寛助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

寛助(かんじょ、天喜5年(1057年)- 天治2年1月15日1125年2月19日))は、平安時代後期の真言宗。父は右大弁源師賢。成就院大僧正・弁大僧正・法関白とも称される。

略歴[編集]

仁和寺経範の室に入って密教を学び、性信入道親王(しょうしんにゅうどうしんのう)から灌頂を受けた。白河法皇からの信任が厚く、1099年康和元年)権律師に任じられて以降、遍照寺別当・仁和寺別当・東寺長者・東寺法務を歴任した。1113年永久元年)鳥羽天皇の病気平癒の修法の報償として、東寺結縁灌頂の小阿闍梨(こあじゃり)が僧綱に任じられる慣例のもとを築いた。その後も、広隆寺別当・法勝寺別当・東大寺別当を歴任し、1121年保安2年)大僧正に任じられた。