対物剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

対物剤(たいぶつざい)とは、機械施設などの物を対象とした化学兵器である。1960年代に、人員を殺傷することなく兵器のみを破壊することができれば、平和的な制圧が可能になるとして研究されていた。

パイロフォリックのように内燃機関に作用して自動車や戦車などを無力化することを狙った物、「インスタントバナナの皮」と呼ばれる機動阻止システムテフロンと油の混合物を散布して滑りやすくすることで行動を阻害する物、また、接着剤を散布して人間や機材をくっつけてしまうことで無力化する兵器なども研究されている。

あまり実用意味が無いとして研究が凍結されていたが、近年では非致死性兵器の一種として再評価されている。


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
古舘寛治 皆藤愛子 美輪明宏 横山剣 石塚運昇 神谷明 水前寺清子 荻野目洋子 長山洋子 金井克子 桜田淳子 伊東美咲 水原希子 石ノ森章太郎 五月みどり 太田幸司 あべ静江 木村佳乃 由紀さおり 加賀まりこ
「対物剤」のQ&A
1  プレパラート作りのときの水
2  UV-LEDの光を平行光に
3  違法行為での自動車保険の適用
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について