出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

概要[編集]

(しょう)は、自衛隊の階級区分の一つ[1]

最高位であり、将補の上に位置する。通常、旧日本軍や外国軍の中将に相当する階級とされるが[2]統合幕僚長陸上幕僚長海上幕僚長および航空幕僚長の就任者はその職の重要性を鑑み、将の中でも一段高い地位にあるものとして桜星4つの階級章にて区別がなされ、大将に相当するものとされている。ただし、これはあくまでも対外的な便宜上のもので、実際には大将・中将に相当する階級の定めは無い。

英呼称は、陸上(航空)自衛隊:General (ジェネラル)、海上自衛隊:Admiral (アドミラル)(英語版防衛白書)[3]、中将相当官としての呼称は陸上(航空)自衛隊: Lieutenant General (リューテナント・ジェネラル)[4][5][6]、海上自衛隊:Vice Admiral (ヴァイス・アドミラル)[4][7]である。

なお、フランスやイタリアなどのように陸軍および空軍将官の階級を部隊階梯によって表現する国の場合、陸将および空将はブラジルなど師団長を中将職とする国々と同様に『師団将軍』と呼称する。海将は従来通り『副提督』である。

また、補職によりアメリカ軍の大将、中将および少将の取り扱いを受ける階級区分が内在しており、中将相当の将の中でも方面総監等は中将相当に対し、防大幹事、師団長等の将の中将扱いは国内に限定されており、国外では少将として取り扱われる。これは陸自を例に取ると、多くの外国軍の師団長たる少将、あるいは陸将への昇任時期によっては軍団長たる中将よりも先任者になってしまうため、人事上のバランスを考慮した措置である。

沿革[編集]

陸上自衛隊の前身である警察予備隊では警察監が、後の保安隊では保安監が陸将に相当し、海上自衛隊の前身である海上警備隊では海上警備監が、後の警備隊では警備監が海将に相当した。これらの階級は実際には長官の定める職に就く(甲)とそれ以外の職に就く(乙)に分かれ、(甲)は警察監および保安監が3つ星、海上警備監および警備監が金太線1本と金中線2本の階級章という今日の将と同じであったのに対し、(乙)は警察監および保安監が2つ星、警備監では金太線、金細線、金中線という配列の階級章[8]であり、将と将補の中間の上級少将とでもいうべき立ち位置にあり、将補の前身の階級である監補はそれぞれ1つ星と海将補と同じ金太線、金中線各1本と少将相当といいながら実際にはワンスター・ランクの立ち位置にあった。自衛隊創設にあたって当時の防衛官僚の「管区総監は師団長であり、旧軍では中将職であり、そしてアメリカ軍では中将は3つ星である。」との意見から(甲)、(乙)の区分は廃され、陸自は陸将が桜星3つの階級章に統一され、将補が桜星2つに変更、一方海自も(乙)で使用されていた階級章は廃され、(甲)の階級章が海将の階級章に制定された。

幕僚長たる将[編集]

幕僚長たる将[9]の英呼称は、統合幕僚長たる将:General/Admiral serve as Chief of Satff of Joint Staff Office、 陸上(航空)幕僚長たる将:General serve as JGSDF(JASDF) Chief of Saff、海上幕僚長たる将:Admiral serve as JMSDF Chief of Staff (英語版防衛白書)[3]、大将相当官としての呼称は陸上(航空)自衛隊:General (ジェネラル)[4][5][6]、海上自衛隊:Admiral (アドミラル)[4][7]である。また他の将官の階級と区別するため、Full General (フル・ジェネラル)、Full Admiral (フル・アドミラル)と呼称することもある。ただし、諸外国軍の大将相当者との釣り合いを取るための措置を意図したものであり、正式な階級ではない。幕僚長という職に対する地位や待遇である。

現在の階級章は1962年 (昭和37年) 12月1日、自衛隊法の一部改正により制定されたものである。それ以前は当時の統合幕僚会議議長は統合幕僚会議議長章を、陸海空の各幕僚長は幕僚長を左胸に付けるのみで他の将と同じ階級章であった。現在の階級章の制定で幕僚長章は廃止されたが、統合幕僚会議議長章は統合幕僚長章として現在も使用されている。これは次期戦闘機調査団長として渡米した第三代航空幕僚長源田実が、本来は大将に相当する地位にある幕僚長が階級章が桜星3つであるが故に栄誉礼で米空軍参謀総長よりも格下の中将の扱いを受けたことを抗議したが認められず、現地で桜星を4つにしたことに起因する。この行動を規定違反として問題視する声もあったが、帰国後自衛隊の服装規則そのものが見直され、事後承諾の形で定められた。

 なお、こちらも部隊階梯で表現する国の場合、陸将および空将は単にgeneralと表現するか、ブラジルなどと同様に『軍の将軍』呼称する。海将は概ね[10]従来通り『提督』である。

補職[編集]

将の補職は、上記のものを含めて基本的に指定職である[11]が、現在、幕僚長に関しては認証官とすることが政策として検討されている[12]

脚注[編集]

  1. ^ 自衛官の階級 防衛省
  2. ^ 自衛隊及び各国軍隊の定年年齢(参考15)防衛省改革会議資料
  3. ^ a b 2012年英語版防衛白書
  4. ^ a b c d 新和英大辞典,研究社
  5. ^ a b http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/inose/070724_1st/index4.html 猪瀬直樹の「眼からウロコ」 しがらみに捉われなければ正しい答が出せる]
  6. ^ a b 階級章(アメリカ空軍及び航空自衛隊)アメリカ空軍資料
  7. ^ a b 階級章 海上自衛隊
  8. ^ 世界の艦船増刊第59集『海上自衛隊の50年』、22頁。海上警備監では階級章は区別されていない。
  9. ^ 統合幕僚長および云々では余りにも表現が長すぎるため、中国や台湾を参考にして、便宜上、四星(よつぼし)陸(海、空)将と表現した方が良いのではとの声もある。
  10. ^ ブラジル海軍はAlmirante-de-Esquadraと表現し、Almiranteは元帥位である。
  11. ^ 「幕僚監部付」等いわゆる待機配置の場合は指定職ではない。例:田母神俊雄元空将
  12. ^ 第186回国会 外交防衛委員会 第21号 平成26年6月5日

関連項目[編集]

軍隊における階級呼称一覧