寝屋川夫婦殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
寝屋川夫婦殺害事件
場所 日本の旗 日本 寝屋川市
日付 1975年8月23日
攻撃手段 合鍵で侵入、住人を殺害
武器 手斧
死亡者 2名
他の被害者 新婚夫婦(会社員の男性と妻)
犯人 39歳男
動機 金品の強奪
攻撃側人数 1人

寝屋川夫婦殺害事件(ねやがわふうふさつがいじけん)とは、1975年8月に大阪府寝屋川市で発生した殺人事件である。

概要[編集]

運転手の男Wが運転するタクシーに、男性客が家のをタクシーに忘れてしまった。 運転手によからぬ思念が湧き、その男性客の家を確認すると、高校生と中学生の息子がいる5人家族が住むマンションだった。

Wは確認だけして鍵を返さないまま、何事もなく時は流れる。

それからしばらくしWは失業保険の不正受給が発覚し、返済を迫られていた。また愛人に泣きつかれ、多額の金が必要になった時、鍵を拾ったあのマンションを思い出しWは夜、その忘れ物の鍵を使い強盗を試みる。高校生の息子、中学生の息子、父親の男三人に対抗するため、 を携え、鍵を開け中に入る。

しかし、当時の男性客は転勤しており、その部屋は新婚夫婦が男性から借りていた。Wは夫を斧で斬りつけ、妻も斧で切りつけられた上で金の在処を吐かせる為に、指や足首を切断され性的いたずらもされていた。

性的被害が「いたずら」で済んだ理由は床が血で滑るために至れなかったためである。犯人が去ったあと妻が警察に通報し事件が発覚した。

駆けつけた警察は、玄関に鍵がかかっていたため、隣の部屋のベランダを通って窓から入り、二人を見つけた。

発見した時には妻はすでに死亡しており、夫は重体で病院に運ばれたが、翌日に死亡した。夫婦の死因は斧で切り付けられたことによる出血多量。

逮捕されたWは「チェーンが掛かっていたら諦めたのに・・・被害者も悪い」と供述した。

事件の経緯[編集]

1975年8月23日早朝、寝屋川警察署に妻から通報があり警察が駆け付けたところ事件が発覚。 ベランダからの侵入した形跡がないことから当初捜査は難航したが、警察が部屋の所有者に事情聴取したところ以前タクシーに乗った際に財布と一緒に部屋のを落としていたことが判明。当日勤務していたWが逮捕された。 落とした遺失物の鍵を使用した犯行だったため社会に衝撃を与えた。 調べた結果、当日勤務だった当時39歳のWが捜査に浮上、12月7日クレジットカードの不正使用による遺失物横領、詐欺容疑でWは逮捕された。 取り調べの結果Wは犯行を自供し、詐欺住居侵入強盗殺人、遺失物横領、窃盗容疑で起訴された。

犯人の動機[編集]

Wは失業保険の不正受給が発覚し、返済を迫られていた。
また愛人に泣きつかれ、多額の金が必要になったWは客の落とした鍵を思い出し犯行に及んだ。

その後[編集]

Wは1980年11月6日最高裁で被告側上告棄却、死刑が確定した。1988年6月16日、死刑執行された。

メディア[編集]

奇跡体験!アンビリバボー - 2014年7月24日の放送にて取り上げられた。

出典[編集]

  • 中日新聞 1957年1月19日