富沢英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

富沢 英彦(とみざわ ひでひこ、1946年6月1日 - 2018年8月10日[1])は、日本の陸上競技選手。元走高跳日本記録保持者。1972年ミュンヘンオリンピック代表。群馬県安中市松井田町(旧碓氷郡松井田町)出身。順天堂大学卒業。現在は大阪府の高校教諭。

経歴[編集]

  • 1967年 第51回日本選手権で2m07をマークし優勝
  • 1969年 2m15の日本新記録を樹立
  • 1970年 第54回日本選手権で2m14をマークし優勝。同年、2m18の日本新記録を樹立
  • 1971年 第55回日本選手権で2m20の日本新記録(1971年世界ランキング8位・ベリーロールによる跳躍の日本最高記録)を樹立し優勝
  • 1972年 ミュンヘンオリンピックに出場 2m15を跳んで予選突破面目をほどこしたが、決勝は2m09に終わる
  • 1973年 第57回日本選手権で2m09をマークし優勝
  • 1980年 6月28日に34歳年齢別日本最高記録となる2m11をマーク

脚注[編集]

  1. ^ 「順天堂だより」2018年9月号(300号)、p.14

関連項目[編集]