富谷宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富谷宿の位置(宮城県内)
富谷宿

富谷宿(とみやじゅく)は、奥州街道の72番目の宿場である。江戸時代初期の元和4年1618年)に設置され、現在の宮城県富谷市しんまち地区にあった。

概要[編集]

内ヶ崎酒造店(元本陣)

仙台市と富谷市の境、国道4号大沢峠から北へ約5km富谷市のしんまち地区、宮城県道256号(県道西成田宮床線)しんまち通り全長約400mの往還に、旧家が建ち並ぶ。かつて富谷新町宿とも呼ばれており江戸時代には宿場であった[1]。この界隈には江戸時代肝入を務め本陣を仰せ付けられた内ヶ崎家[注釈 1]がある。元本陣の内ヶ崎家別邸、本陣跡の近くに「恋路の坂」があり、この坂を上ると茶の畑がある。往時は一帯で茶が栽培され、富谷茶として知られていた[2]1970年(昭和45年)を最後に富谷茶の栽培が途絶えていたが2020年令和2年)の復活を目指し栽培が再開された[3][4]

歴史[編集]

宿場の入り口脇、熊野神社
  • 平成30年(2018年)10月13日 開宿400年記念の富谷宿「街道まつり」開催[5]

祭り・イベント[編集]

  • とみやふるさとまつり - 例年8月中旬に行われる。

隣りの宿場[編集]

周辺観光地[編集]

恋路の坂の登り口

アクセス[編集]

駐車場[編集]

  • 内ヶ崎家別邸の南脇にしんまちめぐりの無料駐車場有り、普通車7台無料、17:00まで

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 現在の内ヶ崎酒造店
  2. ^ 後に内ヶ崎織部と改名。
  3. ^ 富谷内ヶ崎家の初代
  4. ^ 本陣跡の近くに有る富ヶ岡公園に至る坂道でアララギ派の歌人、原阿佐緒東北帝国大学教授でアインシュタインの弟子だった石原純博士が歩いた[6]

出典

座標: 北緯38度23分56.39秒 東経140度53分14.03秒 / 北緯38.3989972度 東経140.8872306度 / 38.3989972; 140.8872306