審議拒否

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

審議拒否(しんぎきょひ)は、議員が議論を放棄し議会に出席せず審議・審査に参加しないこと。審議放棄(しんぎほうき)ともよばれる。議会における圧倒的多数の与党に対抗する野党議事妨害戦術のひとつ[1][2]

日本[編集]

1960年代まで日本国会では、一党優位の状態にあった与党自民党に対抗して政策決定に影響力を持つための手段として、野党が議場占拠など物理的に審議を妨害する手段をとった[3]。しかし、特に安保闘争時の混乱により「乱闘国会」と呼ばれるなどして世論に国会不信が生まれたため、与野党間での申し合わせが結ばれ、野党は議場占拠などの物理的抵抗をせず、自民党は単独審議や単独採決を行わないことになった[3]。1970年代以降、野党はその代わりに審議拒否を主たる対抗手段として使うようになった[3]。1993年細川内閣の佐川急便借入金問題が発生した際、及び2009年から2012年に自民党が下野した際には、逆に野党となった自民党が審議拒否を行ったこともある[4][5][6][7]

野党は審議拒否を行うと、国会を空転・空回しさせた、国会をさぼったなどと批判され[8][9][10][11]、与党は審議拒否が行われている際に審議を行うと、強行であると批判を受けることがある[8][6][12][13][14]。度を越した審議拒否は世論の離反を招くため、野党側にも自制は働く[1]

通常、審議拒否は野党の議事妨害戦術として行われるが、与党が野党の追及を恐れて、委員会の集中審議などに応じない戦術も、審議拒否として批判されることがある[15][16]

意見[編集]

2013年参議院の「国の統治機構に関する調査会」で高安健将は、参議院で「執政権力を不安定化させる問責決議や審議拒否」が問題となっており、「参議院と首相・内閣・衆議院の間で調整、譲歩」することが望ましいと示唆した[17]

2007年に天木直人はブログで、日本の野党がもし「審議拒否を貫く」のであれば「立派な国会戦術」であり日本の国民の支持は得られると示唆した[18]

2018年の岩井奉信によれば、議事妨害の手法はアメリカなど他国にも見られるが、審議拒否は日本以外の先進国では見られないという。また、岩井は野党が審議拒否を行う目的として、日本では審議時間の調整が国会戦術となっているために、法案の審議時間を不足させるという狙いを挙げた[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b 伊藤光利「国会のメカニズムと機能- 一党優位制における議会-」 『年報政治学』Vol. 38 (1987) p129-147
  2. ^ 国会審議における野党の抵抗手段にはどのようなものがあるか。 2009/07/09 岡山県立図書館, レファレンス協同データベース
  3. ^ a b c 曽根泰教, 岩井奉信政策過程における議会の役割」『年報政治学』Vol. 38 (1987) p149-174
  4. ^ 木下 健「過去20 年間の衆参予算委員会における与野党対立構造の分析」、『同志社政策科学研究』、同志社大学、2012年9月、 NAID 110009471254
  5. ^ “臨時国会29日召集伝達を先送り 野党欠席で”. 日本経済新聞. (2012年10月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS24026_U2A021C1PP8000/ 2018年4月29日閲覧。 
  6. ^ a b “審議拒否、自民に乱れ 強硬参院に不満噴出”. 朝日新聞デジタル. (2012年4月20日). http://www.asahi.com/politics/intro/TKY201204190769.html 2018年4月29日閲覧。 
  7. ^ 審議拒否は与党にあり、国会審議を尽くせ!”. 自民党の主張「ここが論点」 / Jimin NEWS. 自由民主党 (2009年11月30日). 2018年4月29日閲覧。
  8. ^ a b 田中信一郎 (2018年4月28日). “野党の「審議拒否」は「サボり」なのか?”. ハーバービジネスオンライン (扶桑社). https://hbol.jp/164739 2018年4月30日閲覧。 
  9. ^ 山井和則 [@yamanoikazunori] (2012年8月29日). "審議を拒否して、国会を空転させて、政権にダメージを与え、政権を倒そうとする方法は、国民からは理解は得られないと思います。私は与党議員として審議拒否はせず、引き続き会期末までしっかり仕事を続け、法案を成立させるべく頑張ります。気に入らないことがあれば、国会に来ない。それはおかしい!" (ツイート). Retrieved 2018年4月29日 – via Twitter.
  10. ^ 中西孝介 (2018年4月27日). “嘆く長老「総理が天を仰いで2時間無為に…」審議拒否の野党に自民反発「猛省しろ」”. FNNプライムオンライン. https://www.fnn.jp/posts/00303500HDK 2018年4月29日閲覧。 
  11. ^ 水内茂幸; 長嶋雅子 (2018年4月26日). “「野党は猛省を」「奇妙な状況」 自民党が野党の欠席戦術を非難 粛々と審議進める方針”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/politics/news/180426/plt1804260051-n1.html 2018年4月29日閲覧。 
  12. ^ “首相、働き方法案の成立に全力 野党「強行許さず」と反発”. どうしん電子版 (北海道新聞). (2018年4月27日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/184781 2018年4月29日閲覧。 
  13. ^ 金杉貴雄 (2018年4月28日). “東京新聞:働き方法案、審議強行 衆院本会議 6野党欠席の中”. TOKYO Web (東京新聞). http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201804/CK2018042802000141.html 2018年4月29日閲覧。 
  14. ^ 木下訓明; 原田啓之; 立野将弘 (2018年4月21日). “国会:空転 与党、強行批判を恐れ/野党、追及戦略描けず”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180421/ddm/002/010/033000c 2018年4月29日閲覧。 
  15. ^ “野党「政府・与党が審議拒否」”. 時事ドットコム. (2019年4月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041600565 2019年4月17日閲覧。 
  16. ^ 山岸一生; 久永隆一 (2019年4月16日). “不祥事巡る予算委、与党が開催拒否 野党「審議拒否だ」”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASM4J471LM4JUTFK00H.html 2019年4月17日閲覧。 
  17. ^ 議院内閣制における内閣の在り方― 国の統治機構等に関する調査報告 ―立法と調査 2014. 8 No. 355
  18. ^ 天木直人「辞職ごっこ」の裏で加速する日米軍事同盟 2007年2月7日
  19. ^ “「ガラパゴス」ぶり突出、野党が驚愕の17連休“世界の恥” 政治学・岩井教授「先進国で審議を放棄するケースまずない」”. zakzak (産経デジタル). (2018年4月30日). https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180430/soc1804300003-n1.html 2018年4月30日閲覧。 

関連項目[編集]