対戦車隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
普通科大隊旗(廃止された第5対戦車隊の隊旗)対戦車隊は2佐が指揮官として指定されているので、隊旗は2本線の普通科部隊旗が授与される
普通科中隊旗(甲)で第12対戦車中隊や第5対舟艇対戦車中隊は3佐が指揮官のため中隊旗(甲)が授与される

対戦車隊(たいせんしゃたい、: Anti-Tank Unit)及び対舟艇対戦車隊(たいしゅうていたいせんしゃたい、: Anti-Groundship Anti-Tank Unit)は、陸上自衛隊方面隊及び師団旅団直轄の対機甲専門部隊であり、主に普通科職種の隊員で構成されている。普通科連隊等に編成されている対戦車部隊については、普通科の項も参照。

概要[編集]

対戦車隊は、対機甲火力をもって敵戦車装甲車舟艇などの撃破を行う部隊であり、定員は部隊の特性によるが基本的に隊・中隊編成問わず100名編成が基本である。隷下は3個射撃小隊[1]を持ち、1個射撃小隊は4個射撃分隊を編成する。

隊編成を組む部隊は部隊本部機能として指揮官が2佐、中隊編成は指揮官を3佐として本部機能としてそれぞれ射撃小隊以外には編制の支援部隊を編成する[2]

設立当初、75mm無反動砲や、106mm無反動砲自走ジープ搭載型)を装備していたが、対戦車誘導弾開発に伴い第2対戦車隊から随時64式MATを装備開始し、現在では全ての対戦車部隊で各種対戦車誘導弾を装備し運用している[3]

1991年以降に策定された中期防衛力整備計画以降は、96式多目的誘導弾システム(MPMS)を装備し対舟艇対戦車隊に改編された部隊を除いて、師団・旅団隷下の「対戦車隊」は廃止が進んだ。対戦車隊が廃止された部隊において、ほとんどの師団・旅団では普通科連隊に対戦車中隊を持つことなく廃止された。普通科連隊隷下の対戦車小隊に要員を分散し対戦車中隊に増強された師団が3つあるものの、第2師団は2008年、第10師団は2014年に廃止され、第8師団は2018年に廃止された。その中で、第12旅団では唯一現存し、旅団への改編時に中隊編制[4]に改編された。

対舟艇対戦車隊として存続する部隊は、方面隊の対舟艇・対戦車火力を担当する。第2師団では、師団の定員削減に伴う改編により前述の通り普通科連隊対戦車中隊を2008年に集約し第2対舟艇対戦車中隊として再編成した。第4対舟艇対戦車隊・第11対戦車隊は、西部方面対舟艇対戦車隊・北部方面対舟艇対戦車隊と改編し、方面隊単位での対舟艇・対機甲火力の骨幹を為している。どちらも方面直轄部隊であるが、北部方面対舟艇対戦車隊は主な火力支援先を11旅団として事実上の隷属扱いとなっている他、西部方面対舟艇対戦車隊については、改編後も第4師団に隷属し、隷下の普通科部隊および西部方面普通科連隊の支援を任務としていたが、2015年3月に第8師団に隷属先変更となった。

部隊承認装備である中距離多目的誘導弾(中多)は87式対戦車誘導弾(中MAT)の後継であるが、従来の79式対舟艇対戦車誘導弾(重MAT)以上の能力を持っており、普通科中隊では無く連隊レベルでの運用が適切である観点から連隊直轄部隊の管轄として運用していく予定である。中期防衛力整備計画 (2014)においては、平成30年頃を目処として機動部隊に改編する部隊を中心に普通科連隊普通科中隊の対戦車小隊を廃止し、連隊本部管理中隊に対舟艇対戦車小隊を編成、中多を運用する予定が組まれている[5]

対戦車隊の教育部隊は、MPMSが第1陸曹教育隊普通科教育中隊対戦車区隊にて初級陸曹ATM課程を担任[6]する他、各陸曹教育隊でも中距離多目的誘導弾に関する初級陸曹特技課程の教育を担っている。

運用に関する研究は教導団本部中隊対戦車小隊[7]がMPMS、普通科教導連隊が中距離多目的誘導弾、その他ナンバー中隊対戦車小隊がそれぞれ車両を活用した戦術の研究等を担っている。

編成[編集]

方面対舟艇対戦車隊の編成[編集]

  • 隊本部
    • 隊本部班(総務・人事)
    • 情報班(情報収集及び処理・偵察)
    • 管理班(補給・給養・火器・車両等)
    • 通信班
    • 衛生班
    • 弾薬班
    • 前進観測班(FO)
  • 第1対舟艇対戦車小隊
  • 第2対舟艇対戦車小隊
  • 第3対舟艇対戦車小隊


師団対舟艇対戦車中隊の編成[編集]

  • 中隊本部
    • 中隊本部班(総務・人事)
    • 管理班(補給・給養・弾薬・火器・車両等)
    • 通信班
    • 衛生班
    • 弾薬班
    • 前進観測班(FO)
  • 第1対舟艇対戦車小隊
  • 第2対舟艇対戦車小隊


旅団対戦車中隊[編集]

  • 中隊本部
    • 中隊本部班(総務・人事・補給・車両・火器・弾薬等)
    • 通信班
    • 衛生班
    • 弾薬班
  • 第1小隊
  • 第2小隊
  • 第3小隊

連隊等直轄対戦車小隊[編集]

  • 小隊本部
  • 弾薬班
  • 前進観測班(FO)
  • 第1射撃分隊
  • 第2射撃分隊
  • 第3射撃分隊
  • 第4射撃分隊

現存する対戦車部隊[編集]

現在陸上自衛隊に編制されている対戦車隊(方面・師団等直轄)は、以下の4個部隊となっている。

2008年3月26日、第11対戦車隊及び第28普通科連隊4中の要員を統合し方面直轄部隊として編制。
2013年3月26日、第4対舟艇対戦車隊を母体に、第4師団・西部方面普通科連隊(1個射撃小隊)に隷属する方面直轄部隊として編制。
2015年3月26日、隷属先を第4師団から第8師団に異動[9]
2011年4月22日、2師団隷下の3個普通科連隊の対戦車中隊を整理統合し同時期廃止の第5対舟艇対戦車中隊からの器材管理替えにより再編成。

上記の他に対馬警備隊本部中隊隷下に対戦車隊[11]富士教導団・団本部中隊隷下に対舟艇対戦車隊が編成されている。

過去に廃止された部隊[編集]

2004年3月、第5対舟艇対戦車中隊に改編のうえ帯広駐屯地に移駐。2011年4月、旅団改編[13]に伴う編成替えに伴い廃止。所属人員の一部と装備は再編成した第2対舟艇対戦車中隊に転用。
  • 第6対戦車隊(大和駐屯地第6師団隷下)
  • 第8対戦車隊(北熊本駐屯地第8師団隷下):1996年3月廃止。[14]
  • 第9対戦車隊(八戸駐屯地第9師団隷下):2010年3月廃止。
  • 第10対戦車隊(旧岐阜駐屯地(現加納城址公園)→春日井駐屯地・第10師団隷下):2004年3月廃止。
  • 第11対戦車隊 (真駒内駐屯地):2008年に廃止。倶知安駐屯地において北部方面対舟艇対戦車隊を新編。
  • 第13対戦車隊:2008年3月廃止[15]。→第13対戦車中隊(出雲駐屯地第13旅団隷下)
  • 第7師団隷下普通科連隊本部管理中隊対戦車隊[16]:機甲師団への改編に伴い廃止、後身は第11普通科連隊(1中、3中、5中)の各分隊89式装甲戦闘車装備中隊のみ)
  • 第2混成団本部中隊対戦車隊(善通寺駐屯地):第14旅団編成に伴い廃止、編成当時の指揮官たる隊長職は1尉職であり、本部中隊の副中隊長職を兼務していた。当時混成団唯一の普通科連隊たる第15普通科連隊64式MATを装備し、本中対戦車隊は主に第1小隊が79式重MAT及び第2小隊が87式中MATを装備運用していた[17]
  • 普通科教導連隊対戦車中隊(滝ヶ原駐屯地):2018年3月廃止。[18]

歴代の装備火器[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 隊編成は3個射撃小隊、中隊編成は2個射撃小隊
  2. ^ 補給班・通信班・衛生班等が編成される
  3. ^ 設立当初は4個小隊のうち自走タイプを2個小隊、ジープ積載形が2個小隊の編成。後にジープ搭載型小隊を64式MAT装備小隊に改編し79式対舟艇対戦車誘導弾開発後は全ての小隊を79式重MAT装備に改編し64式MATや車載型無反動砲は普通科連隊ナンバー中隊の対戦車小隊に管理替えしている
  4. ^ 但し、部隊本部機能を隊編成から中隊編成へ縮小した程度で実人員は変更されていない
  5. ^ ナンバー中隊は中隊長直轄として01式MATを主体に対機甲戦闘専用の分隊編成を設ける予定、現在の01MATは運用の際にはバッテリー消耗に備えて定期的に充電・整備出来る環境を維持しなければ射撃すら困難になるため、01式MATを中隊本部直轄に編成しナンバー小隊は従来の84mm無反動砲(改)とLAMにて対機甲戦闘を行う予定
  6. ^ 北部方面対舟艇対戦車隊編成に合わせて北部方面隊に配置されている2個対舟艇対戦者隊所属隊員に対するMPMSの要員教育を受け持つ事から1個システム分が教育用として運用されている他、西部方面対舟艇対戦者隊配属隊員に対する教育も請け負っている
  7. ^ 以前は普教連対戦車中隊に配備されていたが、中距離多目的誘導弾配備に伴い運用レベルが連隊ではなく方面総監や師団長相当となるMPMSの研究先として団本部に移管となっている
  8. ^ a b 西部方面対舟艇対戦車隊 - 第8師団 8師団の紹介
  9. ^ 朝雲新聞西方対舟艇対戦車隊が8師団の隷下に2015年5月15日
  10. ^ 平成29年度末に中距離多目的誘導弾を装備し改編予定
  11. ^ 指揮官たる隊長は1等陸尉で規模は小隊規模
  12. ^ 3個連隊の対戦車中隊を廃止し集約することで方面隊の定員削減に備えることと師団隷下普通科中隊の充足率向上及び96式多目的誘導弾システム導入に伴う師団の対機甲火力向上目的で新編
  13. ^ コア化→フル化改編に伴う普通科部隊への人員充足率向上の為
  14. ^ [1]
  15. ^ 所属人員は同駐屯地所在の偵察隊・施設隊・業務隊へ職種変換の後に編入の他は旅団管内の普通科連隊へ転属
  16. ^ 自走無反動砲を装備した部隊
  17. ^ 旅団改編に伴い79式重MATは廃止、87式中MATは第15普通科連隊及び第50普通科連隊にそれぞれ管理替えされている
  18. ^ 富士学校OB会 岳友会. “岳友 改編特集号 (PDF)”. 陸上自衛隊富士学校. p. 2. 2018年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月15日閲覧。