冨田俊基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冨田 俊基
生誕 (1947-10-31) 1947年10月31日(71歳)
研究機関 (機関)中央大学
研究分野 財政学
母校 関西学院大学(学士)
京都大学(博士)
受賞 日経・経済図書文化賞(2006年)
テンプレートを表示

冨田 俊基(とみた としき、1947年10月31日[1] - )は、日本の経済学者。専門は財政学。前中央大学教授

略歴[編集]

財政制度等審議会財政制度分科会委員、財政投融資分科会長、会計検査院懇話会委員、国の債務管理政策の在り方に関する懇談会委員などを務める。

著書[編集]

  • 「国際国家の政治経済学」(東洋経済新報社、1989年)
  • 「冷戦後世界経済システム」(東洋経済新報社、1996年)
  • 「財投解体論批判」(東洋経済新報社、1997年)
  • 「国債累増のつけを誰が払うのか(東洋経済新報社、1999年)
  • 「日本国債の研究」(東洋経済新報社、2001年)
  • 「経済政策の課題」(野村総合研究所、2004年)
  • 「国債の歴史」(東洋経済新報社、2006年);第49回日経・経済図書文化賞受賞
  • 「財政改革の虚と実」(東洋経済新報社、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.331

参考文献[編集]