専修学校クラーク高等学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

専修学校クラーク高等学院(せんしゅうがっこうクラークこうとうがくいん)とは高等専修学校の名称。

概要[編集]

創志学園グループに属する教育機関の一つで、クラーク記念国際高等学校よりも古い[1]歴史をもつ。かつては国際自由学園という名称で、現在は西日本の各地に校舎を持つ。

クラーク記念国際高等学校の卒業資格が取れ、クラーク記念国際高等学校のキャンパスともされているので、技能連携校よりもサポート校の色彩が強い。

高校中退者が増加していた1980年代、それまでの一条校とは異なった枠組みの新たな教育施設である国際自由学園が開設される。不登校だった子が国際自由学園に入学すれば休まず毎日通えるようになり、国際自由学園は不登校問題解決の一つとなった[2]

沿革[編集]

校舎[編集]

現存[編集]

  • 名古屋校
  • 大阪梅田校
  • 天王寺校
  • 芦屋校

閉鎖[編集]

  • 東京校

脚注[編集]

  1. ^ a b c 花と人の交響楽―スペシャルオリンピックスから共生自立の丘へ 179頁 ISBN 4921146497
  2. ^ 不登校対応も万全(クラーク高校公式サイト)
  3. ^ 専修学校クラーク高等学院 名古屋校