将棋フォーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
将棋フォーカス
ジャンル 情報番組
出演者 向井葉月乃木坂46
高見泰地
都成竜馬
中村太地
加藤桃子
製作
制作 NHK教育テレビジョン
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2012年4月8日 -
放送時間 日曜日 10:00 - 10:30
(木曜日 15:00 - 15:30)
放送分 30分
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

将棋フォーカス(しょうぎフォーカス)は、2012年4月8日からNHK教育テレビジョン(Eテレ)で放送中の将棋情報番組である。

概要[編集]

前身番組『囲碁・将棋フォーカス』と『将棋講座』を統合した総合的な将棋情報番組である。初心者向けの将棋講座、著名棋士や将棋愛好家の有名人へのインタビュー、また各地で行われている将棋のイベントや棋戦の最新情報で構成される[要出典]

2012年3月末、囲碁・将棋チャンネルで同種の番組『週刊将棋ステーション』が終了したため、地上波・衛星放送を含めて週単位で更新される唯一の将棋情報番組となった[要出典]。2019年度からは、向井葉月乃木坂46)・高見泰地都成竜馬が司会を務めている。

出演者[編集]

2012年4月 - 2015年3月
2015年4月 - 2019年3月
伊藤は常時出演。山崎と中村は不定期の交替出演、同時出演は初回・最終回やイベントVTR等の数回のみ。
2019年4月 -
向井は常時出演。高見と都成は不定期の交替出演、初回は同時出演。

放送時間[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送日時 放送局 備考 [8]
2012年4月8日 - 日曜日 10:00 - 10:30 NHK教育テレビジョン 本放送[9]
2014年4月10日 - 木曜日 15:00 - 15:30 NHK教育テレビジョン再放送[9]

講師[編集]

  • 野月浩貴:2012年春季「野月浩貴のイチ押し初級アカデミー」[10]
  • 藤井猛:2012年夏季「藤井猛の "初出し" 攻め方フォーラム」[11]
  • 木村一基:2012年秋季「木村一基の先読み受け方エクササイズ」[12]
  • 屋敷伸之:2012年冬季「屋敷伸之のバランスで勝つ! 終盤アプローチ〜自由な発想・楽しいイメージ〜」[13]
  • 鈴木大介:2013年度前期「鈴木大介の振り飛車のススメ」[14]
  • 井上慶太:2013年度後期「井上慶太の居飛車はおもしろい!」[15]
  • 広瀬章人:2014年度前期「広瀬章人の最強"振り穴"完全マニュアル」[16]
  • 豊川孝弘:2014年度後期「豊川孝弘のパワーアップ手筋塾」[17]
  • 佐藤康光:2015年度前期「佐藤康光の勝つための詰みのセオリー」[18]
  • 渡辺明:2015年度後期「渡辺流 勝利の格言ジャッジメント」[19]
  • 村山慈明:2016年度前期「村山慈明の知って得する序盤術」[20]
  • 佐藤天彦:2016年度後期「天彦流 中盤の読み解き方」[21]
  • 船江恒平:2017年度前期「船江恒平の終盤は筋よく指そう」[22]
  • 佐藤和俊:2017年度後期「カズトシ流 主導権をにぎる振り飛車」[23]
  • 佐藤紳哉:2018年度前期「佐藤紳哉のエンジョイ将棋」[24]
  • 深浦康市:2018年度後期「深浦康市の振り飛車なんてこわくない」[25]
  • 菅井竜也:2019年度前期「菅井流やんちゃ振り飛車」[26]
  • 中村太地:2019年度後期「太地隊長の角換わりツアー」[27]

脚注[編集]

  1. ^ a b つるの剛士が羽生3冠らと7番勝負”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2013年6月13日). 2015年7月17日閲覧。
  2. ^ つるの剛士 感激「将棋親善大使」就任 6・29委嘱式”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2014年5月13日). 2015年7月17日閲覧。
  3. ^ a b c “乃木坂・伊藤かりん、アイドル初の将棋番組司会「将棋を好きな気持ちは本物」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年3月11日). オリジナルの2015年3月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150310224116/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150311-OHT1T50004.html 2015年3月11日閲覧。 
  4. ^ 山崎隆之八段、羽生善治名人からの意外な質問に苦笑 〈NHK出版〉”. dot.. 朝日新聞出版 (2015年7月17日). 2015年7月17日閲覧。
  5. ^ 乃木坂46 伊藤かりん、緊張の初収録”. dot.. 朝日新聞出版 (2015年6月5日). 2015年7月17日閲覧。
  6. ^ a b c “「乃木坂46」向井葉月、NHK Eテレ「将棋フォーカス」司会に…先輩・伊藤かりんから交代”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月4日). オリジナルの2019年3月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/*/www.hochi.co.jp/topics/feature/TO000659/20190303-OHT1T50347.html 2019年3月14日閲覧。 
  7. ^ a b c 向井葉月が2019年4月7日からNHK Eテレ「将棋フォーカス」の新司会として出演決定!...|ニュース|乃木坂46公式サイト
  8. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  9. ^ a b 将棋フォーカス 2015年4月の放送予定|NHK囲碁と将棋”. NHKオンライン. 日本放送協会 (2015年4月6日). 2015年4月6日閲覧。
  10. ^ 『NHK 将棋講座』2012年4月号、NHK出版、2012年3月16日。ASIN B007A1IUXQ
  11. ^ 『NHK 将棋講座』2012年9月号、NHK出版、2012年8月16日。ASIN B008O5X6X6
  12. ^ 『NHK 将棋講座』2012年12月号、NHK出版、2012年11月16日。ASIN B009ZHJXNE
  13. ^ 『NHK 将棋講座』2013年1月号、NHK出版、2012年12月15日。ASIN B00AAZCH7Y
  14. ^ 『NHK 将棋講座』2013年9月号、NHK出版、2013年8月16日。ASIN B00E3W4NDQ
  15. ^ 『NHK 将棋講座』2013年10月号、NHK出版、2013年9月14日。ASIN B00GMCJ8GM
  16. ^ 『NHK 将棋講座』2014年7月号、NHK出版、2014年6月16日。ASIN B00KQ0HR0A
  17. ^ 『NHK 将棋講座』2014年10月号、NHK出版、2014年9月16日。ASIN B00N9BEEUE
  18. ^ 『NHK 将棋講座』2015年4月号、NHK出版、2015年3月16日。ASIN B00SX62AC4
  19. ^ 『NHK 将棋講座』2015年10月号、NHK出版、2015年9月16日。ASIN B013GWA2RO
  20. ^ 『NHK 将棋講座』2016年4月号、NHK出版、2016年3月16日。ASIN B01BCF8300
  21. ^ 『NHK 将棋講座』2016年10月号、NHK出版、2016年9月15日。ASIN B01J4AC1TE
  22. ^ 『NHK 将棋講座』2017年4月号、NHK出版、2017年3月15日。ASIN B06WW4CWY5
  23. ^ 『NHK 将棋講座』2017年10月号、NHK出版、2017年9月16日。ASIN B06XFRDJY1
  24. ^ 『NHK 将棋講座』2018年4月号、NHK出版、2018年3月16日。ASIN B079VCSYDS
  25. ^ 『NHK 将棋講座』2018年10月号、NHK出版、2018年9月15日。ASIN B07G1YNC34
  26. ^ 『NHK 将棋講座』2019年4月号、NHK出版、2019年3月15日。ASIN B07NN3Y3D2
  27. ^ 『NHK 将棋講座』2019年10月号、NHK出版、2019年9月14日。ASIN B07WLBVXD8