年10月1日より、出演曜日を月 - 木曜日に縮小。

過去の出演番組[編集]

同期アナウンサー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 富川悠太(とみかわゆうた)のプロフィール・画像・出演スケジュール 【スタスケ】(1000003843)”. ザテレビジョン. 2020年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 日刊スポーツ 2016年10月2日 30面「日曜日のヒーロー・1018」
  3. ^ テレビ朝日アナウンサーズ 富川悠太
  4. ^ a b c d 富川 悠太|EMOTION|テレビ朝日 新卒採用サイト2017”. TV asahi (2016年4月9日). 2016年4月9日閲覧。
  5. ^ 徹子の部屋バックナンバー 2016年4月11日 徹子の部屋
  6. ^ 「報ステ」古舘氏後任に富川悠太アナ”. デイリースポーツ (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  7. ^ “古舘伊知郎 『報ステ』富川アナに深夜の熱血指導”. NEWSポストセブン (小学館). (2016年9月26日). https://www.news-postseven.com/archives/20160926_451108.html 2020年4月21日閲覧。 
  8. ^ “『第12回 好きな男性アナウンサー』日テレ桝アナが5連覇で殿堂入り”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年12月9日). https://www.oricon.co.jp/special/49610/ 2020年4月21日閲覧。 
  9. ^ “「報道ステーション」富川アナ コロナ感染で出演見合わせ”. 文春オンライン (文藝春秋). (2020年4月11日). https://bunshun.jp/articles/-/37196 2020年4月21日閲覧。 
  10. ^ “テレ朝「報道ステーション」富川悠太アナ 新型コロナ「陽性」に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年4月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/04/11/kiji/20200411s00041000393000c.html 2020年4月11日閲覧。 
  11. ^ “テレ朝富川悠太アナ退院 報ステ「2度の検査陰性」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年4月21日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202004210000700.html 2020年4月21日閲覧。