寺尾隆吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寺尾 隆吉(てらお りゅうきち、1971年- )は日本のラテンアメリカ文学研究者・翻訳家フェリス女学院大学国際交流学部教授博士(学術)東京大学、2005年)。専門は現代ラテンアメリカ文学・大衆文化[1]

愛知県名古屋市生まれ[2]。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了[2]。2005年「La novelística de la violencia en América Latina 」で学術博士。

ガブリエル・ガルシア=マルケスフアン・カルロス・オネッティフリオ・コルタサルフアン・ヘルマンなどラテンアメリカ文学作品の邦訳のほか、安部公房大江健三郎谷崎潤一郎などの作品のスペイン語への翻訳も手がける。

著書[編集]

  • 『フィクションと証言の間で―現代ラテンアメリカにおける政治・社会動乱と小説創作』松籟社、2007年
  • 『魔術的リアリズム―20世紀のラテンアメリカ小説』水声社、2012年
  • 『ラテンアメリカ文学入門 ボルヘスガルシア・マルケスから新世代の旗手まで』中公新書、2016

共編[編集]

  • 『平和に向けて歩む人々 戦乱の記憶を乗り越えて』馬橋憲男共編 現代企画室 フェリスカルチャーシリーズ 2009
  • 『抵抗と亡命のスペイン語作家たち』編著 洛北出版 2013

翻訳[編集]

  • エルネスト・サバト『作家とその亡霊たち』現代企画室 2009
  • オラシオ・カステジャーノス・モヤ『崩壊』現代企画室 2009
  • マリオ・バルガス・ジョサ『嘘から出たまこと』現代企画室 2010
  • 『価値ある痛み フアン・ヘルマン詩集』現代企画室 2010
  • フアン・カルロス・オネッティ『屍集めのフンタ』現代企画室 2011
  • カルロス・フエンテス『澄みわたる大地』現代企画室 2012
  • ホセ・ドノソ『境界なき土地』水声社 フィクションのエル・ドラード 2013
  • フアン・ホセ・サエール『孤児』水声社 フィクションのエル・ドラード 2013
  • セルヒオ・ラミレス『ただ影だけ』水声社 フィクションのエル・ドラード 2013
  • フアン・カルロス・オネッティ『別れ』水声社 フィクションのエル・ドラード 2013
  • 『疎外と叛逆 ガルシア・マルケスとバルガス・ジョサの対話』水声社 2014
  • フリオ・コルタサル『対岸』水声社 フィクションのエル・ドラード 2014
  • ギジェルモ・カブレラ・インファンテ『TTT トラのトリオのトラウマトロジー』現代企画室 セルバンテス賞コレクション 2014
  • フリオ・コルタサル『八面体』水声社 フィクションのエル・ドラード 2014
  • ホセ・ドノソ『別荘』現代企画室 ロス・クラシコス 2014
  • ロベルト・アルルト『怒りの玩具』現代企画室 ロス・クラシコス 2015
  • カルロス・フエンテス『ガラスの国境』水声社 フィクションのエル・ドラード 2015
  • 『ゴンサロ・ロハス詩集〈アンソロジー〉』グレゴリー・サンブラーノ編 現代企画室 セルバンテス賞コレクション 2015
  • ホセ・ドノソ『ロリア侯爵夫人の失踪』水声社 フィクションのエル・ドラード 2015
  • 『水を得た魚 マリオ・バルガス・ジョサ自伝』水声社 2016
  • アレホ・カルペンティエール『方法異説』水声社 フィクションのエル・ドラード 2016
  • マリオ・レブレーロ『場所』水声社 フィクションのエル・ドラード 2017
  • ロムロ・ガジェゴス『ドニャ・バルバラ』現代企画室 ロス・クラシコス 2017
  • マリオ・バルガス・リョサ『マイタの物語』水声社 2018
  • フリオ・コルタサル『奪われた家/天国の扉』光文社古典新訳文庫、2018
  • ホルヘ・イバルグエンゴイティア『ライオンを殺せ』水声社 フィクションのエル・ドラード 2018
  • レオナルド・パドゥーラ『犬を愛した男』水声社 フィクションのエル・ドラード 2019

脚注[編集]

  1. ^ 教員紹介「寺尾 隆吉」”. フェリス女学院大学. 2014年11月25日閲覧。
  2. ^ a b 『別荘』訳者紹介”. e-hon. 2014年11月25日閲覧。