富田町 (弘前市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 青森県 > 弘前市 > 富田町 (弘前市)
富田町
富田町の位置(青森県内)
富田町
富田町
富田町の位置
座標: 北緯40度35分13.98秒 東経140度28分42.86秒 / 北緯40.5872167度 東経140.4785722度 / 40.5872167; 140.4785722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県
市町村 Flag of Hirosaki, Aomori.svg 弘前市
人口 (2017年(平成29年)6月1日現在)[1]
 - 計 476人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 036-8173
市外局番 0172[2]
ナンバープレート 青森

富田町(とみたまち)は、青森県弘前市の町名。郵便番号は036-8173。2017年6月1日現在の人口は476人、世帯数は298世帯[1]

地理[編集]

松森町の南端部、北部東側から南西の中野文京町に至る道筋の町。

歴史[編集]

城郭の南郊に位置する富田村の一部であったが、松森町から南の取上・堀越地区を経由していた参勤路が、小栗山村経由に変更されたことを契機として成立。もと富田村の村域であったため、富田新町とも呼ばれていた。町の状況は当時の「国誌」によれば、明治初年、町は半農半工だったが、同30年、旧富田村に第8師団設置の影響を受け、住宅地・職人町に推移。

沿革[編集]

枡形[編集]

文京町・中野に接する富田町の南端が、かつて富田町枡形と言われていた。その名の通り、昔枡形に塀が築かれ、富田町から小栗山に行く際検閲所であったとされる。角を二重に設けていたともあり、これらは城下町において見られる特徴。現在は道路・交差点の形状に、わずかにかつての枡形の名残を残す感じで、住所に枡形は見られず、その名前のみがわずかに交番、バス停留所、弘前東消防署の分署、町会名(富田町枡形町会)として使われる。

施設[編集]

教育[編集]

医療[編集]

  • アオイ薬局
  • 菊池外科内科医院
  • やぎはしファミリー歯科

福祉[編集]

  • 富田デイサービスセンター

金融[編集]

商業[編集]

  • 小野印刷所
  • 弘南ドライ
  • 三勝屋燃料センター

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

町丁 番・番地 小学校 中学校
富田町 全域 弘前市立第三大成小学校 弘前市立第三中学校

交通[編集]

松森町角、大富町入口、富田町(弘前駅 - 座頭石線、他)停留所。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b オープンデータひろさき 弘前市 町名別人口・世帯数_平成29年” (日本語). ひろさき未来戦略研究センター (2017年6月1日). 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。

参考文献[編集]

角川日本地名大辞典 2 青森県(角川書店)