寺田敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寺田 敏雄(てらだ としお、1959年7月11日[1] - )は、日本脚本家

来歴[編集]

東京都杉並区出身[1]。1981年、東放学園卒業[2]東放学園在学中に制作プロダクションアルバイトを経験、主に情報番組アシスタントディレクターを担当する。卒業後は番組制作会社に入社し、アシスタントディレクターとしてテレビドラマバラエティ番組を手掛け、その後ディレクターに就任するが、そのかたわらで趣味であった脚本執筆が秋元康の目にとまり、秋元康がプロデュースする映画『グッバイ・ママ』の脚本を担当することになる。これがきっかけで脚本家としても注目される[要出典]。その後はテレビ朝日交渉人〜THE NEGOTIATOR〜』シリーズなどを手掛けている。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル PSST PSST〜シブがき隊ROCK PERFORMANCE〜(1988年)
  • 下北沢駅前劇場「幕末塾」第4回 - 第16回公演(1988年 - 1990年、下北沢駅前劇場)
  • ロマンスが降りてきた街(幕末塾)(1990年、下北沢本多劇場)
  • フロントホック(1991年、シアターコクーン)
  • 暗い日曜日(2004年、ル・テアトル銀座)
  • 恋愛ホテル〜LOVE×HOTEL(2005年、天王洲アートスフィア)

作詞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]