寺島紫明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寺島 紫明(てらしま しめい、明治25年(1892年11月8日昭和50年(1975年1月13日)は、明治時代から昭和時代にかけての日本画家

来歴[編集]

鏑木清方の門人。名は徳重。明治25年、兵庫県明石市樽屋町に木綿問屋・柿屋の長男として生まれる。姉が二人いた。父は徳松、母はとし。幼少時、見習い奉公をしていたが、文学に親しみ、両親の反対を押し切って画家を目指す。明治32年(1899年)、明石尋常高等小学校に入学、この頃からスケッチを好み、『源氏物語』などといった日本文学に親しんだ。高等小学校卒業の後、さらに文学への傾斜を深め、寺島玉簾の筆名を使用して『少年倶楽部』や『兄弟姉妹』などの雑誌などに応募、入賞を果たした。また、若山牧水に入門、短歌をたしなんだこともあった。明治42年(1909年)、17歳の時、長姉の嫁ぎ先であった大阪の木綿問屋、丹波屋(三浦家)に見習い奉公に入った。しかし、同年、父の徳松が死去、翌明治43年(1910年)に上京するが、大正元年には母としも没し、文学から離れ、本格的に画家を志すようになった。

その後、大正2年(1913年)、21歳の時、長野草風の紹介により、雑司ヶ谷に控家を借りていた清方に入門した、当時、紫明や同門の西田青坡笠松紫浪がこの控家の留守居をしていた。紫明はこの頃、近くにアトリエを構えていた。翌大正3年(1914年)、巽画会に「柚子湯」、「菖蒲湯」、「対幅」を出品、三等賞を受賞した。大正12年(1923年9月1日、清方の供をして青坡と一緒に院展二科展を巡覧しているときに関東大震災にあった。

紫明は清方門下による画塾、郷土会展覧会で活躍している。昭和2年(1927年)、第8回帝展に「夕なぎ」を出品、初入選を果たした。35歳という遅咲きではあったが、これ以降、第9回帝展で「日輪」(二曲一双)が、第11回帝展で「爪」、第13回帝展で「母娘」、第14回帝展で「うつらうつら」、第15回帝展で「女」、改組帝展で「あつさ」(二面)などの作品が入選を続けている。また、帝展のほか、新文展においてもその実力を発揮しており、昭和11年(1936年)の文展鑑査展に出品した「九月」及び第1回新文展で「朝」、第2回新文展で「微匂」がともに入選を重ね、昭和16年(1941年)の第4回新文展に出品した「寸涼」、昭和17年(1942年)の第5回新文展に出品した「秋単色」が連続して特選を受賞した。昭和19年(1944年)には紫明は川西航空の仁川工場に徴用され、絵筆を取れなくなる。

第二次世界大戦後には主に日展を中心に活躍し、日展の審査員、評議員も務めている。昭和36年(1961年)の第4回新日展において「舞妓」が文部大臣賞を受賞、昭和44年(1969年)の第1回改組日展に出品した「舞妓」によって、翌昭和45年(1970年)に日本芸術院恩賜賞を受賞[1]している。このように晩年には多くの舞妓姿を描いた。昭和50年1月13日、西宮市甲東園の自宅で死去。享年82。

作品[編集]

  • 「夕月」 絹本着色 大正5年 大関株式会社所蔵
  • 「夕映(姉弟)」 大正8年 大関株式会社所蔵 
  • 「旅芸人」 絹本着色 大正10年 大関株式会社所蔵
  • 「爪」 絹本着色 昭和5年 大関株式会社所蔵 
  • 「彼岸」 絹本着色 昭和21年 京都国立近代美術館所蔵
  • 「長い髪の婦人」 団扇 昭和35年(1960年)頃 ホノルル美術館所蔵

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1970年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。

参考図書[編集]

  • 大正シック展 ‐ホノルル美術館所蔵品より‐ 国際アート編 国際アート、2007年
  • 鏑木清方の系譜 ‐師水野年方から清方の弟子たちへ‐ 鏑木清方記念美術館編 鏑木清方記念美術館、2008年