富樫泰俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
富樫泰俊
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正8年(1511年)?
死没 天正2年2月19日1574年3月12日
官位 加賀富樫介
氏族 富樫氏
父母 父:富樫稙泰
兄弟 泰俊晴貞
稙春、天易侍者、家俊

富樫 泰俊(とがし やすとし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将富樫氏27代当主[1]加賀国野々市城主。

富樫稙泰の長男として誕生。享禄4年(1531年)の大小一揆に小一揆方として参戦したが、捕らえられた。後に逃亡して、弟・晴貞の死後、家督を継いだという。一度加賀へ戻り野々市城主となるが、本願寺方に攻められ、越前国に逃亡する。しかし、天正2年(1574年)に越前金津にて子である稙春・天易侍者共々討死し、富樫氏は滅亡した。

なお、三男・家俊は辛くも難を逃れて名を後藤弥右衛門と改め、佐久間盛政に仕えて300石の所領を得た。

脚注[編集]

  1. ^ 富樫高家から数えると18代当主。