富樫幸千代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
 
富樫幸千代
時代 室町時代後期
生誕 寛正元年(1460年)?
死没 不明
氏族 富樫氏
父母 父:富樫成春
兄弟 妙善尼(鏑木繁常室)、政親幸千代

富樫 幸千代(とがし こうちよ)は、室町時代後期の武将富樫氏22代当主[1]

富樫成春の次男として誕生。文明5年(1473年)、応仁の乱の影響で兄・政親と争い真宗高田派甲斐敏光と結んで勝利した。しかし翌6年(1474年)、本願寺と結んだ政親に加賀国から追放された。これ以降、一向一揆と結び再三加賀に侵入しては戦った。

元服したかも定かでなく、その後の詳細は不明である。文明8年(1476年)9月には加賀半国を与えられたというが、文明6年に一向一揆勢に攻められ敗死したとの説もある。

脚注[編集]

  1. ^ 富樫高家から数えると13代当主。