寺田政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寺田 政明(てらだ まさあき、1912年1月3日 - 1989年7月12日)は福岡県八幡市(現北九州市八幡東区)出身の洋画家である。実子に俳優寺田農[1]、元女優の寺田史がいる。

来歴・人物[編集]

池袋モンパルナス」と小熊秀雄が呼んだ若手芸術家の中心人物の一人にして、日本におけるシュルレアリスムの代表者の一人。息子である農が語るには、「ぼうふら一匹も殺してはいけない」という慈悲深さを持つ、良い父であったとのこと。

  • 1912年 福岡県八幡市に寺田武雄・きよの次男として生を受ける。父武雄は、八幡製鐵所勤めであり、後に度々題材に取り上げられている。
  • 1919年 蛍取りに行ったところ崖から転落。これ原因で足が不自由になるが、入院中に医師が絵画を描いているのに興味を持ち、絵の道を志すようになる。
  • 1927年 九州画学院入学。
  • 1928年 同郷の北川実を頼り上京。東京府渋谷区代々木八幡に居を構え、小林萬吾の同舟舎絵画研究所に学ぶ。ここで麻生三郎と知遇を得、太平洋美術学校でも行動を共にする。
  • 1929年 下谷区谷中真島町1-2の辻ハウスに転居。正面にモデル坂と呼ばれ幾人かが題を取った坂が存在した。
  • 1930年 太平洋美術学校本科に入学。同期に松本俊介・麻生ら。松本とは共に機関紙「線」を刊行。
  • 1932年 第2回独立展で「風景B」が初入選。
  • 1933年 豊島区長崎仲町に転居
  • 1934年 鶴岡政男らが結成したNOVA展にも出品すると同時に、初の個展を開く。この頃小熊と知遇を得、絵の手ほどきをしている。また翌年の小熊秀雄第一詩集の装丁も担当し小熊が没するまで親交を持った。
  • 1936年 麻生・吉井忠らとグループ展を行う。また同メンバーとエコール・ド・東京を結成、また植村鷹千代、四宮潤一、瀧口修造らが設立したアヴァン・ガルド芸術家クラブにも参加する。
  • 1937年 第7回独立展で独立美術協会賞を受け、名を轟かせる。
  • 1938年 北脇昇らと創紀美術協会創立。
  • 1939年 創紀美術協会解散。福沢一郎らと美術文化協会を結成し49年まで出展。
  • 1943年 靉光井上長三郎、鶴岡らと新人画会を結成。
  • 1947年 板橋区前野町に転居。
  • 1949年 自由美術協会に入会(62まで出展、64年退会)。日本美術家連盟が発足した際には創立委員。日本アンデパンダン展出展(57年まで)
  • 1954年 新聞・週刊誌の挿絵をはじめる。
  • 1963年1966年 題材を海外に求め、フランススペインギリシャイタリアを往復する。
  • 1964年 森芳雄らと主体美術協会を結成し創立会員となる。日本国際美術展、現代日本美術展に出展。
  • 1966年 北九州市立美術館の前身の八幡市立美術館にて「寺田政明自選展」を開催。
  • 1979年 板橋区立美術館で「寺田政明回顧展」が開催される。
  • 1981年 北九州市立美術館で「寺田政明展」が開催される。
  • 1989年 板橋区で死去。
  • 1990年 板橋区立美術館で「受贈記念 寺田政明展」が開催される。 板橋区を代表する画家ということで、同館には70数点の所蔵がある[1]。0
  • 2012年 北九州市立美術館・分館で「生誕100年 寺田政明展」が開催される。

関連文献[編集]

  • 『寺田政明画集』愛宕山画廊、1972年
  • 『寺田政明回顧展』 板橋区立美術館、1979年
  • 『NHK日曜美術館 第10集』 学習研究社編、学習研究社、1978年
「日曜美術館」として放映された対談の内容にもとづき編集された書籍で、寺田政明「私と靉光」が収められている。
  • 『寺田政明素描集』愛宕山画廊、1985年
  • 寺田農(編・発行)『寺田政明画集』茅蜩舎、1995年
  • 『生誕100年 寺田政明』北九州市立美術館、2012年

脚注[編集]