寺島尚彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寺島 尚彦(てらしま なおひこ、1930年6月4日 - 2004年3月23日)は、日本の作詞家作曲家洗足学園音楽大学教授。次女はソプラノ歌手の寺島夕紗子[1][2][3]

経歴と人物[編集]

栃木県出身。開成学園在学中、大学受験を翌年に控えた年の暮れに開成出身の東京芸術大学教授池内友次郎と出会う。

池内から芸大受験を後押しされ、翌1949年に東京芸術大学音楽学部作曲科入学を果たす。

卒業後もシャンソン音楽活動を継続し、1967年には、初めて訪れた沖縄に心を揺さぶられ、沖縄戦の悲劇を歌った代表作『さとうきび畑』を作詞・作曲したことで知られる。

また、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ映画スペクトルマン』の劇伴音楽も手掛けている。

2004年3月23日、肺腫瘍のため73歳で逝去した。

さとうきび畑[編集]

この曲は「ざわわ ざわわ ざわわ」というフレーズで知られ、寺島尚彦が田代美代子のために作った曲である。その後森山良子上条恒彦、寺島夕紗子(上記の通り寺島の娘)、雨宮麻世、鮫島有美子堀江美都子、郡愛子、錦織健新垣勉岡村喬生ちあきなおみ宮沢和史夏川りみ松浦亜弥といった幅広い年代、分野の幾多の音楽家によって歌い継がれてきたことで知られる。

ちなみに、NHKみんなのうたは森山良子バージョン(新旧2回ある)が有名だが、最初の放送時はちあきなおみが歌った。

また2003年9月28日には、この曲をモチーフにしたドラマ『さとうきび畑の唄』(TBS系、出演:明石家さんま黒木瞳上戸彩ら)が放映された。

作品[編集]

童謡[編集]

器楽曲[編集]

  • ピアノ連弾のための組曲「14ひきのあさごはん」
  • 連弾曲集「黒い森と白い森」

歌曲[編集]

  • 歌曲集「忘れた秋」

合唱曲[編集]

  • 日野市立三沢台小学校 校歌
  • 千歳科学技術大学 校歌
  • 常滑市立常滑中学校 校歌
  • 中之条町立中之条中学校 校歌
  • 長野原町立北軽井沢小学校 校歌
  • 青空のすみっこ(NHK全国学校音楽コンクール課題曲)
  • 小さな協奏曲(コンチェルト)(NHK全国学校音楽コンクール課題曲)
  • 合唱ファンタジー「友だち」
  • 女声合唱組曲「青い麦」
  • 合唱ファンタジー「動物のカーニバル」
  • 混声合唱組曲「花のながれのなかに」
  • 混声合唱とオーケストラ(ピアノ)のためのメニュー「食卓の歌」
  • 混声合唱と〔コントラバスとピアノ〕あるいは〔ピアノ〕のためのロマン「火龍(さらまんどら)」
  • 少年少女(女声)のための合唱ファンタジー「朝の小景」
  • 女声合唱とピアノのためのエピソード「花の恋うた」
  • 男声合唱とピアノのための組曲「樹海」
  • 子供のための合唱組曲「五つのスケッチ」
  • 花と少女(NHK全国学校音楽コンクール課題曲)

映画劇伴音楽[編集]

テレビドラマ劇伴音楽[編集]

編曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 洗足学園音楽大学の公式サイトによると、寺島夕紗子は東京芸術大学出身で、同大学院修了にスペインに留学し、現在は同大学で声楽部門の講師を務める。また、第23回フランス音楽コンクール第1位や第8回日仏声楽コンクール第2位などの実績も紹介されている。なお、雙葉高等学校での同期生にスポーツキャスター・タレントの王理恵や歴史・宗教学者の小堀馨子がいる。
  2. ^ さとうきび畑こんさあと in 神大 - 50年目の記憶 [学術Weeks2016]”. 神戸大学発達科学部/同大学院人間発達環境学研究科. 2018年10月15日閲覧。
  3. ^ 教員・指導陣紹介-声楽部門”. 洗足学園音楽大学. 2018年10月15日閲覧。