寺本眞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
寺本 眞一
てらもと しんいち
生年月日 (1953-03-05) 1953年3月5日(65歳)[1]
出身校 中京大学法学部
前職 町議会議員、農業、

Flag of Nachikatsuura, Wakayama.svg 那智勝浦町長
当選回数 2回
在任期間 2010年1月 - 2018年1月
テンプレートを表示

寺本 眞一(てらもと しんいち、1953年3月5日 - )は日本政治家。元那智勝浦町長。中京大学法学部卒業。

人物[編集]

中京大学法学部を卒業後、県警に就職。保険業や農業、町議を経て2010年1月に前任者の自殺による町長選で初当選[2]2011年9月1日、紀伊半島豪雨の際には、自宅が流され妻と娘を亡くした[3]2013年12月の町長選では、豪雨からの復興の加速や防災の充実を訴え、300票差で再選した。2017年12月の町長選では2期8年の実績を強調し3選を目指したが、前町教育長の森崇に2757票の大差で破れ落選した[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
小嶋英嗣
Flag of Nachikatsuura, Wakayama.svg 那智勝浦町長
2010年-2018年
次代:
森崇