寿州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寿州(壽州、じゅしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から民国初年にかけて、現在の安徽省淮南市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

東晋のときに僑置された豫州を前身とする。南北朝時代になると南北両朝の支配権が頻繁に入れ替わり、北魏により揚州南朝梁により南豫州、東魏により揚州、南朝陳により豫州、北周により揚州と頻繁に改称された。

隋代[編集]

隋初には、揚州は6郡9県を管轄した。589年開皇9年)、揚州は寿州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、寿州は淮南郡と改称され、下部に5県を管轄した[1]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
揚州 霍州 淮南郡
淮南郡 梁郡 北譙郡 汝陰郡 陳留郡 北陳郡 安豊郡 寿春県 安豊県
小黄県 長平県
霍丘県
寿春県 蒙県 北譙県 汝陰県 浚儀県
小黄県
雍丘県
長平県
西華県
安豊県
松滋県

唐代[編集]

620年武徳3年)、が杜伏威を降すと、淮南郡は寿州と改められた。742年天宝元年)、寿州は寿春郡と改称された。758年乾元元年)、寿春郡は寿州の称にもどされた。寿州は淮南道に属し、寿春・安豊・霍山盛唐・霍丘の5県を管轄した[2]

宋代[編集]

1116年政和6年)、北宋により、寿州は寿春府と改められた。寿春府は淮南西路に属し、下蔡・安豊・霍丘・寿春の4県を管轄した[3]

のとき、寿州は南京路に属し、下蔡・蒙城の2県と蒙館鎮を管轄した[4]

元代[編集]

1277年至元14年)、により寿春府は安豊路総管府と改称された。1278年(至元15年)、安豊路は安豊府に降格した。1291年(至元28年)、安豊府は安豊路に再昇格した。のとき、安豊路は河南江北等処行中書省に属し、録事司と寿春・安豊・霍丘・下蔡・蒙城の5県と濠州に属する鍾離定遠懐遠の3県を管轄した[5]1366年朱元璋により安豊路は寿春府と改められた。1367年、寿春府は寿州と改称された。

明代以降[編集]

のとき、寿州は鳳陽府に属し、霍丘・蒙城の2県を管轄した[6]

のとき、寿州は鳳陽府に属し、属県を持たない散州となった[7]

1912年中華民国により寿州は廃止され、寿県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三
  3. ^ 宋史』地理志四
  4. ^ 金史』地理志中
  5. ^ 元史』地理志二
  6. ^ 明史』地理志一
  7. ^ 清史稿』地理志六