寒川郡 (栃木県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
栃木県寒川郡の範囲

寒川郡(さむかわぐん)は、栃木県下野国)にあった小山市南部の思川西岸にあたる。

郡域[編集]

1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

  • 小山市(大字中里、鏡、網戸、楢木、生良、上生井、迫間田、寒川、小袋、井岡、下河原田および生駒の一部)

古代には思川の両岸地域だったものが、平安時代以降の中世には思川西岸のみとなった。

沿革[編集]

古代 - 中世[編集]

  • 734年 - 万葉集20巻防人の歌 4376「多妣由岐尓 由久等之良受弖 阿母志〃尓 己等麻乎佐受弖 伊麻叙久夜之氣」右一首寒川郡上丁川上臣老。
  • 927年 - 延喜式神名帳に、寒川郡阿房神社、胸形神社。
  • 930年 - 和名類聚抄に、下野国寒川(さんがわ)郡の三郷として、真木郷、努宜郷、池辺郷。
  • 1187年 - 吾妻鏡に「小山七郎朝光母〔下野大掾政光入道後家。〕給下野國寒河郡并網戸郷」。
  • 野木神社が寒川郡七郷(迫間田、寒川、中里、鏡、小袋・井岡、網戸、下河原田)の総鎮守。

近代以降の沿革[編集]

中里村、鏡村、網戸村、馬場村、楢木村、生井新田、上生井村、迫間田村、寒川村、小袋村、井岡村、下河原田村、上河原田村

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1889年
次代:
下都賀郡