寒川南インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
寒川南インターチェンジ
Samukawa South IC 01.jpg
所属路線 C4 首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路
IC番号 26
本線標識の表記 寒川南
起点からの距離 2.0 km(茅ヶ崎JCT起点)
◄茅ヶ崎JCT (2.0 km)
(3.0 km) 寒川北IC
接続する一般道 神奈川県道44号伊勢原藤沢線
供用開始日 2013年4月14日
通行台数 x台/日
所在地 253-0114
神奈川県高座郡寒川町田端
テンプレートを表示

寒川南インターチェンジ(さむかわみなみインターチェンジ)は、神奈川県高座郡寒川町にある首都圏中央連絡自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

「田端二本松」交差点付近

寒川南インターチェンジは、神奈川県高座郡寒川町にある圏央道インターチェンジで、海老名八王子方面のみ通行できるハーフインターチェンジである。施行時特例市である平塚市茅ヶ崎市に最も近い圏央道のインターチェンジでもある。

寒川南インターチェンジ周辺では、寒川町により工業系を中心とする土地区画整理事業である「田端西地区まちづくり」が計画されており、神奈川県道44号伊勢原藤沢線と、神奈川県道46号相模原茅ヶ崎線が交わる「交通結節点」としての機能を有することから、「21世紀型インターチェンジ周辺整備のまちづくり」をコンセプトに掲げている[1]

同様の土地区画整理事業は、南隣の茅ヶ崎市萩園地区でも計画されている[2]

歴史[編集]

  • 2012年平成24年)
    • 5月15日 - 当ICの名称が「寒川南IC」に正式決定[3]
    • 11月 - 「寒川町田端西地区土地区画整理事業設立準備会」を設立。
  • 2013年(平成25年)
    • 4月13日 - 「開通記念ウォーキングを開催」
    • 4月14日 - 茅ヶ崎JCT - 寒川北IC間開通に伴い、供用開始[4]
  • 2015年(平成27年)
    • 5月1日 - 「茅ヶ崎市萩園字上ノ前地区土地区画整理組合」を設立。

周辺[編集]

接続する道路[編集]

[編集]

C4 首都圏中央連絡自動車道さがみ縦貫道路
茅ヶ崎中央IC(藤沢方面出入口) - (25)茅ヶ崎JCT - (26)寒川南IC - (27)寒川北IC
内回りについては当ICを過ぎると、藤沢IC新湘南バイパス茅ヶ崎西ICまで一般道には出られない。

脚注[編集]

  1. ^ 寒川町ホームページ 田端西地区のまちづくり”. 2018年8月24日閲覧。
  2. ^ 茅ヶ崎市ホームページ 萩園字上ノ前地区のまちづくりについて”. 22018-08-24閲覧。
  3. ^ さがみ縦貫道路のインターチェンジ名称が決定しました”. 中日本高速株式会社 (2012年5月15日). 2017年1月8日閲覧。
  4. ^ 圏央道の茅ヶ崎JCTから寒川北IC間、海老名ICから相模原愛川IC間が開通します”. 中日本高速道路株式会社 (2013年2月15日). 2017年1月8日閲覧。

関連項目[編集]