対馬警備隊 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
対馬警備隊
創設 1886年(明治19年)12月3日
廃止 1920年(大正9年)8月9日
所属政体 日本の旗大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
兵種/任務/特性 歩兵
所在地 日本の旗 日本長崎県対馬
上級単位 第6師団
最終上級単位 第12師団
最終位置 対馬
テンプレートを表示

対馬警備隊(つしまけいびたい)は、対馬を防衛するために、大日本帝国陸軍に置かれていた部隊。

概要[編集]

対馬は地理的に朝鮮半島、大陸との境界にあたる日本の最前線に位置し、歴史的には平安時代刀伊の入寇鎌倉時代文永の役(元寇)、室町時代応永の外寇など対外侵攻を受けてきた。幕末にはロシア海軍に一時占領される事件なども起こり、近代には対馬の防衛が意識され、明治に建軍された帝国陸軍や、戦後の陸上自衛隊は対馬に特別の警備隊を派遣することとなる。

大日本帝国陸軍では、1878年明治11年)に熊本鎮台から対馬分遣隊を対馬に派遣していた。これを改編して、1886年(明治19年)12月3日に「対馬警備隊」が置かれることとなった(明治19年12月3日陸達第2号)。

当初は第6師団に属したが、後に対馬の防衛が第6師団から新設の第12師団に移管されたのに伴い、第12師団に属した。1899年11月14日、司令部が長崎県対馬国下県郡今屋敷町の町村会議事堂に移転した[1]1901年8月16日、司令部は下県郡鶏知村の新築庁舎に移転[2]

1903年(明治36年)4月14日には「対馬警備隊司令部条例」(明治36年4月14日勅令第80号)が制定された。司令部は下県郡鶏知村に置かれた。

1920年(大正9年)8月9日に廃止され、対馬要塞司令部に改編された。

平時定員(明治23年)[編集]

1890年(明治23年)11月1日制定時の「陸軍定員令」(明治23年11月1日勅令第267号)によると、当時の対馬警備隊の平時定員は次の通りであった。なお、本章において単に「軍曹」としたものは1等軍曹(判任官3等)又は2等軍曹(判任官4等)の意味である。

  • 司令部(人員37名、乗馬2匹)
  • 歩兵隊(人員102名)
    • 隊長:大尉
    • 隊附3名:中尉又は少尉
    • 曹長
    • 1等軍曹4名(内1名は給養掛)
    • 2等軍曹3名
    • 上等兵12名
    • 1等卒26名
    • 2等卒52名
  • 砲兵隊(人員122名)
    • 隊長:大尉
    • 隊附5名:中尉又は少尉
    • 曹長
    • 1等軍曹6名(内、1名は給養掛、1名は武器掛)
    • 2等軍曹4名
    • 火工曹長
    • 火工1等軍曹又は火工2等軍曹
    • 上等兵18名
    • 1等卒20名
    • 2等卒35名
    • 助卒30名

よって、警備隊全体では、将校12名、下士25名、兵卒等193名、各部31名の総計261名、乗馬2匹が定員となっていた。

歴代司令官[編集]

  • 水野勝毅 歩兵少佐:1886年12月20日 - 1892年8月11日
  • 松永正敏 歩兵少佐:1892年8月11日 -
  • 中岡黙 歩兵少佐:1894年10月20日 - 1896年5月15日
  • 出石猷彦 砲兵中佐:1896年5月15日 -
  • 大島義昌 少将:1897年7月7日 -
  • 塩屋方圀 少将:1898年3月3日 -
  • 新井晴簡 少将:1899年3月13日 -
  • 児玉徳太郎 大佐:1899年10月28日 -
  • 楠瀬幸彦 少将:1901年6月26日 - 1902年5月5日
  • 川村益直 少将:1902年5月5日 - 1908年12月21日
  • 小原伝 少将:1908年12月21日 - 1912年4月26日
  • 阿部貞次郎 少将:1912年4月26日 - 1913年8月22日
  • 矢島岸太郎 少将:1913年8月22日 - 1915年8月10日
  • 木田伊之助 少将:1915年8月10日 - 1917年8月6日
  • 岡野友次郎 少将:1917年8月6日 -
  • 西原茂太郎 少将:1919年4月15日 - 1920年8月9日(対馬要塞司令官発令)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4922号、明治32年11月27日。
  2. ^ 『官報』第5441号、明治34年8月21日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 官報