富田直亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富田 直亮
(白 鴻亮)
生誕 1899年(明治32年)7月27日
日本の旗 日本 熊本県
死没 1979年(昭和54年)4月26日
所属組織 日本陸軍
中華民国国軍
軍歴 1920 - 1946 (日本陸軍)
1950 - 1979 (中華民国国軍)
最終階級 陸軍少将 (日本)
陸軍上将 (中華民国)
テンプレートを表示
台湾新北市樹林区海明禅寺(海明寺)

富田 直亮(とみた なおすけ、1899年明治32年)7月27日 - 1979年昭和54年)4月26日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍少将(日本)、陸軍上将(中華民国)[1]熊本県出身。陸士32期。陸大39期。日中戦争後、台湾中華民国国軍の軍事顧問団(白団)の団長を務めた。 晩年の秘書は阿尾博政。 遺骨は分骨され、日本と台湾新北市樹林にある海明禅寺に安置されている。

年譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]