対馬駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
対馬駐屯地
所在地 長崎県対馬市厳原町桟原38
座標 北緯34度12分59秒 東経129度17分16秒 / 北緯34.21639度 東経129.28778度 / 34.21639; 129.28778座標: 北緯34度12分59秒 東経129度17分16秒 / 北緯34.21639度 東経129.28778度 / 34.21639; 129.28778
駐屯地司令 対馬警備隊長
開設年 1980年
テンプレートを表示

対馬駐屯地(つしまちゅうとんち、JGSDF Camp Tsushima)とは、長崎県対馬市厳原町桟原38に所在し、対馬警備隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。

概要[編集]

駐屯地司令は、対馬警備隊長が兼務。最寄の演習場は、上見坂演習場。

西に朝鮮半島、東に九州を臨む国際海峡の真ん中に位置する対馬にあり、地政学上チョークポイントとされる国家防衛の要衝である。近隣には海上自衛隊対馬防備隊(対馬市美津島町竹敷4-191)の上対馬警備所(上対馬町大浦847)と下対馬警備所(対馬市厳原町安神550)、航空自衛隊第19警戒隊(海栗島分屯基地)が所在しており、朝鮮半島有事の際には本土から増援部隊が来ることを前提に、対馬警備隊は日々訓練に邁進している。

駐屯地は対馬府中藩桟原城跡にある。

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年)8月25日:福岡駐屯地対馬分屯地として設置[1]第41普通科連隊第4中隊が「対馬派遣隊」として移駐。
  • 1980年(昭和55年)3月25日:駐屯地に昇格[2]対馬警備隊が新編。
  • 1996年(平成8年):営内隊員の生活隊舎が新設される[3]
  • 2004年(平成16年):車両整備工場と訓練グラウンドが新設される。

駐屯部隊[編集]

第4師団隷下部隊[編集]

西部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『陸上自衛隊20年年表』朝雲新聞社編集局、朝雲新聞社、1971年9月20日、112頁。
  2. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和55年3月11日政令第16号)
  3. ^ 対馬駐屯地”. www.mod.go.jp. 2020年4月11日閲覧。