富田浜看護婦学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

富田浜 看護婦学校(とみだはま かんごふがっこう)は、1924年(大正13年)から1980年(昭和55年)まで、四日市市にあった看護学校で、四日市市富田浜町に立地する富田浜病院の付属看護学校である。同院院長の石田誠によって設立された。「富田浜准看護婦学校」とも言う。

概要[編集]

  1. 教室は1錬で建坪15坪であった。
  2. 修業年数は2ヶ年となっていた。
  3. 病院実習を2ヶ年とする看護学校であった。
  4. 寄宿舎は建坪50坪であった。

沿革[編集]

所在地[編集]

四日市市富田浜町26番地1号

参考文献[編集]

  • 『ふるさと富田』(四日市市富田地区の文化財保存会が執筆した郷土史の本)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ふるさと富田108ページ12行目 - 109ページ7行目

関連項目[編集]