将棋用語一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

将棋用語一覧(しょうぎようごいちらん)では、将棋に関する用語をまとめている。将棋のルールに関するものなど基礎的な用語については将棋、将棋の戦法については将棋の戦法一覧、対局を有利に進めるのに役立つとされる格言については将棋の格言詰将棋に関する用語は詰将棋の用語を参照。

[編集]

相穴熊
対局者がお互いに穴熊戦法を採用した戦型。対抗戦型の場合と相振り飛車での場合とある。
相掛かり
対局者双方が飛車先交換型居飛車の陣形で指す将棋。
合駒(あいごま)
走り駒で王手されたとき、敵駒の利きの間に駒を打って王手を解除すること。また、その駒。合い駒。合い。
合駒請求
走り駒で王手をして、間駒を強要すること。相手の選択肢が少なくなる、相手からの攻めが遅れる、特定の駒が入れば詰みがあるなどの狙いがある場合を指して言う。
挨拶(あいさつ)
  1. 対局の前後に行う礼。
  2. 序盤に一方が突いた端歩に応じてもう一方も同じ筋の歩を突くこと。あくまで手筋の呼び方の一つであり、しなかったから失礼ということはない。
入玉
双方の玉が敵陣に入り込んだ状態。
居飛車相振り飛車戦、相矢倉相横歩取り
いずれも対局者双方が相手と同じような戦型で戦う将棋を表した言葉。
上がる
  1. 棋譜に表記する際に同じ種類の駒が同じ場所に複数枚移動可能な場合において下から上斜めに動かした場合、となりの同駒と区別するために「右上がる」「左上がる」と表記。
  2. 駒がどんどん敵陣に向かって前に進んでいく様。
開き王手(あきおうて)
走り駒と、敵玉の間に、走り駒の利きを止めている自分の駒があるときに、その駒を動かして王手をかけること。空き王手。
悪形(あくけい)
一般的に良くないとされるている陣形。「好形」の対義語。
悪手(あくしゅ)
形勢が不利になるような指し手。失着と同義
味(あじ)
  1. 今すぐではなく、後で効果が出るような駒の(部分的な)配置。〈例〉「味を残す」
  2. 一目見ての感触(気分の良さを含む場合もある)。〈例〉「これは一手指しただけで飛車先と角道が同時に通る味が良い手だ」[1]
味消し(あじけし)
いつでも指せる手を、ベストではないタイミングで早まって指してしまうこと。〈例〉「ここで質駒の金を取ったのは味消しだった」[2]
味つけ(あじつけ)
中盤で、ある手順の前か途中に、後の局面に有利に作用するよう小駒で相手の駒の配置を変えること。〈例〉5四歩のたらしを受けさせて味つけをしておく。
足を止めてのパンチの応酬(あしをとめてのパンチのおうしゅう)、足を止めての殴り合い
俗に、お互い相手の攻めを受けることなく、一直線に攻めの手を指し合うこと。「あなたはあなた、私は私」とも言う。
遊ばせる、遊ぶ
将棋で遊ばせるは相手の駒を封じる際にも自分の駒が働いていないことも表現する。
遊び駒(あそびごま)
攻めにも受けにも役に立っていない駒。「死に駒」と同義。これを解消することを「遊び駒の活用」という。
頭(あたま)
駒の一マス前。「~頭」と書いた場合は「とう」と読む。〈例〉玉頭(ぎょくとう)、角頭(かくとう)、桂頭(けいとう)。
頭はね
順位戦や三段リーグなどで、同じ勝ち星成績を上げても上がれる人数に制限があり、リーグ内下位の者は同じ勝ち星で自分より上位の者がいれば上がることができない。ひとつでも上の順位(前期の成績で順位が決められている)の者が優先される。
頭が丸い
角と桂馬の目の前の駒を取れない弱点を指す。
頭金(あたまきん)
玉の一マス前に金を打つこと。またはそれで詰ませること。「詰みの基本は頭金」という格言がある。
当たる
敵の駒の利きに味方の駒が入っているまたはその逆で自分の駒が入り、次で取れるまたは取られる状態であること。「あたり」は駒が取れる状態。〈例〉金があたりになっている。「あてる、あてておく」は相手の駒を取れる状態などにつけておくこと。そしてふつうは自分の当てた駒は相手から取れないようにつけておく。〈例〉「桂馬に当てて打つ」[2] 
厚い
玉の周りに駒が集まっていること。厚みとも。対義語は「薄い[2]
攻めの態勢が十分で、重厚なこと。対義語は「軽い」。
悪形(あっけい)
不利を招くような駒の配置。
穴熊暴力(あなぐまのぼうりょく)
穴熊に囲った側が、「自玉が遠い」「王手がかからない」といった利点を生かして、大きく駒損するような、いわゆる「乱暴な攻め」を成立させてしまうこと。
暴れる
形勢が悪いと判断した時、無理やりにでも攻めを仕掛けること。
甘い
悪手とまではいかないが、思わしくない中途半端な手を指すさま。「甘い手」は緩手と同義。
余す
最後に少しの差で勝ちになること、あるいは、なりそうな状態になること。「残す」とも[2]
網が破れる
  1. こちらが捕獲しようと追いこんだ相手の飛車が助かる。
  2. かなりきわどいが玉を包囲できており、まちがえなければ詰ませることができたところが、中途半端な手をさしたせいで玉の脱出ルートができてしまう。
アヤ
1.入り組んだ仕掛け。2.勝負におけるちょっとした紛れ。紛れにもっていくような指し手のことを「アヤづけ」「アヤをつける」と表現する。
妖しい
狙いが明快でなく、相手を考えさせる手。「惑わし」とも。
謝る
相手の攻めの方が優れていることを認め、やむを得ず駒を引くなり打つなりして、相手の攻めを耐えること[2]。また、そうさせることを「謝らせる」と言う。歩を打つ場合、「歩を謝らせる」などと言う。
合わせの歩 合わせ歩(あわせふ)
相手の歩頭(ふがしら)に自分の持ち駒の歩を打つことで、敵陣の陣形を乱したり崩したりする効果がある。歩を使った手筋。
合わせる
自分の持ち駒のうち、相手の駒が利いている場所に相手と同じ駒を打つこと。特に相手の歩の前に自分の歩を打つときに表す。〈例〉「歩を合わせていく」等。
安全勝ち(あんぜんがち)
片方が勝勢の状態で、詰みや解除しにくそうな詰めろを狙って駒を捨てていく順もあるがそれをせず、(相手の重要な駒を取ってめぼしい手をなくしたり自玉の周辺に駒を投入して明らかに詰みがない状態にするような)やや過剰な安全志向の手をさして勝つこと。
居(い)
【接頭語】駒が定位置から動いてないこと。居玉、居飛車、居角[2]
居角
角が初期状態から動いていない状態。
居玉
玉が初期位置から動いていない状態。
居飛車
飛車が初期位置の状態。この状態での戦いを居飛車将棋、飛車を別の位置に動かして指す将棋を振り飛車と呼んでいる。主に居飛車将棋の戦型で戦うのを主としている棋士将棋指しを俗に「居飛車党」と呼んでいる。
以下
「以降」と同義。「以下詰み」とあれば、簡単な即詰みであることを示している。〈例〉「▲6八飛以下△8六歩▲同歩△同飛▲6五歩と進んだ」
家元制度
江戸時代にあった将棋界の制度で、寛文年間に将棋三家が将棋の家元として徳川家から召し抱えられる。
行き所のない駒、行かずの駒
下がることができない桂、香、歩において、それ以上進めない場所に持ち駒を打つこと。これらの駒はそうした場所に前進したら、必ず成らなくてはならない。
行く(いく)、行き(いき)
同一大駒が複数枚移動可能な場所に、駒を動かす対局者から見て後ろにある駒が前に進む際に表記される表現。前にある駒をバックさせる場合は「引く」。
いじる
(盤上のマス、区域について)即座に不利になることはないが厄介な手で攻める。〈例〉「相振り飛車は往々にして端をいじられる」
いじめる
特定の駒に狙いをつけ、追い回して捕獲を図ったり、動きや利きを制限させること。特に、小駒で斜めに動けない飛車と、前後左右に動けない角の弱点を突く場合に使う。
忙しい
相手の仕掛けが成立し、対応しつつ指さざるを得ない状況のこと。〈例〉「ここで角成を許すと一気に忙しくなる」
自分の攻めが切れると相手から一気に反撃されるため、どうにかして手をつないでいかざるを得ないような状況のこと。
石田流(いしだりゅう)
石田検校という人物が創案したとされる三間飛車をいう。
痛い
ある手の応手に困るさま。好手を指されて平凡な応手では形勢を維持できないさま。特に厳しいことを「激痛」という。〈例〉「うっかり見落とした歩の叩きが痛い」
一段金
金が自陣一段目にある状態。俗に相手からの飛車の打ちこみに強いとされる。
一番長い日
順位戦A級一斉対局が行われる最終日のこと。将棋界の一番長い日と呼ぶことが多い。この日の結果で名人挑戦権やプレーオフ、また残留とB1への降格者が決まるため、決着が深夜に及ぶことも珍しくない。対局者は自分以外の対局の結果を知ることはできない。
1森下(いちもりした)
森下卓は駒得を重視するため持駒には歩が5枚あることが多い、という話から転じた、持駒に歩が5枚あることをいう俗語。
一局、一局の将棋
将棋の1ゲームのことを一局と表し、一局の将棋という言葉は本譜から変化する有力な手順や局面で、そうさしても形勢互角で問題ないこと。〈例〉「ここで手抜きして攻め合っても一局の将棋ですね」など[2]
一間(いっけん)
一手相手の玉と自分の駒の間が縦または横に1マス分の空間をあけて並んだ位置状態。
一間竜(いっけんりゅう)
竜王が相手玉から1マス空いた地点にいる状態のこと。特に詰みや必至などの有効な手がある状態を指して言う。反対に1マス空いた地点に配置できても、弾かれてしまう場合には一間竜とは言わない。
一丁半(いちょうはん)
上手が飛車と左側の香二枚を落として指す飛香落ちのこと。
一直線(いっちょくせん)
指し手の変化がほぼない状態。変化するとたちまち不利になる局面状態。
一手一手(いっていって)
一手受けても即座に攻められ、この先どう指しても勝敗が覆らない状況。〈例〉「後手玉は囲いが残っていてなかなか詰みませんが、先手は攻めがほどけないので一手一手ということで投了しましたね」[2]
一手違い
終盤の寄せ合いで間違えれば一方どちらかが詰まされる局面において、一方の対局者が一手早くに相手の玉を詰ました様。
一手ばったり
悪手を指してその将棋を負けにさせてしまうこと。
一手パス
意味のない指し手。またそういう指し手を指してしまうこと、指すこと。〈例〉「一手パスのほうがまだまし」 ただし意図的に相手に手を渡して悩ませる高等戦術の場合もある。
一手勝ち
一手の差で先に玉を詰ませること。
一手指した方がよく見える(いってさしたほうがよくみえる)
局面が伯仲していることをいう常套句。プロによる大盤解説で、どちらが有利(不利)かという断言ができない、または複雑な手順をしゃべるのが面倒というときの婉曲表現としても用いる。
一手すき
(現代では)「詰めろ」と同義。「二手すき」なら、「詰めろ」になるまでもう一手猶予があるという意味になり、以下「○手すき」は猶予に応じて増える。
一歩で一手をかせぐ
位置をよくするために相手の駒が一つ下がったあとで、その駒を歩でたたいて直前、または少し前の形にもどすこと。歩切れのため歩が1枚ほしいという場合は別として、基本的には単純に一手をかせがれないような手順を選ぶ。
1分将棋
持ち時間を使い進めて残り1分までになっている状態での将棋。プロの公式戦では考慮時間1分かからずに指した場合の消費時間はカウントがなされないので、持ち時間残り数分前に秒読みを行ってもらって1分以内で指すことになる。
伊藤氏
江戸時代の将棋家元の一つ。
伊藤流
将棋の駒の並べ方のひとつ。
移動合い
王手に対して持ち駒ではなく盤上の駒での合い駒
居飛車党(いびしゃとう)
居飛車を対局に多く用いる人。居飛車を得意にする人。
居飛車の税金(いびしゃのぜいきん)
先手で居飛車、後手が振り飛車を採用した時、後手の角が一筋の端から出られないように、先手が牽制目的で突いておく端歩のこと。
イモ筋
本筋から外れた筋の悪い手。
イモ攻め
重く、あまりにもセンスが無くて筋悪であるがただし対応を誤ると一気に不利になる攻撃法。
嫌味
相手が一目では分からない、悪くなるような変化があるように思わせる手のこと。その手を指すことは、「嫌味をつける」と呼ぶ。〈例〉「後手が嫌味をつけたことでまた形勢不明になった」
入り王(いりおう)
入玉のこと。
入れる、入れない
  1. 局面の展開の中で、ある手をさしうるタイミングが数パターンあるとき、どこかでその手をさすことを「入れる」、ささないことを「入れない」と言う。その時点ではよくわからないが将来の手順に影響する可能性のある微妙な手についてよく用いる。〈例〉「桂馬と銀引きの交換をどこで入れるか迷った」
  2. 序盤~中盤の途中で、展開にかなり影響するような特定の手をさしておくことを「入れる」という。〈例〉「攻める手もあるが、ここで金上がりを入れてからのほうが本筋だろう」
隠居
将棋では、狙われた駒を取られないよう逃げたり避けたりすることでその駒の働きが悪くなったり活用しにくくなったりしてしまうこと。〈例〉「飛車が隠居している」
引退
将棋界では自発的な引退の他に、規定による引退もある。
受かる
序盤から中盤で使う場合、正しく受ければ相手の仕掛けを成立させないで済むこと。どうやっても成立を許す場合は「受からない」と言う。また、終盤において使う場合、正しい受けであれば詰まないことを指し、「受からない」と言えば、相手に手番が回ると防ぎきれずに詰まされることになるので相手を詰ますか、詰めろ逃れの詰めろをかける必要がある。
浮く
  1. ある駒にひもがついていない状態になること。〈例〉「角と金の両方が浮いているため、このままでは次に両取りで飛車を打たれてしまう」
  2. 飛車を中段に進めること。浮き飛車。
浮き駒(うきごま)
離れ駒のうち、敵陣近くにあって味方の駒と連携なく孤立し、相手に取られやすい状態になっている盤上の駒。
受け、受ける
相手の攻めを防ぐこと。「(駒の名前)を受ける」と言った場合、それが相手の駒をさす場合は「(その駒を使った)相手の手に対処する」という意味になり、自分の駒をさす場合は「(その駒)を打って使うことによって守る」という意味になる。<例>「銀を受けるには歩を受けないといけないのか、手抜けない、先手か」
受け切る
最後まで正しく受けて、攻めを凌ぐこと。
受け将棋
相手の攻撃を受けることを主体とする将棋。対義語は攻め将棋
受け師
受け将棋をスタイルとする棋士の異名として使用する。例えば木村一基が千駄ヶ谷の受け師と呼ばれている。
受け潰し
受けに回って相手の攻めを切らせて続かない様にする、または手も足も出ない盤石の態勢に持っていくこと。実際に行うには相当の実力を要する[2]
受けなし
「受からない」と同じような意味であるが、終盤で玉についていう場合は、狭義には必至のことを指し、広義には受けても一手一手で寄せられて受け切れず最終的に必至に至る形も含めていう。また中盤で玉を直接攻めるような攻めでなくても、例えばある筋の突破が受からない場合、「○筋は受けなし」のようにいう。局面の一部だけに着目して「部分的に受けなし」という表現もよく用いられる。
薄い
囲いをなす駒の数が少ない、終盤で玉の周りに駒が少ない、ある箇所が容易に攻め破られることなどを言う。対義語は「厚い」。
動く(うごく)
  1. 本格的に攻めるわけではないが相手の駒に接触するような手をさしていくこと。
  2. 「動くタイプ」「動く棋風」のように用いて、自分のほうから駒のさばきをねらって駒をぶつけていくというニュアンスを表す。
嘘手(うそて)
筋の良くない悪い手であるが、相手の応手によってはよい手になってしまう指し手。本来その局面で正しくない、よくない指し手・疑問手のことであるが、実際相手が間違いやすく咎めにくい指し手であることもある。
嘘矢倉
  1. 無理矢理矢倉のこと。
  2. 相矢倉戦と思わせて他の戦法に変えて主導権を握る戦術。
打ち換え
盤上にある駒を一度捨てて、同じ利き筋に別の持ち駒をもう一度打ち直すこと。
打ち込む
相手の陣地(敵陣、相手から見て三段目内)に持ち駒を打つことで、特に大駒を打つ場合に表現される。
打ち得(うちどく)
持駒を打って相手がそれに対応する手を手順の中に加えておく方がそうでない場合よりも得であること。〈例〉「このたたきは打ち得ですかね」
打ち歩詰め
持ち駒の歩を打って相手の玉を詰ますこと。将棋の禁じ手の一つ。盤面の歩を使って玉を詰ます「突き歩詰め」は禁じ手ではない。
打ち歩詰め回避
連続王手の寄せにおいて、最後に打ち歩詰めになってしまう際、ならないように回避して詰ませること。迂回の分手数が長くなることもある。1983年王位リーグでの谷川浩司が大山康晴に放った▲4三角引不成などが有名[3]。なお、コンピュータソフトはこれが苦手とされる。
内弟子制度
棋士制度では棋士になるには現役棋士の弟子(門下生)になる必要があるが、そのうち自分の師匠の家に住み込んで棋士を目指すことで、昭和40年代くらいまではこうした制度が慣習的に機能していたが現在では例は少ない。現役棋士では先崎学山崎隆之などがいる。
打つ
将棋は駒を動かすことを「指す」と呼ぶが、持ち駒を盤上に置くことは「打つ」と表現する。このため、同一駒が盤上と持ち駒双方同じ場所に行くことができる際、持ち駒での場合は棋譜の記録では「打」と表現する。〈例〉5七銀''打''など。
うっかり、うっかりする
読みに重大な抜けがあったことを後になって知ったり気づいたりすること。〈例〉「王手飛車をうっかりしていました」
埋める
駒を打って囲いを補強すること[4]
埋めさん工事(うめさんこうじ)
リフォームの別称で、大阪市北区にある専門店街の梅三小路をもじったもの。穴熊の将棋で頻出する、自玉のいる自陣が攻め崩されてきたとき、持ち駒の金や銀を埋めて工事することの意味。
うるさい
相手のしつこく絡んでくる厄介な攻めや、何かにつけて邪魔になる駒などを指して[2]。〈例〉「この端攻めは相当にうるさいですね」
上手と下手 (うわてとしたて)
かみてとしもてともいう。上座も参照。
永世称号(えいせいしょうごう)
将棋ではタイトルはその棋士の肩書・称号になっており、そのタイトルを保持している間はその棋戦の選手権者(チャンピオン)として名乗ることができるが、防衛を重ねて一定期間選手権を制して保持し続ければ終身名誉称号として、引退後に保持したタイトルの名を永世称号として肩書に付けることができる制度になっている。将棋では王座戦以外は名誉〇〇でなく永世〇〇を使うのは、名誉名人が永世名人とは別の、名人に制度上は成れなかった棋士に贈られている事情がある。なお、現役棋士でも特例で名乗る場合や、揮毫などで後世まで残るものにおいて「肩書、氏名」のスタイルで署名する場合は、自身の現在持ち得ている永世称号を使用して行うこともある。
A級
順位戦の一番上のクラス。名人位の挑戦者を決定するリーグ。
枝分かれ
読みは相手の応手や自身の指し方によって細かく分かれていく。指し手は何手でも深く読むというよりも、枝分かれした指し手の手段が何十通りと枝分かれして掘り下げて手順を比較検討して、一番良い手・最善手を指している。また、定跡や戦法の解説において、こうした何通りの手段を表す際に、図式で使用される。
縁台将棋
家の縁台で行う将棋から呼び名がきている。むかしの夏の風物詩としても描かれていた。隣近所の素人衆が集まり、うちわを片手に将棋盤を囲って指すが、素人衆の将棋ということで、現在ではレベルが高くない級位者程度の指す将棋を表すのに使用される。
追い詰め
王手をつぎつぎかけて追う状態で玉を詰ますこと。
王子(おうじ)
将棋界で棋士の中では現在では関西の斎藤慎太郎が西の王子と呼ばれているが、以前は山崎隆之が呼ばれていたということで、襲名制となっているという。東の王子は阿久津主税から中村太地に移ったとされる[3]
応手(おうしゅ)
相手の指し手に対応する指し手。大体は手、指し手と同義。
王手(おうて)
次の手番で玉が取れますよという手。ルール上、王手をかけられた側は次の手で何らかの方法(玉を逃げる・合駒する・王手している駒を取るのいずれか)で受けなければならない。
王手将棋 
変則将棋の一つで、先に王手を掛けた方が勝ちとなるもの。
王手飛車、王手飛車取り
王手(玉取り)と飛車取りを同時にかけた両取り手段。王手に対処すれば相手の飛車が取ることができる状態で、序盤でこの状態になれば局面を有利優勢にすることができるため、これを避ける駒組をしていくことになるが、中盤や終盤の、特にアマ高段者やプロ同士などでは読みの想定内の場合こともあり、掛けた方が不利や負けになることも多いとされる。
王手ラッシュ
立て続けに連続王手を掛けていくことであるが、特に自陣が詰まされされそうな状態では相手が詰むかどうかがわからないがとにかく王手がかかるまではかけ続けることがあり、相手が応手を間違えると思わぬ逆転(詰み、頓死)もある。コンピュータソフトが負けそうになると、水平線効果などによりこうした現象が起きることもある。
大駒
将棋ののうち、飛車角行のこと。
大盤
将棋の棋戦対局の解説用の将棋盤で、これを使用して解説することを大盤解説と呼ぶ。
大橋家大橋分家
将棋の家元。
大橋流
将棋の駒の並べ方のひとつ。
大山名人記念館
倉敷市にある、倉敷市出身の大山康晴十五世名人に関する資料展示館。
大山康晴賞
将棋の普及活動や文化振興に長年貢献してきた個人や団体に贈られる賞。
オールラウンダー
将棋では、居飛車、振り飛車両王の戦型を問わず指しこなす棋士、将棋指しのこと。
おかわり
駒と駒を相殺した直後に、同じ駒で相手の駒を取りにいくこと。特に桂馬の両取りで駒を取った後、再度桂馬で両取りをかける場合、銀を相手の金に引っかける手に使われる。
置き駒(おきごま)
1.盤上の駒。持ち駒と区分して使用される。2.床の間や玄関などの飾り棚に飾る大きな置物駒。
置く
飛車を敵陣に打つ場合に、「打つ」の代わりに使う言葉。
送り
相手玉がタダで取れるところに持ち駒を打って王手し、その駒を取らせることで別駒との連携を絶たせ浮いた駒を取りながら敵玉を追っていくこと。
送りの手筋
玉の横に金などを打ち、玉で取らせて一間竜の形にし、容易に詰む状態にすること。
お好み対局
テレビ棋戦や将棋まつり等の催し・イベントで催される、通常とは違ったルールを持ち込まれて指される非公式戦対局。
抑え込む
相手の駒の動きを封じるような攻めや守りのこと。「押え込む」とも。
押し売り
ある一つの駒で追い回して、相手が嫌々でも取らざるを得ないようにすること。
教える(おしえる)
棋力が上の相手と対局することや、相当年配の相手と子ども・若者が対局することを、棋力が下の人、子ども・若者の側から謙遜して言うときに「昨日〇〇さんに教えてもらいました」「一局/一番 教えてください」のように「教える」を使って言うことがある。将棋用語ではないが、常套句としてしばしば聞かれる。アマチュアの将棋大会で、面識のない人に対して対局前に「教えてください」と言う人もあるが、その場合はただの社交辞令であって、実際には「全力でいどみますのでよろしくお願いします」とおおよそ同義である。そのため相手のほうが圧倒的に強く言われた方が惨敗することはよくある。プロの対局は興行の一種であるため、プロ棋士が本番の対局にのぞむことをさして「教える」を使うことはなく、目上の大御所の棋士の研究会などに参加させてもらうことや、実力の差を思い知らされたことをさす場合に限られる。
御城将棋(おしろしょうぎ)
江戸後期からの年中行事のひとつで、江戸城下・御黒書院において将棋家元三家などが将軍御前で行われる対局の催し。
遅い
詰めろ、必至、王手などがかかるまでの手数が多い様子。
落ちている
余裕を見ていつでも取れるような駒のこと。
お手伝い
自分の指した手が、相手にとって有利になってしまうこと[2]。〈例〉「この金合いはお手伝いでしたね」
音受け(おとうけ)
将棋盤の裏の中央部にある四角いくぼみ。血だまりやへそとも。名前の由来は数ある諸説からきているが、木の中心部にたまる水分を逃がして盤の反りや割れを防ぐ役割でこうしたくぼみがある。
恩返し(おんがえし)
将棋界では対局において弟子が師匠に勝つことを指す。
お願い(おねがい)
敗色が濃厚なため、相手がうっかりしなければなんでもない手を、相手は間違えないだろうと思いつつ、わずかな期待をこめて指すこと。
おまじない
狙いはとくにないが将来利いてくるかもしれないと期待して指した指し手。相手のミスを待つようなニュアンスもあり、局面がやや不利から苦しめの際に使われることが多い。
重い(おもい)
指し手において、金銀を多く使うなど投資が大きい手や、着実であるがスピード感が無いなどの様子を表す言葉。多くは否定的なニュアンスを含むが、良い意味で使われることもある。対義語は「軽い」。〈例〉「ここで銀を打って行ったのは重い手だった」
思い出王手(おもいでおうて)
敗勢のなかでかける無駄な王手。自玉に必至がかかり、駒が余っている場合などにとりあえず指すことが多い。
面白い(おもしろい)
  1. 一般的な手ではないが、発想がユニークである手。または筋、手順など[2]。〈例〉「この桂は面白い手でしたね」
  2. 確実というほどではないが若干有利な局面ではないかと思われること。対義語は「面白くない」[2]。〈例〉「ここで形勢が落ち着いては後手が面白い」
おろす
飛車を敵陣に打つ時、「打つ」の代わりに使う言葉。
終わる、オワ
どう指しても勝敗が覆らない状態になること。またそのような状態であることを「終わっている」という[2]。〈例〉「この将棋はここで終わっている」
温泉、温泉気分(おんせんきぶん)
序盤の終わりから中盤の浅い段階で大きく有利になったため、慢心と何をしてもよさそうな選択肢の多さから、個々の読みの細かい部分や読んだ展開の比較がなおざりになること。

[編集]

顔が立つ
指した時点ではうまく行くかわからなかった手が、後から有効活用できて失着とならなくなること。〈例〉金打ちは強引だったが、桂馬と連携して顔が立った。
格言将棋の格言
将棋では棋理に基づいて格言が多く造られ語り継がれており、勝負の進め方などで参考にされることも多い。
書き駒
大量生産の駒で使用される、駒木地の上に漆やカシュー塗料で文字が直接書かれた駒。
角落ち
駒落ちハンデのひとつで、上手が角を落として指す将棋。
角道(かくみち)
角の移動範囲。多くの場合一手で大きな移動範囲を確保できることから、「角道をあける」ことは重視される。逆にあえて「角道を止める」こともある。
角換わり(かくがわり)
角を序盤からお互い持ち駒として持ち合って指す居飛車将棋戦型。
賭け将棋(かけしょうぎ)
金品を賭けて将棋を指すこと。かつてはこれによって生計を立てる真剣師という人もいた。
かける
相手陣・囲いの金の利きが効かない斜め下から持ち駒の銀や角を打つ状態。
囲い(かこい)
王将を守るため、そのすぐそばにある駒のこと。
禍根
→キズ
飾り駒
観賞用の将棋駒。置物として生産・販売されている。
ガジガジ攻める
相手の囲いの金銀に対し、桂香歩でうしろにひもをつけた状態で駒を打ち、相手が取っても取らなくても次に金銀の交換にして囲いを弱めるという手順を2,3回くりかえす。ガリガリとも言う。〈例〉「6六に歩があるので6七銀と打ってガジガジ攻める」
堅い
玉が安定していること。玉の周囲に駒があって詰みにくいこと。
堅さ負け
囲いの堅さの差が響いて負けること。
肩銀
相手の玉のコビン、つまり斜め前に持ち駒の銀を打つこと。また打った銀のこと。
勝ち将棋
形勢が有利で進行的にも無理なく勝てるとされる将棋。
勝手読み
自分の都合のいいよう指し手順を読むことをいう。
形作り
自分の玉が詰まされ負けることをわかっていて、相手の玉に詰めろをかけて、一手違い、いい勝負であったとの局面を作るなどの手を指すこと。逆にボロボロの圧倒的大差になる前に、見込みがなければ潔く投了してしまうことも広義での形作りのひとつであると言う。
勝ちになる
まだ対局は終了していないが、もはや勝利が決定的な状態になること。
勝ちやすい
明らかに有利というほどではないが、完全に互角というよりはなんとなく有利である感じ。その状態。
ガッチャン銀
相居飛車戦相腰掛け銀において、早々に銀をぶつけて、交換を強要すること。角換わり相腰掛け銀において、王手銀取りで馬を作る手順が特に有名。
金気(かなけ)
「金銀」を漠然と言い換えた語。〈例〉「受けに金気がないから攻めがつながっているか?」
金駒(かなごま)
金属の名前を冠した駒である金と銀のこと。「カナ駒」と表記することもある。
ある駒の動きを妨げている駒。その駒を「壁銀」「壁金」など呼ぶ。例えば初期状態から銀を金の頭に上げれば、玉はそちら側には逃げることができなくなる。玉の逃げ道を防いでいる場合は、好ましくない状態である。
上座(かみざ)
対局の際に上位者が座る席。
辛い(からい)
(終盤で)指し手が着実かつ非常に厳しいこと。茶化して「友達をなくす手」ともいう。2004年の文献では、特に丸山忠久を激辛流と評している。
絡む、絡みつく
攻め駒はあまり多くないのに、なかなか切れない攻めのこと。
空打ち
駒を動かすとき、指でつまんだ駒を盤上に二度三度打ち付けて駒音を響かせてから指す際の動作。リズムや気合でこうした動作になることが多い。
空成り
大駒が敵陣で成り込んだとき相手の駒を取れる状態であっても、駒を取ってではなくそのままなにも取らずに動かして成ること。また、相手から利き駒を外されて、そこに敢えて成ること。
軽い
  1. 指し手にスピード感があったり、手筋の歩を使う、金銀を投入しないなど少しの投資の割りに効果が大きい指し方をしたりする様子を褒める言葉。対義語は「重い」、「厚い」、「手厚い」。〈例〉軽い攻め、軽い捌き(カルサバ)。
  2. 攻め駒が足りないのに、無理に攻めてしまっている状態。1.とは違い、批判的に使う。〈例〉攻めが軽いので、迫力不足だ。
かわし、かわす
自陣の駒を動かして敵駒の利きを外すこと。
感想戦
対局が終わった後、対局者同士で一局を振り返り、検討をすること。
緩手(かんしゅ)
もっと早い手や厳しい手を指すべきところで指された、緩い手、ぬるい手、良くない手。疑問手よりは悪くない。不利な側が指した場合は緩手ではなく勝敗に直結する悪手や敗着である。
間接王手飛車
相手の飛車と玉が斜め筋にある場合に角で飛車取りをかけると、飛車を逃げると玉が取られる状況。
観戦記
観戦記者が新聞や雑誌などの文字媒体で将棋棋士の対局様子を棋譜と文章で伝えた記事のこと。
観戦記者
観戦記を書くために対局を取材している記者。
神田事件 (将棋)
昭和期に起こった将棋界の分裂騒ぎ。
がんばる
  1. 形勢が相当に不利であっても投了せずに指しつづける。
  2. 相手の強烈な攻めに対して懸命に持ちこたえる。
完封
自玉に相手の駒を寄せ付けずに負かすこと。
顔面受け
前面からの攻めに対して、玉を直接守備の駒として使い、受けること。玉は全方向に動ける強い駒だが、受け方を間違えると即詰みとなるため、危険度が高い作戦である。
木表(きおもて)、木裏(きうら)
木表は将棋盤で板目にとった面のうちで木の芯から遠いほうの面をいい、木裏は木の芯側の面。
棋界(将棋界
将棋棋士将棋指しらが活躍する業界・界隈。
利かし、利かせる
相手に受けを迫る手を指すこと。特に、すぐには効果は出ないが、放置しておくと後に脅威となる手になるため、相手に対応させること。逆に相手に指されて受けを迫られる場合、「利かされ」と言う。
利かずの駒並べ
将棋の駒40枚すべてを9x9の盤面に、全ての駒同士の利き筋(ききすじ)が重ならないように並べるパズル。
棋客
将棋指しの古い言い方。
利く、利き
駒が動けること。また、ある駒甲を乙が取るとその乙を丙が取れるときに「丙が甲に利いている」と呼ぶ。利いている範囲を「利き」という。
棋士
将棋界ではプロの将棋指し・将棋を指す専門家
棋士名鑑
毎年日本将棋連盟が発行している将棋年鑑のなかのコーナーで、棋士のアンケート結果が掲載されている。
奇手
奇妙で突飛な指し手。しかし中には妙手や好手の場合もあったりする。
鬼手(きしゅ)
勝利を決定付ける一手。「おにて」と読むこともある。「妙手」と似ているが、より直接的に勝利に結びつくような手に使う。
奇襲戦法
侮れない狙いを持つが、狙いを看破されると容易に不利になるとされる戦法。
棋書 (将棋)
将棋に関する書籍
キズ
弱点の内で、相手の攻めにより生じた陣形の欠陥など。これを解消することをキズを消す、キズを治すと表現する。
棋戦
将棋の大会やプロ将棋のタイトル戦や公式戦。
鍛えが入っている、鍛えの入った手
鍛えが入っているは、あまり知られていないが、これまでに相当に研究してきたであろう実戦的な手。鍛えの入った手は積み重ねた努力や研鑽から出された妙手や負けづらい指し手のこと。
キツイ
厳しい局面の他、指し手、一着のことでも使用する。
棋道師範(きどうしはん)
日本将棋連盟が普及活動に熱意のある者にたいして与える指導員資格。
気にする(き-)
実否は分からないが、ある手順の中に自分のほうが悪くなるような雰囲気の手があることを発見し、それに対する対処を優先したりその手をよけたりすること。対局者が感想戦で使うこともがあるが、選択肢の多い局面で解説者が使うことが多い<例>「角ののぞきを気にしましたか。ここは手抜きで攻めるのもあったと思いますね」
棋譜(きふ)
対局を用紙等に記録したもの。
棋譜を汚す
  1. 棋譜が汚れると言われるような手をさすこと。
  2. 一応勝ったものの、終盤で悪手を連発してその部分だけ感じの悪いことを自嘲していう語。〈例〉「このあたりは棋譜を汚す手だった」
棋譜が汚れる
最終盤に、自分がどうやっても負けるような、攻め味のまったくない完全な敗勢下で、相手の迷わないような、しかしそれぐらいしかさす手のない受けをひたすらくりかえしているだけの対局者を非難していう語。負けのくつがえらない状況でどのぐらいさしつづけるかという価値観については現状コンセンサスがないため、使う人と使わない人に分かれる。
棋譜並べ
棋譜に基づいて特定の対局を盤面に再現すること。また、その対局を研究すること。
棋風
指し手の特徴、ある人の指し手の傾向。
気持ち悪い
ここ数手ではだいじょうぶだが、のちに嫌な手順が出てきて形勢が悪くなりそうな駒の配置、またはその嫌な手順の鍵となる駒を形容していう語。〈例〉「ここに歩がたれているのが気持ち悪いのでまあ取ります」
疑問手
勝敗を直接決したわけではないが、他にもっと良い手があったのではないかと思われる、緩手と悪手の中間の手[5]
逆王手
王手を受けた手が逆に相手の王手となること。
逆先
相手の主導で攻められているときに受けていたのを切り替えして反撃に出ることを指す。
級位者
段級位制参照。
急所
最も大きな勝負所や、盤面でのポイント。「焦点」と言われることもある。〈例〉「ここで急所の一着が出ました!」
休場
棋界でも病気その他の理由により、休場することがある。成績の取り扱いその他に関しても規程を定めている。
急戦
守りにはあまり手数をかけず、早い段階から戦いを起こす戦法。
僥倖(ぎょうこう)
幸運を願い待つとの意味であるが、過去に木村義雄十四世名人が、相手が仕掛ける僥倖に頼る手に対して一喝したことがある。そして藤井聡太がインタビューでも使用した言葉としても知られる。
香車(きょうしゃ)、香落ち(きょうおち)
香車は宝石で飾られた車の意味で、駒の性能として真っすぐの利き筋が生じているので「槍」とも呼ばれる。上手がこの香車を一枚落として戦うのが香落ちという駒落ち戦で、かつてはタイトル戦でも指し込み制として行われた時期もあるが、現在公式戦では主に奨励会で行われている。現在では上手から見て左の香を落として行われるのが常である。
強手(きょうしゅ)
意表を突いたどぎつい手。「強い手」とも。多少の損は構わずに最終的な実利を取る意味のある手など。通常は攻めの手のことを言うが、受けの手の場合は「受けの強手」と言う。
脇息(きょうそく)
対局の際に左脇に置く肘かけ道具。体をもたれかけたりする。5寸盤に座布団で対座する対局などの場合で使われ、椅子席テーブルでの対局では使用しない。
玉将
王将のことであるが、将棋駒のセットは通常王将と玉将が用意されており、上位者が王将、下位者が玉将を持って指している。
玉が見えない
玉に詰めろをかけるまでの展開がイメージできないほど玉が安全である。〈例〉「馬が手厚すぎて急に先手玉が見えなくなる」
玉頭 (ぎょくとう)
玉将(が収まる囲い)の上部のこと。
玉頭戦
双方の玉将が縦に並んでいる際に、玉頭で起こる戦い。
玉頭銀
振り飛車腰掛け銀に構えた銀を相手の玉頭に進出させていく戦術。
局面(きょくめん)
駒の位置、状態の総体。
玉形(ぎょっけい)
狭義には玉の囲いに同じ。広義には玉の周りの駒の配置。玉の安定度。
拠点
  1. 甲の囲いの駒Aに対して駒取りになる乙の駒Bについて、そのBにひもをつけている乙の駒C。
  2. 相手の玉や囲いの近くへ簡単には取られないように配置した自分の小駒。特に歩を指すことが多い。
  3. 日本将棋連盟が設ける普及活動の拠点。東京と関西の将棋会館と北海道の将棋会館、新宿将棋センターを設定している。
切らす
相手の攻めを受けて防ぎきること。「受け潰し」も参照。または、持ち駒に歩がない状態。「歩を切らす」と言われる。
棋理(きり)
指し手の善し悪しに関する(経験的かつ感覚的な)法則性。〈例〉「遊び駒を使うこの手は最善手でないとしても棋理からして局面が悪くなることはないでしょう」
棋力(きりょく)
将棋の強さ、実力のこと。で表される。将棋の段級を参照。
斬り合い、斬り合う
相手の攻めを受けず、一手勝ちを狙うこと。
切る
駒、特に大駒(飛車・角)を小駒(金・銀・桂馬・香)と交換すること。一般的には損だが、二枚替えを狙える場合や切ることによって攻めを続けられる場合にはしばしば見られる。
切れる
攻め切れずに駒損だけ残ること。どうにも切れてしまいそうな時は「切れ模様」などとも。
切れ筋(きれすじ)
正しく応じれば切れる手順。
切れ負け、切れ負け制(きれまけせい)
持ち時間を使い切った時点で負けになる将棋ルールを「切れ負け制」という。インターネットを介した対戦将棋などで広く採用されている。
切れ模様(きれもよう)
攻めているが相手に受け切られてその後指す手がなくなりそうな模様のこと。実際に受け切られるかどうかは、相手次第。
棋歴(きれき)
将棋におけるこれまでの経歴や経験値のこと。〈例〉「輝かしい棋歴を誇る」
記録係(きろくがかり)
将棋では対局において棋譜を記録したり持ち時間を確認したりする係。
銀が泣いている(ぎんがないている)
阪田三吉がライバルである関根金次郎との五番勝負第一局で自分の銀が敵陣で動けなくなったときを表した言葉として知られる。ここから自分の銀が働かなくなった状態を表す言葉となる。
錦旗(きんき)
将棋の駒の種類のひとつ。書体銘としても。駒 (将棋)#書体参照。
銀冠(ぎんかんむり)
将棋の囲いのひとつ。
銀冠(ぎんかん)の小部屋
端歩をついた状態の銀冠の、銀の右側(先手振り飛車なら1七、先手居飛車なら9七、後手振り飛車なら9三、後手居飛車なら1三)のマス。銀冠は上部を銀で守っているために、条件がよくないと上から攻めるには手数がかかる。一方下から玉を追いこんだときに斜め上に上がられると、銀か角がないと王手をかけにくい。そこで銀の右側のマスに逃げて1手の余裕をかせぐ展開がよく発生する。それをさして(「玉の短時間の安全地帯」というニュアンスで)「銀冠の小部屋」と呼ぶ。
銀千枚
持ち駒に金1枚があれば敵玉が詰みだが、その金を持っておらず、銀では何枚あっても詰まない状態。「銀では、千枚有っても詰まない」からきている。
銀ばさみ
の両横に相手の歩がいるために、銀が斜め後ろに戻れないこと。
銀ひばり
5筋位取りで先手なら5六、後手なら5四の地点に銀を繰り出した形をいう。下から銀がその地点まで上がっていくさまがひばりが飛び立つ様子になぞらえていることからという。
禁じ手(きんじて)
将棋においては、将棋のルール違反の手の総称。ルール違反なので基本的には指した時点で反則負けとなる。
金底の歩(きんぞこのふ)
金と歩を使用した受けの手筋の言葉で、自陣二段目の金の下に持ち駒の歩を打っておくこと。そうして打った歩のことを「底歩」と呼ぶ。
金開き(きんびらき)
玉を中住まいにして自陣左右に金を開くように配置した陣形。
近代将棋
  1. 現代において指し手順・戦略などが洗練されて指されている将棋。江戸時代などに指されていた手順を古典将棋と呼んで、区分することもある。
  2. 2008年まで発行していた将棋雑誌。
クイーン、クイーン称号
女流棋界のタイトルでの永世称号。
食いちぎる
歩以外の異なる種類の駒がひもがついた状態でぶつかっていてどちらからも取らないままだったが、片方が猛攻をかける順が始まり、持ち駒の補給のためにそのぶつかっている駒を取ること。「切る」とは部分的に同義。〈例〉これは銀で香車を食いちぎって打っていきますね。
空気を捨てて仕掛ける
盤上の駒の配置が、あたかも歩を突き捨てて相手に歩を渡して開戦した局面に見えるにもかかわらず、その歩が相手の駒台ではなく自分の駒台に乗っている局面になっていること[6]
空中戦、空中戦法(くうちゅうせんぽう)
大駒が盤上に動き回る戦いを表す言葉で、とくに横歩取り戦の戦型で呼ばれる。
鎖鎌銀(くさりがまぎん)
相掛かり戦で腰掛け銀のように銀を中央に進出するのではなく、逆に飛車筋のほうに向かって進める戦術。
クソ粘り
形勢が不利な状況で最後まで諦めず逆転を目指して指すこと。対義語は「早投げ」。
九段九段戦
将棋段位の中で最高段位。江戸時代は名人の段位。九段戦は読売新聞が主催していた竜王戦の前身の棋戦で、全日本選手権と呼ばれ、優勝者には九段の称号を与えていた。
首を差し出す
自分の敗北が濃厚な状況で、形作りして手を渡すこと。下駄を預けると同義
クチナシ
1.将棋盤の脚の俗称。脚の八角形の形はクチナシの実をかたどったとされている。2.対局中の観戦者から口出ししてはいけないことの意味。
クマる
穴熊囲いを用いること。特に居飛車穴熊で用いられるが、藤井システムの登場などで、無事にクマれないことも多く[7]、以降は対穴熊側は組ませないようにする指し方が多くなる。
組む
駒を動かし、攻めと守りの陣形を築くこと。
位(くらい)
中央の段(5段目)のこと。
位取り、位取る
位取り 中央の5段目まで歩を伸ばすことであるが、居飛車の飛車先の場合や相振り飛車での飛車先の場合こうは呼ばれない。また端歩(1筋や9筋)の場合は突き越しと表現する。
食らいつく
  1. 「張り付く」と同義。
  2. (不利な側が)形勢の差が広がらないように懸命に指す。
苦しい
不利と同義。
群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)
複数タイトル保持者がおらず、タイトルの数だけタイトル保持者がいる状態。
形勢
対局の状況。駒の損得や囲いや駒の働きなどを総合した有利不利の差。形勢を表す表現としては次のようなものがある。悪いほうから(悪)「敗勢」 ― 「劣勢」 ― 「不利」 ― 「つまらない/指しにくい」 ― 「互角/五分」 ― 「おもしろい/指しやすい/指せる」 ― 「有利」ー「優勢」 ― 「勝勢」(好)。
軽手(けいしゅ)
とくに軽快で軽妙な好手をいう。一方「軽い手」「手が軽い」は相手にあまりダメージが与えられていない指し手を表す。
桂先の銀、桂頭の銀(けいとうのぎん)
受けの手筋のひとつ。相手の桂の頭に持ち駒の銀を打つまたは自分の盤上の銀を進める。桂の利き先が銀の利き先(斜め下)と一致しているので、こうした対処で桂の攻撃を受け止めることが可能。
桂跳ね
桂馬を前進させること。駒のうち桂馬については前にいる駒を飛び越すことができるため、この様から跳ねると表現されるが、桂馬は香や歩と同様、成り駒になるまで前進の動きしかできない。
桂のふんどし(けい-)
桂馬での両取りかけ。桂の利き形がふんどしに似ていることからの名称。
ゲームセット
「終わる、オワ」と同義。
消す
駒を取ったり交換したりして盤上からなくすこと。
下駄を預ける
自分の敗北が濃厚な状況で、形作りして手を渡すこと。「首を差し出す」と同義。
下段
将棋盤で端の段、一段目や九段目。
結論(けつろん)
中終盤のある局面について複数人で手を吟味した結果、当座これが妥当ではないかと見なされた(その局面の)あとの手順または優劣。手の吟味は狭義には議論に含まれないが結論と呼ばれる。
元気が出ない
  1. どうにか相手の攻めに応対しているだけで、形勢に影響しなそうな、最善ではなさそうな選択肢を取っている雰囲気をいう。
  2. ここから勝てなくはないが、それなりに不利さを感じるのであまり選びたくないさま〈例〉「ここで金を使うんじゃ元気出ませんよねえ」
元気が出てくる  
劣勢が続いていたが相手が緩手と思われる手をさして、互角にもどりそうな雰囲気が少し出てくることを、劣勢な側からいう語。 〈例〉「うん、それはこの角打ちがありますからね、〇〇九段に元気が出てきますよ」
研究
ある局面からの変化について、どのようなメリットやデメリットがあるのか調べること。
研究会
複数人で集まり、特定の局面や戦法の検討を行うこと。
研修会
奨励会の下部組織。奨励会員ではないアマチュア有段者の少年少女らが参加しているリーグ。
源平駒(げんぺいこま)
書き駒の一種で表が黒で、裏が赤で書かれている駒。
限定合い(げんていあい)
王手に対する合い駒のうち、特定の駒以外では早詰みや実際の詰みが生じることの意。詰将棋では最長手数で逃げる必要があるため誤答の原因となる。実戦でも詰みを逃れる際や逆に絶対に詰ませる場合に「正しい合い駒」の指し手が生じることも多い。
検討
  1. 生中継されている対局を見ながら、どのような変化になるか予想し、どちらが有利・不利かを判定すること。対局場の近くでこれを集団で行う部屋を「検討室」という。
  2. 過去の棋譜を見ながら、他にどのような変化があったかを調べること。
権利(けんり)
相当後まで放置しない分にはいつでもそれに対する相手の応手が決まっていて、自分の一存でさすタイミングを選べるような手。「○○は先手の権利」「○○は権利ですからね、一番いいタイミングでさしたいところです」のように用いる。
公開対局(こうかいたいきょく)
主にプロの将棋棋士が、テレビ中継モニター越しではなく一般大衆の前で対局している実際の姿を公開した対局のこと。棋戦ではJT将棋日本シリーズなどが全局公開対局で行われている。
交換
  1. 駒の取り合いの結果、お互いに持駒を得ること。例えば、自分の銀で相手の桂を取り、次に銀が相手の別の駒に取られれば「銀桂交換」と言う。また、自分の角で相手の角を取り、次に自分の角が相手の別の駒に取られれば「角交換」と言う(「角角交換」とは言わない)。なお、自分の駒1枚(x)と相手の駒2枚(yz・ただし歩は対象外)が交換される場合は、「二枚替え」あるいは「xとyzの交換」と言う。
  2. 指し手に対して受けた、もしくは応じた時の表現。符号で表現することが多いが、端歩の場合は「端歩の交換」と言う。
降級、降級点
下のリーグに落ちること。降級点は順位戦で成績の悪かったものに付けられるもので、規定回付くと降級させられるというもの。
皇居内決戦(こうきょないけっせん)
昭和24年の名人戦五番勝負の第5局目が皇居内の済寧館で行われたのでこの名がある。
好局(こうきょく)
対局のうち素晴らしかったもの。お互いが力を出し実力を十分発揮して指された対局。
好形(こうけい)
よい駒の配置。
公式戦 (将棋)
プロ棋士の対局で、記録・成績が反映される棋戦。
好手(こうしゅ)
うまい指し手。良い指し手。
幸便(こうびん)
相手の狙いに対応した手が駒取りや自玉の受けになっているなどして一石二鳥感があるさま。〈例〉3六歩に4五桂とはねるのが金に当たって幸便なので先にそれを消す。
攻防手
攻めることと受けることが同時にできる指し手。攻防の一着などと呼ばれる。通常は大駒などで発生するが香車や玉頭戦などでは他の駒の指し手でも生じる。
攻防の角・飛(こうぼうのかく・ひ)
相手を攻めつつ、自玉の守りにも利いている角(馬)や飛車(竜)のこと。
高野山の決戦
昭和23年に高野山金剛峯寺で行われた名人戦挑戦者決定戦。
国際将棋フォーラム
外国人に向けた将棋の国際イベント。
ココセ
「ここにさせ!」から派生した、自分からみて都合の良い手を相手が指すことを期待すること。逆にそうした指し手を指してしまうこともいう。
小駒(こごま)
王将、角行や飛車以外の駒のこと。
55年組 (将棋)(ごじゅうごねんぐみ)
昭和55年(1980年)に奨励会から四段昇段した棋士の総称で、この時の棋士達が集中して若くしてタイトル獲得や各棋戦で活躍したため、こう呼ばれるようになる。

て)

古将棋
平安時代から江戸時代ごろまでに指されていた将棋。
後手(ごて)
対局を始めるとき、先手の後で指し始めること。
後手を引く
受けている相手に逆に攻める余裕を与えるような手を指すこと。後手後手に回るなど、一般の慣用句にも使用される。
この一手
他の指し手を選ぶ余地がないこと。必然的に指し手が決まっていること。「盤上この一手」ともいう。
後の先(ごのせん)
将棋では後手を引いたように見えるが実際は先手となるような指し手。相手の攻めを利用して反撃などや、ゆとりをもって分かったうえで相手攻撃を受けるなどの意味を表す。
コピー将棋
途中まで過去に指された将棋と同一局面で進んだ将棋。もとは途中変化できないことなどを揶揄した言い方であった。
小鬢(こびん)
玉・飛車の斜め上のマス。カタカナの「コビン」と表記されることが多い。元は頭の左右前側面の髪のこと。
駒 (将棋)
将棋というゲームを行うにあたって必要となる小道具。
駒落ち(こまおち)
実力差がある者同士が対局するときに上位者が何枚か初期位置の駒を減らしてハンデをつけること、またそのハンデ。詳細は将棋の手合割も参照。
駒音(こまおと)
駒を指す時に出る音。特に、気合が入っている時に出る力強い音を「駒音高く」(駒音が高い)と言う。
駒組み(こまぐみ)
自分の玉を囲って守りを堅めたり、攻勢の準備をする段階のこと。
駒台(こまだい)
持ち駒を置くための台。5寸盤など立派な将棋盤の場合は足つきの駒台となる。
駒得(こまどく)・駒損(こまぞん)
盤上の駒と駒台の駒との総合で、対局開始時より駒を得、または損していること。
駒柱(こまばしら)
いずれかの筋のマスが、全て駒で埋まっている状態を柱に例えた言葉。「成立すると縁起が悪い」という俗説があるが、根拠は無い。
駒師(こまし)
将棋駒を造る職人技能者
駒袋
高級駒の場合に付いている、駒箱にしまう際に入れる袋。ひもで巾着のようになっている。
駒割り(こまわり)
対局する双方の持っている駒の数と種類。「駒の損得」ともいう。
ごめんなさい
「謝る」と同義。歩を打って受ける場合は「ごめんなさいの歩」と言う。
コレ将
「コレカラ将棋ガイド」の略称とそのブランド名と、そのサークル名[3]
怖い
次に来る相手の強烈な手を放置する、間違えると詰むような王手の連続に応じたりするなど、玉に関して危険のあるさま。
コンピュータ将棋
将棋を指すコンピュータソフトウェアのこと。またコンピュータソフトウェアが対戦する将棋のこと。ハードウェアの性能向上とプログラム技術の発展により現在では大変精確な指し手などが繰り出されるため、棋士によっては練習将棋の対戦相手や作戦検討、形勢判断や詰み筋の検討などにも使用されている。そしてエルモ囲いなど、棋士でも思い浮かばないような戦型などや手筋発見などがなされる場合も多い。

[編集]

最後の望み、最後の願い
劣勢の側がわずかな逆転の望みをかけて放つ勝負手。
最新形、最新型(さいしんけい)
プロの棋戦で最近よく用いられている定跡からの変化。また、それによって現れる局面。
最善手
難しい局面で最もよいとされる指し手。考えられる指し手の選択肢の中でもっとも良いと思われるもの。
催促(さいそく)
相手に駒を取らせたり、局面を打開したいような場合に相手の指し方を促すように指すこと。
最速(さいそく)
もっとも早い手順などを表すなど。
最優秀棋士(さいゆうしゅうきし)
日本将棋連盟主催の将棋対象の中での最高賞。将棋タイトル戦主宰者で構成される選考委員会によって選出される。
逆馬(さかうま)
→左馬
咲き分け駒
書き駒の一種。上半分が赤で下半分が黒で書かれている駒。
作戦勝ち(さくせんがち)
相手より序盤の駒組、攻撃態勢を組むのがうまくいって作戦的に有利になっている様。逆は「作戦負け」。
刺さる(ささる)
  1. 角、桂、香、歩を打った駒取りに対してまともに応対することができず、形勢が傾くこと。〈例〉この順は6五桂の金取りが刺さって気分がいい。
  2. 玉の囲いの近くの嫌な位置に相手の攻め駒がいくつもあり、玉は裸になっていないもののすでに危険なさま。〈例〉馬、と金、桂、いろいろ刺さりすぎてもう無視して攻めあうしかない。
指されてみればなるほど
読みになかった手が、最善手に近い手になっていること。または大盤解説などで、解説者の最善の読みとは違ったときに婉曲表現として使う場合もある。
指し掛け(さしかけ)
対局を途中で中断すること。2日制のタイトル戦などで1日目は夕刻で指し掛けとなり、封じ手としている。
指し切り(さしきり)
  1. 持ち時間を使いきった時点で負けとするルール。「切れ負け」と同義。
  2. 戦力の不足で攻撃が中断して(切れて)しまうこと。既に敗勢である。「切れる」も参照。
指し過ぎ(さしすぎ)
無理筋と同義。調子に乗って攻めすぎて形勢を損ねること。棋士の場合は日常用語で、何かやり過ぎたときなどで使っている。<例>「夜中にラーメンと焼き飯は指し過ぎ」など。
指し手(さして)
手と同義。
指しにくい
  1. やや形勢不利な局面。
  2. あり得るかもしれないが、(自分は)指したくはない手。
指しやすい・指せる
やや有利な局面ではないかと思われること。〈例〉「飛車を打たれても3筋から攻め合って指せそうですね」
指し込み制(さしこみせい)
勝者が敗者に対して駒を落として戦う制度で、公式戦ではかつて王将戦で採用されていた。
指し直し
1.千日手などの後で改めて将棋を指すこと。2.待ったをして違う手を指すこと。
指し分け
対局数に対して勝ちと負けの数が同数であること。
指す将
将棋を指す愛好家。以前は将棋の愛好家=指す将であったが、対局(特にプロの一戦)がネット中継などで普及し、観るのを専門とする「観る将」が出現。
錯覚(さっかく)
将棋では自分が有利になると勘違いしての指し手の意味。「サッカクイケナイヨクミルヨロシ」という言葉も有名。
捌く(さばく) 捌き
攻め駒(特に飛車・角)をうまく働かせること。攻め駒と守りの駒を交換して持ち駒にすること。特に振り飛車を用いる場合に重視される。振り飛車での指し回しで特に攻め駒の飛車や桂馬が中央進出など(五段目以上)で活用できたときにうまく捌けた、と表現される。自身の働きの良くない駒がいい位置に動いて使えるようになったり、交換出来て持ち駒になったりするなど駒の効率が上がったときなどにも使用される。
さよなら
責められていた駒が逃げること。
三段リーグ
奨励会の最上位リーグ。棋士になる最終関門。
三手の読み
基本中の基本の「読み」。自分が1手指したら相手がどう指すか、その手に対してはこう指す、という3手1組の読み筋のこと。2手目が死角になりやすく、相手の価値観で判断する必要があり、ここで判断を誤ると3手目以降をいくら読んでも意味が無い[8]
サンドバッグ状態
一方的に攻められている状態。攻めだけを敢行されている状態[3]
残念棒(ざんねんぼう)
プロの対局において、1分以上考えた後に投了した際、棋譜用紙の指し手の欄に表記される横棒(棋譜を書籍等で縦書きで印刷する場合は縦棒となる)。
三枚目の男
一局が長手数かかる淡路仁茂などを指しての異名で、記録用紙が3枚にまで渡ることから。
幸せになれない(しあわせ-)
序盤か中盤の中で、ある候補となるさし手があり、それが(長年の勘から)将来的に悪影響を来たす臭いがしていて、それをさす気が起きないさま。〈例〉(解説者が手を示して)「こういう手は一応ありますが、幸せになれないとしたものですよね」
C級(しいきゅう)
順位戦のクラス。1組と2組とある。最下位クラスがC級2組で奨励会三段リーグを勝ち抜き晴れて四段になった棋士は最初に属するクラス。1組はその上のクラス。
仕掛け(しかけ)
戦いを起こすための最初の攻め・開戦。歩をぶつけること(歩の突き捨て)からが多い。
しかりつけ
受けの用語。金は飛車の打ち込みに強い駒で、飛車を自陣に打ち込まれたとき、持ち駒に金があるときにその金を使って飛車をはじくこと。
地獄突き(じこくづき)
プロレスラーのアブドーラ・ザ・ブッチャーがその使い手として知られる技であるが、将棋では美濃囲い崩しのときに指される端攻めの第1手をいう。
持久戦(じきゅうせん)
お互いにすぐには攻めず、長い中盤戦が続くような戦型。急戦の対義語。
直彫駒(じかほりこま)
駒に文字を彫る際は字母紙を使用して彫るが、字母紙を使用しないで直接彫った駒のこと。
事件(じけん)
悪手によって優勢または勝勢が吹き飛んでしまうことの比喩的表現。〈例〉「先手勝勢だがここで同角と取ってしまうと事件」
持将棋(じしょうぎ)
入玉などで引き分けとする将棋。24点制でお互い点数が足りている場合は公式記録は引き分けとなる。
自信(じしん)
将棋ではどちらかというと「この変化手順では自信がない」など、自分の指し手についてネガティブな意味で使用される。
自陣(じじん)
自分の陣地のことで、自分から見て手前下から三段目のスペース、先手から見ると七段から九段の、相手の駒が入ると成ることができる範囲と、歩が並ぶすぐ上、四段目までの範囲までを含めたスペース。逆は敵陣。
自陣角(じじんかく)
敵陣ににらみを利かせて遠く相手の駒を見据えて自分の陣地に持ち駒の角を打つこと。
自陣飛車(じじんびしゃ)
自分の陣に持ち駒の飛車を打つこと。遠く相手の陣を見据えての他に、自陣の守りや相手から自分の陣に駒を打たせないためのスペース潰しの意味で行うこともある。
自然な手(しぜんなて)
バランスの取れた違和感のない手。一見自然な手が局面次第で悪手となることもある。
自戦解説(じせんかいせつ)
自分の指した将棋を解説すること。
自戦記(じせんき)
対局者自らが対局について執筆する記事。
次善手(じぜんしゅ)
将棋の指し手には勝ちに最も近づく指し手を最善手と呼ぶが、その次に案として浮かぶ手は次善手という。終盤価値が読み切れない際にとりあえず安全策として指しておく手など。現在ではアマチュアでもコンピュータ解析で、局後の検討で自分が実際に指した手が最善手か次善手かが瞬時に判断ができる。
地蔵(じぞう)
動かずじっと盤上を見つめる対局姿勢を表した言葉[3]
下手(したて)
駒落ち戦で相手にハンデを付けてもらった方。下手側は駒を落とさずに戦うことができる。
質駒(しちごま)
いつでも取れる状態になっていて、実質上甲の側の持ち駒であるのと等しい乙の駒。特に飛車や角などの高い駒で安い駒を取る時に用いられる。
実況(じっきょう)
将棋ではとくにYouTubeなどのインターネット媒体を使ってオンライン配信などで投稿すること。自身の指し手を解説しながら一局を指すというスタイルが主流。
実力制名人(じつりょくせいめいじん)
現在の挑戦手合い・選手権制の名人位。名人位は現在の名人戦が行われるまでは世襲制・推薦制であった。
実戦(じっせん)
実際の対局。実際に指された手を示すときに用いることもある。〈例〉「実戦の9四角では4二歩が有力だった」
実戦的な手
ある局面において、客観的な善悪よりも対局者心理や消費時間といった盤外の要素を加味して選ばれた手。
実戦的には
「実戦では」の意。たとえば「この局面は先手が有利だが実戦的には大変」という文は「この局面は先手が有利だが、実戦では持ち時間の制限や読み間違いや囲いの差や駒得などの要素もあるため、まだ逆転の可能性がある」を意味する。
失着(しっちゃく)
形勢が不利になるような指し手。悪手と同義。
師弟(してい)
プロ将棋界では師弟制度があり、日本将棋連盟棋士になるためには必ず日本将棋連盟所属棋士で誰かの弟子になることになっている。
じっと
すぐに攻めるような手や相手に応じる手を指さずに、陣形を整えたり、先を見越して指す手。〈例〉「じっと1六歩と突いた」
指導棋士(しどうきし)
日本将棋連盟による奨励会退会者救済制度のひとつ。
死に駒
  1. 行き所のない駒。敵陣の最も奥の桂馬・香車・歩、敵陣2段目の桂馬。ルール違反である。
  2. →遊び駒。
死ぬ
駒がどこに動かしても、また放置しても取られてしまう状態になること。ただし普通歩と玉については言わない(玉の場合は「詰む」という)。
しのぎ、凌ぐ(しのぐ)
相手の猛攻をなんとか受け切ること。
縛り(しばり)
相手の玉の逃げ道を封鎖する手段。逃げ道の先に持ち駒の金や銀などを打つことを特に「待ち駒」と呼ぶ。
痺れる(しびれる)
相手に良い手を指され、非常に困ってしまうこと。特に意表を突いた想定外の手で困ること[9]
島黄楊(しまつげ)
駒に使用される材のひとつ。伊豆諸島の御蔵島から産出される黄楊のこと。このツゲが最高級とされる。
下座(しもざ)
対局の際、下の実力の方が座る席。タイトル戦では挑戦者側が座る席。
邪魔駒(じゃまごま)
攻める地点にすでに自分の駒があるため、攻めが続かないこと。これをただ捨てして攻めを継続させる手段を「邪魔駒消去」と呼ぶ。
週刊将棋(しゅうかんしょうぎ)
日本将棋連盟が発行していた週刊機関紙。
終局(しゅうきょく)
一局の将棋が終わること。決着がつきそうな際に「終局を迎える」と表現する。
終局図(しゅうきょくず)
終局時の盤上局面の図のこと。多くは投了図や詰みで終わったときの図であるが、特殊なケースでは千日手・持将棋・反則等によるものもある。
終盤(しゅうばん)
一局の将棋で終わりの部分。終盤での攻防を終盤戦と呼び、白熱した展開もみられる。一局の将棋には他に序盤と中盤がある。
十字飛車(じゅうじびしゃ)
飛車が縦横に利いている両取りのこと。
収束(しゅうそく)
一局の将棋が終わりに近づくこと。寄せが最終段階に入って収まりをつけるというところから。
渋滞(じゅうたい)
ある駒を別のマスへ進めたいが、そこに既に自分の別の駒があって邪魔になり、思うように攻められないさま。特に縦方向に複数の駒が固まっている時に使う。
終盤のファンタジスタ
有利な局面の終盤を迎えて、ありえないようなミスをして逆転負けを喫する棋士を揶揄した呼び方。略して「ファンタ」。また、そうした負け方を「ファンタした」とも表現する[3]
十枚落ち(じゅうまいおち)
駒落ち戦で上手が駒を十枚落として戦う将棋。上手は王将と歩兵のみ。
塾生(じゅくせい)
日本将棋連盟の将棋会館に住み込んで棋士を目指す奨励会員をいう[10]
趣向(しゅこう)
(主に序盤戦で)工夫した珍しい手を指して、意表の作戦に出ること。
主張(しゅちょう)
局面での有利な要素。
守備駒(しゅびごま)
守りに働いている駒のことで、多くは玉周囲の守備を固めている金や銀など。
手裏剣(しゅりけん)
主に敵陣や前線の急所に打つ歩のこと。
順位順位戦(じゅんいせん)
将棋棋士の成績は順位が決められており、これらを決める対局は5つのクラス(リーグ)に分かれ、一年間をかけて毎年決定している。このクラス分け順位の最高位が名人。この他にクラスに属さない棋士が属するフリークラス制度がある。
準王手飛車(じゅんおうてびしゃ)
間接王手飛車と同義。
(将棋の)純文学(じゅんぶんがく)
矢倉囲いの俗称。もともと米長邦雄が矢倉戦法における含みの多い指し手を純文学で用いられるような遠回しな表現に喩えたことが語源とされるが、現代では王道の囲いや戦法といった意味で使用される場合が多い。
将棋
「将棋」という語を、ゲームの種類をいう将棋でなく、対局、対局結果、対局においてあるべき手、棋力、棋風の意味で使う人もいる。〈例〉「彼はいい将棋をさす」「昨日の将棋はよくなかった」「その手は将棋らしくない」「あいつは将棋が変わった」「さばく将棋にあこがれて振り飛車党になった」
将棋三家
江戸時代に徳川家から扶持の禄が与えられた大橋家大橋分家伊藤家をいう。
将棋所
徳川家から将棋を奨励する目的により寺社奉行管轄で設けられたという。以後名人位は世襲制になる。
将棋大成会
日本将棋連盟の前身となる組織。
将棋年鑑
日本将棋連盟が毎年発行している年鑑。
将棋の日
日本将棋連盟が定めた毎年11月17日を将棋の日としている。
将棋講座
将棋に関する講座で、全国各地で行われているものの他に、NHKで放送されている講座が特に知られる。
将棋倒し
将棋をドミノのように並べて倒す様から、人ごみの中でひとりが転んだり倒れたりしたため、次々倒れていく事故の名称になる。
将棋天国社
青森県上北郡おいらせ町にあり、将棋に関する書籍を発行している。
将棋パズル
将棋を利用したパズルゲームで、様々なものがある。
将棋盤
将棋を行うための盤。
将棋まつり
全国各地で催される将棋のイベント。
将棋類
将棋ゲーム類の総称。
将棋世界
日本将棋連盟発行の月刊誌。
将棋ソフト
将棋に関するコンピュータゲームソフト。
将棋ウォーズ
日本将棋連盟公認のオンライン対局を提供するサービス。
将棋栄誉賞
公式戦600勝以上を達成した棋士に贈られる賞。800勝で将棋栄誉敢闘賞が贈られる。
将棋道場・将棋センター・将棋サロン
名称は囲碁の碁会所のような統一したものはないが、通常は将棋の対局をするために席料を払い、客同士で勝負が行われる。対戦成績などにより棋力認定してもらうことも可能で、場合によっては棋士指導なども受けられる。
将棋カフェ、将棋喫茶
いずれも飲食をしながら将棋がさせ、道場などよりもカジュアルな雰囲気の店構えになっていることが多くまた将棋を指さなくても飲食目的や他の目的での滞在でも構わない。
将棋教室・将棋スクール
主に初心者向けの指導や棋力向上のレッスンを行っているもので、習い事に近い。
将棋バー
将棋愛好家が集まるバーで、お酒を飲みながら将棋を指すこともできる。
将棋指し
棋士はプロ棋士の意味なので、広い意味で将棋を指す者は将棋指しとなる。
将棋ペンクラブ
1987年に発足した、文章を通じて将棋ファン拡大や将棋ライターの発掘と養成を図ることを目的とした会員制クラブ。
将棋めし
棋士が対局途中の食事休憩時間に取る食事。
昇級(しょうきゅう)、昇段(しょうだん)
段や級が各種条件を満たして上がること。免状等の段や級は、下がるということはないが、ネット将棋などではあくまでクラスのことなので、成績が下がると段や級が下がるというものもある。
小将棋(しょうしょうぎ)
室町時代に指されていた古将棋の一つ。
勝勢(しょうせい)
勝つ可能性が非常に高い局面。「優勢」をさらに強めた言い方。
定跡(じょうせき)
序盤の駒組、主要局面での指し方が、過去の対局や検討などで最善とされる指し方。山田定跡鷺宮定跡木村定跡などが有名である。研究などで新手が発見されると「定跡が覆される」となるが、その手順は新たな手筋や戦法への参考として蓄積がなされる。
焦点(しょうてん)
複数の駒が利いている地点。通常、駒を捨てる時に使う。〈例〉「焦点の歩に好手あり」
消費時間(しょうひじかん)
対局での持ち時間のうち消費した時間。
上部開拓(じょうぶかいたく)
相手陣の駒を取りつつ、一定の範囲を自分の駒で制圧すること。特に入玉を狙う際に用いられる。
勝負形(しょうぶがたち、しょうぶけい)
形勢が傾いているが、優勢な方がそのまま勝ちそうなわかりやすい展開にはならず、相手のミスによってまだ多少は逆転が望めるような、優勢な方に心理的プレッシャーのある局面。〈例〉「こっちが負けですが、こうしておけば勝負形には持ちこめましたね。いやーこの金打ちはひどかったです」
勝負勝負でいく
終盤で形勢の不利なほうが、(最善の順を取られるととどかないだろうが)開き直って相手の迷いそうな攻め手を次々とくりだし玉に迫ること。
勝負手(しょうぶて)
大胆で勝敗を決しようとする手。主に形勢が不利な側が指す、まぎれを求める手のことを言う。
勝負所(しょうぶどころ)
戦いの途中で勝ち負けの形勢を決めるような大事な局面。
証文の出し遅れ
もっと早く指していれば有効だった手が、指した時には時期を失していたために無効になること。
将来(しょうらい)
この先に起こりうる展開。〈例〉「将来の王手飛車を消す手」
昇龍(しょうりゅう)
駒の書体銘のひとつ。
職団戦(しょくいきせん)
職域団体対抗将棋大会として日本将棋連盟が主催し毎年行われる将棋のチーム戦選手権。
初手(しょて)
将棋を指し始めるにあたって先手の第一手目。
序盤(じょばん)
序盤戦ともいい、一局の将棋で初手が指されてから作戦が決まり態勢が整うあたりの部分。この部分での作戦態勢を整えるがうまい人を序盤巧者といい、相手よりうまくなったことを作戦勝ちという。
序盤、中盤、終盤、隙の無い将棋
NHK杯戦の対局者インタビューから生まれた、相手に対する印象を表すフレーズ。
女流棋士 (将棋)
女流三強
女流育成会
女流棋士の養成機関。
女流棋士会
女流棋士の団体。日本将棋連盟傘下の任意団体。
(しり)
駒の真下の地点。
尻金(しりきん)、尻銀(しりぎん)
尻金は玉の真後ろに打つ金や銀、またはそれで詰んでしまう形のこと。尻銀も寄せの手筋のひとつで、持ち駒の銀を相手の玉の真下に打つこともしくは打った銀。
指了図(しりょうず)
新聞などで主催棋戦の対局棋譜が掲載される際に数日にわたって掲載されるので、その日の掲載分の終了図。
陣形(じんけい)
駒の配置。特に序盤の駒の配置。
真剣師(しんけんし)
賭け将棋をして生計を立てている将棋指し
新進棋士奨励会(しんしんきししょうれいかい)
将棋棋士の養成機関
慎重(しんちょう)
「駒組を慎重に進める」「慎重に寄せる」など、1手間違えるとたちまち不利や逆転されそうな状況で、隙を見せずに指すことを表す言葉。
陣屋事件(じんやじけん)
昭和27年の王将戦で升田幸三が対局を拒否した事件。
新手(しんて、しんしゅ)
(序盤において)定跡にない新しい手。
死んだふり
大きく有利になってから自然にさしていたつもりが、いつのまにか相手に逆転されていたこと。〈例〉「また山田くんの死んだふりにかかったよ」
スイス式トーナメント
チェスなどで使用されているトーナメント方式で、各自の実力(レーティング、番付)に応じ1回戦は抽選、以降は勝ち星や過去の通算成績で実力が近いもの同士で対戦しあって最終的に勝ち星成績で優勝者を決める方式。
推薦制名人(すいせんせいめいじん)
名人位は家元制度がなくなった明治からは現在の制度になるまで、推薦制となって存続した。
推理将棋(すいりしょうぎ)
会話からどのような一局だったかを当てるもの[3]
スースーする
玉のいる段について、その段に飛車を打ちこまれると即王手になってしまう状態。
姿焼き(すがたやき)
自分の玉の囲いが崩されず、そのまま残っているにもかかわらず、攻めが切れるなどしてすでに敗勢の局面に陥っていること。穴熊囲いに用いられることが多い。
スカタン
複数の攻め駒が、相手の上手い受け・かわしにより、完全に空を切ってしまうこと。
スカスカ
盤面のある範囲に駒がなく、守りが非常に弱いさま。「薄い」よりもさらに守りが弱いというニュアンスがある。 〈例〉「玉頭がスカスカなので怖い」
(すぐ)
棋譜の表示において、同じ種類の駒が盤上の同じ場所に複数枚移動可能な場合、金や銀、成り駒が真っすぐに上がる場合の表記方法。
(金の、玉の)スクワット
将棋には駒を動かさずに相手の手番にするパスがルール上認められていないため、何か駒を動かす必要があるが、今の駒の配置を変えないまま相手に「千日手にしたくないならしかけてこい」と言ってパスをしたい場面もある。そのような場合、自陣の金か玉を一歩前→一歩後ろ→一歩前→一歩後ろと動かせば、二手一組の実質的なパスができる。この縦の動きのくりかえしを、スクワットと呼ぶことがある。単に「上下運動」ともいう。
  1. 将棋盤における横軸の列番号。1筋、2筋など。
  2. 駒の利きのライン。飛車筋、角筋。
  3. 理に適った、習いある手順。または個人の将棋の素質や才能。
  4. (主に「筋に入る」の形で)いったん有利(不利)になれば、そのまま一直線に有利(不利)が拡大していくこと。
筋中の筋(すじちゅうのすじ)
感想戦などでこの手しかないという意味で使用されるニュアンス。
筋悪(すじわる、すじあく)
手筋が悪い指し回し。
筋違い角
本来の利きとちがう筋に打ち換えてつかう角の戦法。
裾狩り金(すそかりきん)、裾銀(すそぎん)
相手の敵陣二段目玉の真後ろ(つまりあいてからみて一段目)に持ち駒の金を打って自分の飛車や龍との連携で玉を追っていくことを裾狩り金と呼ぶ。この下段の金が飛車の横利きで追い込んでいく寄せの手筋。銀の場合は相手玉の斜め下から打って追い込むが、これは裾銀と呼ぶ。
スタンプ駒
押し駒の一種で、文字がスタンプで押して作られている駒。
捨てる
駒損を無視して攻めの駒を相手に渡すこと。特に、ただで捨てることを「ただ捨て」、(取らせる目的で)成り駒を取らせることを「成り捨て」という。慣用句でも使用される「捨て駒」は、ここからきている。
捨て合い
相手の複数の駒が利いている場合にただで取られることを承知の上でする合駒テクニック。相手の攻め利きや位置替え、片方の利きを遮ることでの手数稼ぎなどに利用される。
素抜き
飛車の角、香などの筋上に遠くに利く駒で、その間にある駒を動かさせる、動かすことで遠くに利いている質駒をただでとるテクニック。間の駒を相手が間違って動かして取られてしまうケースも。
スピードアップする
終盤の浅めの段階で、多少を駒を捨ててでも相手玉に迫る手をさし流れを急にする方針を取ること。
Smart Game Format
ボードゲーム全般で棋譜記録に使われているコンピュータソフトフォーマット。
清算(せいさん)
盤上のある部分で、駒を取って取られて取って取られての連続で、その部分において双方の駒が盤上からきれいになくなり、お互いの持ち駒になること。
贅沢
多くの持ち駒、特に飛角金銀を連続して使っていくさま。〈例〉「贅沢な金銀捨てでぴったりつむ」
成立する
ある仕掛けによって仕掛けた側に有利、もしくは互角に局面が進行すること。定跡において重要な概念。〈例〉「この攻めはやや強引で、厳密には成立していない」
席手(せきしゅ)
将棋道場・センターの経営者、責任者。
世襲制名人(せしゅうせいめいじん)
江戸期の名人制度。
雪隠詰め(せっちんづめ)
玉をいずれかの四隅に追い詰めて詰めること。詰み#特殊な「詰み」を参照。
ゼ・Z(ゼット)
相手に何枚駒を渡しても自玉が絶対に詰まない状態。「絶対に詰まない」の頭文字「Z」からきている。また、特定の駒を渡さない限り詰まない状態にも使われ、おもなパターンに「桂馬Z」「金駒Z」(金か銀)、「斜めZ」(斜め後ろに動ける駒=銀か角)、「横Z」(金か飛車)などがある。例えば「桂馬Z」であれば穴熊の玉のすぐ斜め上に銀ではなく角か桂馬があり、その頭に相手が桂馬を打てば一手詰めとなるが、相手の持駒に桂馬が無いためすぐには詰まされない状態を指す。
絶対手、絶対の応手(ぜったいのおうしゅ)
この指し手でなけれな絶対に不利になる、もしくは負けになるときの指し手。
絶妙手(ぜつみょうしゅ)
盤上この一手のうち、その手がその時のタイミングで指されたため、勝負や展開を有利に運ぶ決定をづけたという指し手。
節約(せつやく)
のちの展開を考えて、本来使いたいものより安い駒を打ったり、何も打たずに盤面の駒を動かして対応すること。
狭い
動ける(逃げられる)マスが少ないこと。
攻め攻め将棋
攻めを主とする棋風を表す言葉。受け将棋の対義語。
ゼロ手
  1. 結果的に手得をして、一手多く指せた状態。〈例〉「角を合わせてゼロ手で歩を突けた」
  2. 相手は必ず対応しなければならないために、速度計算において手数にカウントしないこと。
全軍躍動
ほとんど全部の攻め駒が何らかの形で役に立ち、手の流れが非常によいさま。
先後同型(せんごどうけい)
先手と後手の陣形がまったく同じになること。
宣言法
→入玉宣言法
全駒(ぜんごま)
相手の玉以外の駒を全て奪うこと。実際は全駒になる前に投了するか、攻める側が詰ませるのがマナーとされ、行った場合は投了しなかった方はもとより、詰ませなかった方も批難される事が多い。
先手をとる
相手が受けざるを得ない手を指すこと。相手が受けた後は自分の手番になることから。
千日手
指し手を進めても全く同じ局面に戻ってしまい、決着がつかなくなること。成立すると無勝負指し直しとなる。
千日手含み
局面がやや不利だと考えた時、相手の指し手次第では千日手への誘導を狙う指し方。〈例〉「後手なので千日手含みで指す」
戦法将棋の戦法
将棋ゲームの戦い方。
前夜祭(ぜんやさい)
将棋ではタイトル戦などが行われる日に前夜に行われるレセプションパーティー。
前例(ぜんれい)
以前に現れたことがある同一局面。〈例〉「この局面は3局前例があります」
双玉駒(そうぎょくごま)
通常の将棋駒セットは王将と玉将それぞれであるが、玉将2枚のものをいう。棋戦でもNHK杯戦などは双玉駒の駒が使用される。
相談将棋(そうだんしょうぎ)
お好み対局などで複数人で組んでのチーム戦対局の際に指し手を相談しながら進める対局将棋。
俗手(ぞくて)
誰でも思いつく分かりやすい手。良い意味でも悪い意味でも用いる。〈例〉「寄せは俗手で」
俗手の好手
ときに純粋な駒数攻めなどわかりやすい手が最善な場合があり、そうした指し方をして残り時間を残す方が適切であることがある。
即詰み(そくづみ)
手数に関係なく、王手の連続で詰むこと。
速度計算(そくどけいさん)
仮にお互いに相手の玉への攻めに専念した場合に(駒の損得は関係なく)どちらが早く相手の玉の詰みに到達できるかの手数を読むこと。
底歩(そこふ)
9段目あるいは1段目(自分から見て一番手前)に歩を打つこと。典型的には8段目の金将の下に歩を打ち、敵の飛車の横利きを遮る。「金底の歩、岩より固し」
そっぽ
前線と逆の方向のこと。〈例〉 「いつの間にか金がそっぽに行ってしまった」
袖飛車(そでびしゃ)
飛車を左横に1筋だけ移動して指す将棋。
~損(ぞん)
【接尾語】自分のいずれかの駒の数が相手より単純に少ない状態になっていること。「銀損」(ぎんぞん)、「桂香損」(けいきょうぞん)のように言う。歩以外の駒に損得がない場合は、歩の数について「一歩損」(いっぷぞん)、三歩損(さんぷぞん)のように言い、あるいは枚数を表さずに単に「歩損」(ふぞん)とも言う。反対語は「~得」(どく)。

[編集]

第一感(だいいっかん)
最初に思いつく手[2]、局面を見た瞬間にうける印象。
退会(たいかい)
現役棋士や奨励会員などが将棋界から退くこと。棋士を辞めること。
大逆転将棋(だいぎゃくてんしょうぎ)
衛星放送番組で放送していた番組。
対局(たいきょく)
盤に向かい合って将棋を指すこと。将棋の試合。
大局観(たいきょくかん)
部分的なことにこだわらず局面全体をみて行う形勢判断。通常「大局観に優れている」など、褒め言葉として使用される。
対局時計(たいきょくどけい)
持ち時間制の将棋に使用される、対局者双方の持ち時間を計ることができる時計。一方が考慮している際はその当事者の時計が進み、逆の手番になると指した方の時計が止まり、一方の手番者の時計が進む仕組み。
対抗形(たいこうけい)
居飛車対振り飛車の対局の状態。
対抗形党(たいこうけいとう)
相手が居飛車を取ると先に明示した場合は自分は振り飛車にし、相手が振り飛車を取ると先に明示した場合は自分は居飛車にするというスタイルの人。このスタイルの人はアマチュアにある程度の割合でいるので、(プロの対局では用いないが)アマチュアどうしの会話では用いられる。居飛車党の中のマイナーなタイプの場合と、振り飛車党の中で相振り飛車をしたくないタイプの場合がある。
太閤将棋(たいこうしょうぎ)
上手が飛車先の歩を落として指す駒落ち戦。
泰将棋(たいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は25×25、駒は93種で敵味方合わせて354枚ある。自陣・敵陣の概念がなく、敵駒を取った時に強制的に成る。玉将はなく、代わりに自在天王という強力な駒が採用されている。この他特に強力な駒としては鉤行摩𩹄などが挙げられる。
大将棋(だいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は15×15、駒は29種で敵味方合わせて130枚ある。駒の種類は中将棋の21種類に比較的弱い8種類が加わったものである。
大々将棋(だいだいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は17×17、駒は64種で敵味方合わせて192枚ある。自陣・敵陣の概念がなく、敵駒を取った時に強制的に成る。左右非対称性が強く、成れない駒が多いのが特徴である。
タイトルタイトル戦
将棋界における称号で、特定の棋戦では挑戦手合い形式で行われ、番手勝負に勝利するとその選手権者・タイトル保持者となることができる。プロ将棋では名人戦ほか、将棋のタイトル戦結果一覧将棋の女流タイトル戦結果一覧などを参照。タイトルによってはその保持期間数により引退後名誉の肩書として称することができる。
大変、大変な将棋、まだまだ大変(たいへん)
すでに終盤戦ではあるが、どちらの勝ちになるかがはっきりするまでは、まだ相当の手数がかかる様子。
逮捕(たいほ)
大駒が小駒に囲まれて、直接取りにはなっていないが動けば取られてしまう状態。かけた側はいつでも取りをかけることができる。
退路封鎖(たいろふうさ)
玉の逃げ道に駒をただ捨てし、ほかの駒に取らせることによって玉の逃げ道をなくす手筋。
打開する(だかい)
千日手になりうるような状況で、千日手を選ばずに別の手順をとること。
高飛車(たかびしゃ)
飛車が自陣から見て三段目を超えて進出し、攻撃の構えをとる様。おもに五段目に位置する飛車を表し、四段目に定置する飛車は浮き飛車という。一般用語・慣用句の「高飛車な物言い」「タカビー」などはこの高飛車からきている。
高美濃(たかみの)
美濃囲いの発展形で、通常の美濃囲いよりも高く盛り上がっている陣形囲いなのでこう呼ばれる。
ダイヤモンド美濃
金銀4枚で斜めにダイヤ型に連携して形成した美濃囲い。
耕す(たがやす)
  1. 歩交換をして金銀を盛り上げていき、勢力圏を広げる。
  2. 永作芳也が奨励会時代にいつも棋譜並べをしていたことを揶揄して「盤を耕す」と表現したもの。〈例〉「盤を耕すつもりでいけ」
凧金(たこきん)
角の利きを利用して金が盤の中に繰り出していく戦術。対ひねり飛車戦で使用される。
足し算、足し算の攻め
1つのマスに、対局者甲の駒がa枚、乙の駒がb枚利いているとき、甲の1つの駒がそのマスに動くと、乙の1つの駒がその駒を取り、その取った駒をまた甲の駒がとるという、取る→取られる→取る→取られる、のくりかえしが起きる。このとき駒の枚数がa=bのときは最終的に乙の駒1枚が残り、a>bであれば、甲の駒が残る。そこで、ある一マスに自分の駒の利きを相手の駒の利きより多く集めれば、そこを突破することができる。このことを「足し算」といい、このことを利用してあるマスに対する駒の利きを単純に増やして突破を図ることを「足し算の攻め」という。
打診する(だしん-)
序盤の駒組みの中で、相手がどのような陣形を取るつもりなのかをその局面で明示させるような手をさす。「端を打診する」「歩突きで銀の引き場を打診する」
叩く、叩きの歩
歩を相手の駒の前に打つこと。「叩きを入れる」とも。ただし相手の歩の前に打った場合は「合わせ」である[2][11]。取ると陣形が乱れる、次に取りになる手が受からない、飛車の横利きが消えるなどの狙いがあり、取らずに逃げると拠点が残ることになる。
ただ、ただ取り
ある駒を取るときに別の駒が相手に渡らないこと。逆に、ある駒を取らせるときに別の駒が得られないことを「ただ捨て」と言う。
立会人(たちあいにん)
将棋のタイトル戦において付く対局責任者。タイトル戦の証人として立ち会う。対局の開始宣言や責任審判的な役割を担う。
太刀盛り(たちもり)
将棋盤の目盛り付け作業のこと。
(玉を)立つ
  1. 居玉を続けた後に、玉を前進させること。
  2. 囲いの中での玉を直に一歩進めること。
縦歩(たてふ)、縦歩取り
相掛かりにおいて、先手の場合▲2四歩から歩合わせで△3四の歩を取りに行くのは横歩取りというが、角道を開けた△3四の歩を、先手の場合▲2六にいる浮き飛車を▲3六に寄って取りに行くこと。
楽しみ
将棋では一局の将棋で今すぐどうなるということではなくて今後の展開によっては形勢が良くなるであろうと思われる状況。〈例〉「とりあえずこう指しておいて、楽しみを残す含み」
多面指し(ためんざし)
一度に複数人を相手に指すこと。指導対局などで行われる[12]。人数によって「二面指し」「三面指し」などのように使うこともある。
垂らす、垂らし
歩を敵陣の2~4段目のいずれか(次にと金に成ることが可能な位置)に打つこと。その歩のことは「垂れ歩」と呼ぶ[2]
足りない、足りる
「足りない」は(終盤戦において)攻めがあと一歩届かず、負けになりそうな状態。その逆が「足りる」「足りている」
垂らし、垂らす、垂れ歩(たれふ)
主に歩を使っての表現。持ち駒の歩を次にと金になることができる位置に打っておき、相手にプレッシャーなどを与える手段。
段(目)
将棋盤における縦軸の列番号。棋譜では漢数字で表記する。1から3段目が後手の陣地、7から9段目が先手の陣地として解説される。
段級位制
将棋などで棋士、将棋指しのランク実力を表す指標。
単騎の銀(たんきのぎん)
玉頭銀など、角などの利きを利用して前に進出させる銀の動き。棒銀のような真っすぐの進出方法よりも銀一枚が斜めに動く様を表す。
ダンスの歩
歩によって相手の守りの金を誘い出した後にさらに歩を打ち、最終的に捕獲したり守備駒としての利きを弱めることができるようになる手筋。
単打の歩(たんだのふ)
持ち駒の歩を単に犠牲になるように打つことで、相手に歩をとらせて陣形を乱したり、対処しなければ駒得を図ることができるといった、歩を使った手筋。
単に
副詞。「単に~する」で、候補となる手順のうち単純なものを選ぶことをいう。〈例〉「ここで歩の叩きを入れずに単に取る」
チェスクロック
→ 対局時計
地下鉄飛車(ちかてつびしゃ)
自陣一段目に配置し、攻撃する飛車を表したもので、通常は一段目に他の駒を配備せずに飛車が自由に自陣を行き来できるようにしている状態。玉頭攻めや端攻めに活用される。
力を溜める
すぐに攻めずに相手の駒を取って持ち駒を増やしたり駒を成るなどして、より強力な攻めを狙うこと。
力将棋(ちからしょうぎ)
力戦と同義。
チャトランガ
将棋の元となったとされるインドのゲーム。
中段玉(ちゅうだんぎょく)
玉が自陣からみて三段目以上に位置する状態。玉がこの位置になると相手側からみて寄せにくいとされる。
中合い(ちゅうあい)
飛車や角、香などで遠距離に利く駒での王手に対して玉との中間に味方の連携の無い駒を持ち駒から打つあるいは盤上の駒を配備して、合い駒すること。敢えてそうすることで絶妙手になることもある。
中座飛車(ちゅうざびしゃ)
高飛車の一種。敢えて5段目に飛車を位置させる戦術。中座真が指したのでこの名が付いた。
中将棋(ちゅうしょうぎ)
室町時代から江戸時代にかけて指された古将棋の一つ。現在でも指されている。盤は12×12、駒は21種で敵味方合わせて92枚ある。特に強力な駒としては獅子奔王などが挙げられる。
中盤(ちゅうばん)
一局の将棋で序盤と終盤の間の局面。
窒息する(ちっそくする)
飛車と角が(自分の駒に利きをさまたげられて)数マス動ける特性をまったく発揮できないこと〈例〉「この手を受けるにはひもをつけるだけの窒息した角しかない」
千鳥銀(ちどりぎん)
相掛かりなどで銀がジグザグに進めていく様。千鳥足から連想して命名されている。銀は斜めに後退ができるので、千鳥足に使え、という格言があるほどである。
チャイルドブランド
非常に若くしてデビューし快進撃を続けた羽生世代田中寅彦などの先輩棋士がこのように名付けた。
長考
指し手に時間をかけること。対義語は「早指し
直射(ちょくしゃ)
飛車(竜)・角(馬)・香車の利きに相手の駒が直接当たっていること。
ちょんまげ美濃
陽動振り飛車で生じる美濃囲いで、玉頭にあたる歩が一つ突かれている状態。
ついたて将棋
将棋盤を二つ並べ、真ん中についたてを建ててお互い相手の駒が見えないようにし、自分の駒を進める将棋。
捕まらない
玉が正しく逃げれば詰まない状態。
突き越す(つきこす)
端歩で位を取ること。
突き違い(つきちがい)
相手が突いてきた歩を処理せず、こちらは別の筋の歩を突いてけん制する手段。
突き捨て(つきすて)
歩を前に進め、わざと相手に取らせること。
次の一手(つぎのいって)
アマチュア将棋段位の認定問題など、実力を図る際などや、お好み対局のアトラクションなどで使用される、ある局面で次に指すべき指し手をあてる問題。
付き人
プロの将棋界では師弟関係が形成されているが、昭和年代戦後までしばらくは将棋界でも徒弟制度の流れで内弟子や、付き人として師匠の身の回り雑務をこなすといったことも行われていた。
継ぎ盤(つぎばん)
  1. タイトル戦や公式棋戦の重要対局において対局中の将棋を控室や別室で検討すること。
  2. 二枚の板を継いで作成した将棋盤。
継ぎ歩
歩を突き捨てるか叩いた直後に、さらに叩きを入れること。
突く
(歩を)前進させること。
(~を)作る
「~」には成り駒の名称が入り、例えば角・歩を成ることを「馬を作る」「と金を作る」のように言う。ただし普通次の手ですぐに取られてしまう場合については言わない。
突き歩詰め(つきふづめ)
盤上にある歩を突いて相手玉を詰ますこと。
つっぱる
選択肢が多くどれをさしても互角以上の局面で、自分の駒をたてなおすよりも相手陣のきわどい隙をつきにいく、歩のたたきなどに対して玉で取る、駒を逃げずに相手の駒に取りをかけかえすなど、(正否とは別として)危険志向の手を選ぶ。 〈例〉ここでつっぱりすぎて桂頭を攻めたので悪くしてしまった。
つなぎ桂
「継ぎ桂」とも。自分の桂馬の利きの場所へ打つ桂馬の手筋。特にタダで取らせて桂馬をはねる手筋のこと。
ツノ銀
銀が先手の場合▲6七と4七(後手なら△4三と6三)に配置した陣形。主に中飛車雁木でこの陣形が生じることが多い。
潰れる
囲いが攻め破られること。
詰み
王手された状態で、王手された玉が退路を防がれて完全に逃れられない状態。将棋はこの状態になってゲーム終了となる。
詰むや詰まざるや
江戸時代の詰将棋作品集「将棋無双」の別名で、後に作品集「将棋図考」とともに詰将棋問題集として同タイトルで日本将棋連盟から発行される。
詰将棋
連続王手で詰ます将棋クイズ。詰ます方を攻め方、逃げる玉の方を玉方というが、玉方は盤上以外の駒を全部合駒として使用が許される。
詰めろ
王手や詰みではないが、受けの手を指さなければ相手の次の手から王手の連続で玉が詰む状態。「必至」の記事も参照。
詰めろ逃れの詰めろ
自玉の詰めろを消しつつ、相手玉に詰めろをかける手。
つらい
「不利」「劣勢」とおおよそ同義の語。対局者の立場ではこの手順・局面は嫌だろうという主観的なニュアンスも持つ。
つり上げる
歩を叩くなどして、相手の駒を前へ誘導すること。「つり出す」とも言い、受け手側は「つり出される」と言う。
吊るし桂
  1. 桂馬で詰ませること。
  2. 相手玉側の香車を叩きの歩で吊り上げて、その香取りに打つ桂馬のこと。特に美濃囲いに有効とされる。
盤上の駒を動かしたり持ち駒を打ったりすること。
手合い、手合割
手合いは将棋の対局・対戦カード。初めて指すことは初手合いという。手合い割は実力差がある対局でつける駒落ちハンデの規定。お互いの所有する段級の差を基準として決められることが多い。
手合い違い
将棋の実力差が違いすぎる状態を指す言葉。
手厚い(てあつい)
厚みを重視する堅実な指し方、形。棋風を称する時にも使う[2]。対義語は「軽い」。
手が伸びる
いい手が指せること。〈例〉「急所に手が伸びている」
敵陣(てきじん)
相手から見て三段目、こちらの駒が侵入すると成ることができるゾーン。
手順(てじゅん)
  1. 複数の手の連続したもの。例えば金を動かしてから銀、銀を動かしてから金など、結局同じ形になるように思えても、手順が違えば相手の応手が異なり、全く違う展開になることもある[2]
  2. 手筋。〈例〉「ここからは手順の攻めが続く」
手順前後(てじゅんぜんご)
先に指すべき手と後に指すべき手の順序、「手順」を間違ってしまうこと。特に、それを相手に咎められて、不利になってしまったこと[2]
手将棋(てしょうぎ)
定跡形から外れたために、感覚や力量にまかせて進める力将棋。
手筋(てすじ)
パターン化された部分的な攻め・受けの手順[2]
手損(てぞん)
1手で駒を進められるところを2手かけてしまうなど、手数を余計にかけてしまうこと。特に序盤の角交換などは、相手の左銀を自動的に進めてこちらが手損をしまうことが多いが、敢えて手損をしてまで行う場合もある。
手得
どちらかが相手よりも多く指し手を進めていること。多く指されている状態を「手損」と言う。
手詰まり(てづまり)
ある局面で指すべき有効な指し手がない状態。
手なりでさす
すぐ分かるよさそうな手を連続して選んで局面を進めていくこと。「自然にさす」と同義のこともあるが、若干ニュアンスが異なる。
手になる
攻めが成立していること[2]。〈例〉「これは端を絡めて行って、手になっていますね」
手抜き、手を抜く、手抜く
駒が取られる状態や攻め込まれている状態で放置して別の手を指すこと[2]
手番
攻めの主導権。
手拍子
その後どうなるか考慮せずに、つい思いついた手を指すこと[2]
手待ち(てまち)
攻撃開始前などである程度駒組が進み態勢が整うが有効な指し手がない状態、自分から動くと不利になる際などに、陣形が乱れないようさしさわりない手をさして相手の応手を待つこと。
出る
駒が前に移動すること。
テレビ対局
テレビ局が主催する棋戦で、棋士は対局者が放送スタジオで映像撮影されている状態で指す。
手を戻す
攻めている状態から一転、受けや自陣の整備にまわること[2]
手を渡す
自分から動くと形勢を損ねると判断した時、大勢に影響の無い無難な手を指して、相手に手番を渡し、動きを見ること[2]。「手待ち」とも。
田楽刺し(でんがくざし)
複数の駒(歩が立たない筋、または角行と他の駒のことが多い)がある筋に香車を打ち、価値の高い駒を取る手。
天空の城(てんくうのしろ)
将棋においては玉やその守備駒の配置を表す用語で通常は自陣、つまり一段目~三段目にある玉の周辺の守備駒いわゆる「囲い」は「城」に喩えることもあるが、そのはるか上空である四段目~六段目、つまり天空に存在することを表す。
天竺大将棋(てんじくだいしょうぎ)
古将棋の一つ。盤は16×16、駒は36種で敵味方合わせて156枚ある。火鬼大将など非常に強力な駒が多いのが特徴。
天使の跳躍(てんしのちょうやく)
桂馬が中央に進出する様を指す言葉。
天守閣美濃(てんしゅかくみの)
左美濃囲いのうち、角の頭へ三段玉に構える美濃囲い。
点数制(てんすうせい)
持将棋での勝敗の決め方。
同(どう、おなじく)
同じ場所で駒を取ることを表す言葉で、「同歩」など、棋譜に駒を取ったことを表記する際に使用される。対局解説などでは「どう」と発音されるが、棋譜読み上げは「おなじく」が使用される。
投資する(とうし-)
(駒を)「使う」と同義の語。飛車角を自陣に打って受けに使ったり、金銀を打って囲いを補強したりするときによく用いる。
どうぶつしょうぎ
四種類のどうぶつの名を付けた駒と簡略化された将棋ルールで対戦する将棋で将棋の普及用に開発された。
投了(とうりょう)
敗勢者が相手に負けを宣言すること。これによって対局が終了する。プロの棋戦では一般的に最後詰まされるまでは指さず、こうしたギブアップで勝負が付く。
遠い(とおい)
玉と攻め駒の距離が大きいこと。
トーチカ
ロシア語からきている、コンクリートで堅固に構築した陣地であるが、将棋では居飛車ミレニアム囲いなどの金銀4枚で固めた囲い。
遠見の角(とおみのかく)
相手の陣地から離れた場所へ打ち込むが、自陣の守りよりも攻撃を主眼として睨みを利かせる角のこと。
咎める(とがめる)
相手の緩手、疑問手などを見逃さず、それをきっかけとして動くこと[2]。〈例〉「伸びすぎた歩を咎める」
と金攻め(ときんぜめ)
敵陣にと金を作り、そのと金を動かして相手の囲いの金・銀などを取りにいくこと。相手にとっては犠牲を払ってと金を盤上から消しても、自分が打つ時には歩としてしか使えないため、非常に強力である。
~得(どく)
【接尾語】自分の駒の数が、相手より単純に多い状態になっていること。「銀得」(ぎんどく)、「桂香得」(けいきょうどく)のように言う。歩以外の駒に損得がない場合は、歩の数について「一歩得」(いっぷどく)、三歩得(さんぷどく)のように言い、あるいは枚数を表さずに単に「歩得」(ふどく)とも言う。反対語は「~損」(ぞん)。
特別将棋栄誉賞(とくべつしょうぎえいよしょう)
将棋界で1000勝を達成すると贈られる賞。
独走銀(どくそうぎん)
玉頭銀
毒まんじゅう(どく-)
駒が取れてうまくいくように思えるが、少し考えてみるとその手順で形勢が大きく悪くなってしまうことがわかる場合に、その取れそうな駒を毒まんじゅうという。〈例〉「ここで桂馬を飛車で取ると毒まんじゅうにかかるんですね」
土下座の歩(どけざのふ)
相手の位勝ちなどの緩和を狙い、持ち駒の歩を自陣二段目に控えて打って局面を収めること。
飛び駒、飛び道具(とびどうぐ)
飛車や角、香車など遠くまで利きが利く駒と、駒を飛んで利きが利く桂馬の俗称。
取り込む
相手の囲いの中に自分の駒を前進させて崩すこと。
鳥将棋、禽将棋(とりしょうぎ)
江戸時代に指されていたとされる変則将棋の一つ。
取る
自身の手番の際、盤上の相手の駒の位置に自分の駒を進出すると、相手の駒を自身の持ち駒にすることができる。将棋ではこの行為を「取る」という。
撮る将
将棋イベントなどでプロ棋士の写真を撮るのを専門とする将棋愛好家[3]
頓死
  1. 最善手で対応していれば詰まなかった王手に対し、応手を間違えて詰まされてしまうこと[2]。または詰めろをうっかり見落としたために詰まされること。「トン死」と表記されることが多い。
  2. 将棋から派生し、ライトノベルなどで主人公に対してヒロインが「とん死しろ」と吐き捨てるのがみられることになる[3]

[編集]

泣いている
なりゆきからある駒が放置されたままで役に立っておらず、そのことが形勢に大きく響いている状態。〈例〉「うーん、やっぱり8四の飛車が泣いてますね。どうにかして飛車を使うべきでしたか」
長い将棋
終局まで手数がかかること。
中住まい、中住居(なかずまい)
玉をひとつ上に進めた状態。自陣でみると真ん中に玉が位置するためこの名称がある。
投げ場(なげば)
投了するタイミング
投げる
投了と同義。自分の玉が詰んだか、相手の玉を詰ませる手が無くなり確実に自分の玉が先に詰むと判断した場合に負けを宣言すること。語源は駒台がなかった時代に、負けを認めた側が手持ちの駒を盤上に投げて降参していたことによる。現在は駒台の上に手をのせるしぐさにそのなごりが残っている。
なしおくん
相手の攻撃に対して受けがないときにつかう。〈例〉「これ以上はなしおくんです」
生角(なまかく)
角専門で使われる言葉。盤上の角の意味。持ち駒状態の角は「持ち角」。駒のランク的に生角<持ち角<馬という図式がある。
七冠(ななかん)
現在は叡王戦が加わったので8冠であるが、それまではタイトル戦は七つであり、これをすべて制すると七冠。
ナマズ
成らずの別称。なまり。シャレ。相手の駒の不成を確認するのに「ナマズですか」などと利用される。
斜め駒
斜め後ろに引ける銀や角のこと。「斜め駒が(手持ち駒の中に)ないので詰まない」(斜め駒Z)などと言う。
何をやっているのかわからない
何手も手を進めたのに、結果として指した手順が無意味であること。
倣(なら)いある手/筋
似たパターンの局面で頻繁に出てくる知っておくべき好手順。
並べ詰み
持ち駒を連続して打てば容易に詰む状態[2]。「並べていけば詰む」とも言う。
不成、成らず(ならず)
成ることができる駒でも、成ることができる場所(敵陣)まで進出しても、行きどころのない駒でなければ、成らなくてもよい。そうして敢えて成らないことを不成と表現している。
成り
相手の陣地(敵陣)、相手から見て三段目に駒を進めると、裏返して本来の駒よりも性能のよい駒になることができる。これを駒が「成る」と呼び、この成るという状態を成りと呼んでいる。また敵陣に打つと同時には成れないが、敵陣に打った駒や不成で敵陣に入った駒は、どこに動いても(敵陣内での移動・敵陣から出た場合ともに)成ることができる。成り上がりなどの言葉の語源。駒のうち、王と金は成ることができない。
成駒成金
成った状態の駒。駒のうちで銀、桂、香、歩は成ると金と同じ性能になるので、特にこれらの成駒を「成金」というが、ここから一般用語・慣用句でつかわれる成り金の語源となる。
成り捨て
相手の駒を取らずに成り、相手にその駒を取らせること。自分の邪魔駒を消したり、相手の守備駒の移動を強いたりする効果がある[2]
成り捨ての歩(なりすてのふ)
歩で行う成り捨てのことで、相手陣形乱しのや、同筋に持ち駒の歩を打ちたいときに成り捨てることで二歩を防ぐなどの狙いがある。
成り込み
飛車・角を相手の陣地へと数マス移動させて成ること。
難解
特にこれがよさそうという手が見当たらず次の手に候補が多いため、先手と後手のどちらがよいのかはっきりしないさま。完全に互角の場合、しばらく先に気づきにくい好手があってどちらかが有望になることが対局後に判明する場合、どちらかが有利だがそれ以上形勢をよくするとなるとよく分からない場合に分かれる。
難局(なんきょく)
相手に攻められて困難な状況の局面。難局を乗り切るなどと表現される。この他、検討してみると難しい将棋になる局面。
南禅寺の戦い(なんぜんじのたたかい)
昭和12年に京都の南禅寺で行われた対局。
何でもない
詰めろなどの危険な状況にならせていないこと、なっていないこと。〈例〉「この瞬間が何でもないので、相手玉に必至をかければ勝ちだ」
逃げる
駒を取られない位置に動かすこと。助詞の「を」を用いて「飛車を逃げる」のように言うことが多い(能格動詞参照)。
27点法、24点法
入玉になった際に、大駒5点、小駒1点と点数をつけてその所有数(点数)で勝敗を決めるやり方。27点法はどちらかが所有駒点27点(つまり過半数)に達している方を勝ちとする方法で、主にアマチュアのトーナメントで採用されている。24点法は所有駒点24点に達している方を勝利とし、双方が達している場合は引き分けとして指し直すというもので、プロの棋戦で採用されている。
二段桂(にだんけい)
→つなぎ桂
二丁飛車(にちょうびしゃ)二枚飛車(にまいびしゃ)
飛車を二枚所有して敵陣に配備し攻撃する方法。当然ながら飛車の一つは相手の飛車だったもの。
二手すき(にてすき)
相手に詰めろをかけるための指し手があとまだふたつあること。
二歩(にふ)
反則のひとつで、歩は同じ筋に自分の歩があると、持ち駒の歩を打つことができない。なお二歩厳禁は一歩千金をもじったもの。
二歩突き切り(にふつききり)
主に二枚落ちの駒落ち戦で下手がつかう戦術で、3筋と4筋という二つの歩の位を取って指す定跡。相手に角がないので位が取り易い面がある。
二枚替え(にまいがえ)
対局者甲の駒2枚(歩を除く)がもう一方の乙の持ち駒になり、乙の駒1枚(歩を除く)が甲の持ち駒になること。たとえば、自分の角1枚と相手の金・銀とを交換することは駒得であるとされる。
二枚落ち(にまいおち)
上手が飛車と角を落として戦う駒落ち戦。
日本将棋大系(にほんしょうぎたいけい)
将棋の古典的棋士の棋譜を解説する叢書。
日本アマチュア将棋連盟
アマチュア将棋界の将棋団体。
日本将棋連盟 (にほんしょうぎれんめい)
四段以上の専門棋士によって組織運営されている連盟・公益社団法人。
日本女子プロ将棋協会
日本将棋連盟に所属する女流棋士の中から17人の女流棋士が独立して起こされた団体。
入城(にゅうじょう)
玉が城に入ることを表現したもので、矢倉囲いの場合は、まず金銀など守備駒を先に配置し城を完成させ、そこに玉が入っていく場合が多い。
入玉(にゅうぎょく)
相手陣、相手から見て三段目に自分の玉が入ること。お互いの玉が相手陣に入った場合、双方詰む状態にならないため、点数規定を設けて勝敗が決められている。
入玉宣言法(にゅうりょくせんげんほう)
2013年からプロの公式棋戦で採用されて以降、アマチュア大会においても採用されている。それまではお互いで持将棋の同意が必要であった。
入玉模様(にゅうぎょくもよう)
まだ入玉はしていないが、上部に逃げて将来的に入玉になりそうな様子の事。
入品(にゅうほん)
将棋では奨励会で段に昇段すること。
にらむ、にらみを利かせる
自分の角などを利きライン上に相手の駒がいること。別の駒がいる状態で効いている場合は間接的ににらんでいるという。〈例〉「角が相手を睨んでいる」
人間将棋(にんげんしょうぎ)
人間を将棋の駒に見立てて行われるアトラクション。
人間には指せない手
コンピューターの挙げる候補手が、攻めあうよりも露骨に耐える順であったり、自玉を放置するギリギリの攻めあいであったり、何かうまいしかけのありそうな局面でのそれに影響しなさそうな手待ちであったり、互角っぽいのに先手で千日手を選ぶ展開であったりして、(正否は別として)人間が心理的に選びにくいものであること。解説でよく用いられる。〈例〉ここで4四銀? はーなるほど、しかし怖すぎて人間にはさせない手ですねこれは。え、さした? 〇〇八段が勝負手に出ましたねえこれ以外は勝てないと踏みましたか。
抜く
  1. 飛車・角・香車の利きを止めていた駒が動いたことで(飛車・角・香車で)ある駒が取れる状態になり、その駒をただで取ること。「素抜く」ともいう。
  2. 対局者甲の王手が乙の玉と乙の重要な駒の両取りになって、(乙の玉を守る手の後で)甲が乙の重要な駒をただで取ること。
ぬるぬる
玉の逃げ道(特に上部への逃げ道)がきわどく通っていて、(ウナギのように)なかなかつかまらない様子。
捻り合い(ねじりあい)
中盤から終盤において、研究が進んでおらず優劣不明な、非常に難解で緊迫した局面。〈例〉「先手の構想はうまく行かなかったが、なんとか捻り合いに持ち込んだ」
ネタ将
SNSなどで将棋界、将棋に関する話題を集めて面白い意見を述べる愛好家[3]
根絶やし(ねだやし)
有利な局面で、次に相手になにも継続攻撃できないような受け。またそうした指し手およびそうした指し手順ばかりを指して相手になにもできないようにすること。類似語に「友達なくす手」がある。
ネット将棋
パソコン・インターネット回線を通じて行われる対局。オンライン対局などとも。ネット将棋の対義語の、従来の盤をはさんで向かい合っての対局はリアル将棋と呼んで区分していることもある。
年齢制限(ねんれいせいげん)
将棋界では奨励会や女流育成会で設けられている条件。
ノータイム
持ち時間を使うことなくすぐに指すこと。
脳内盤(のうないばん)
将棋の一局で次の一手・最善手を読んでいる状態や、詰将棋の手順を考える際に使われる盤。脳内に盤があるかのように頭の中だけで将棋の駒を自由に動かすさまを指してこのようにいわれる。
逃れている
「うまく玉が逃げればつまない」を言い換えた語。詰みの可能性がある局面について用いる。〈例〉「この順は打歩詰めで逃れていますね」
残す
相手の攻めがぎりぎりで決定打に至らず、なんとか勝ちになること。「余す」とも[2]
覗く(のぞく)
角を動かして他の筋に利かせること。
伸ばす
歩を前進させること。「突く」とは違い、駒組み段階でまだ他の歩などとぶつからない時に言う。「伸びすぎる」と言う場合は、伸ばした歩が取られてしまったりキズになっていることを指す。
(手が)伸びる
ある手を指したとき、その先に発展性が見込めること。

[編集]

敗勢
形勢が非常に不利な局面。
敗着
直接的に負ける原因となった悪手。ただし、明確な敗着がなく、いくつかの緩手や疑問手で決する局もある[2]
入る、入らない
  1. 局面の展開の中で、ある手をさしうるタイミングが数パターンあるとき、その手がのちに有効にはたらくタイミングである、または相手がシンプルに応じざるを得ないタイミングであることを「入る」といい、手抜きされたり、うまい切り返しがあったりしてそれをささないほうがよいタイミングであることを「入らない」という。〈例〉「1五歩が入らなくなることを懸念して早めに突き捨てたが、感想戦では相手はもっとあとでも取るとのことだった」
  2. 中盤に入るまでの手順の中で、手数的にある手をさす手がまにあうことを「入る」、まにあわないことを「入らない」という。また序盤~中盤の途中で、展開にかなり影響するような焦点となる手がさされている場合を「入っている」、さされていない場合を「入っていない」という。〈例〉「歩突きが入っているとしかけが成立する」
剥がす(はがす)
相手の囲いで要となる駒(特に金・銀)を盤上から無くすこと[2]
はさみ将棋
将棋ゲームのひとつで、歩兵の駒一種類を使って行われる将棋。相手の駒を自分の駒で挟んだら取ることができる。
端(はし)
1筋あるいは9筋のこと。「端攻め」と言えば、端の方から攻めること。
端角
角行を定位置から盤の端筋、先手なら8八から9七、後手なら2二から1三に移動させた角の姿。角をこうして活用する戦法を端角戦法という。
端玉(はしぎょく)
盤の端つまり1筋や9筋に位置するもしくは追われて端に詰められた玉形。但し穴熊のような1一や9九の地点のものではなく、香車の上に位置するものをいう。
端歩(はしふ)
盤の端つまり1筋や9筋にある歩。
弾く(はじく)
玉に迫ってきた大駒に当てる形で指し、大駒は逃げるしか手のない状態のこと。特に囲いを補強する金や銀を打つこと。
走り駒
特定の方向に何マスでも動かせる(ただし飛び越えられない)駒のこと。具体的には、(本将棋では)香車、角(馬)、飛車(竜)が該当する。
走る
飛車(竜)あるいは香車が数段前進すること[2]
端を詰める(取る)
1筋または9筋について、対局者のどちらかの歩が、1五または9五を占め、位をとること。
パス
  1. 指す意味が無く、無駄な手のこと。〈例〉「一手パスしたが、結局大差をつけて勝った」
  2. 将棋には他のターン制のゲームで言う「一手休み」は無いが、「手を渡す」と同様の用法で使う。〈例〉「一手パスして様子を見る」
はずす
  1. 玉に迫っている相手の駒を、手の流れの中でスムーズに除去すること。時に「抜く」と同義。〈例〉「5四銀から王手で金をはずせる順があるので後手よしだ」
  2. 「研究/定跡/(戦法名) をはずす」で用いて、既存の想定された展開にならないように意図的に別の手をさすことをいう。〈例〉「お、三間はずして矢倉ですか。振り党風情が矢倉わかるんですか?」
裸玉(はだかぎょく)
  1. 周りの駒がなく単独でいる玉の状態。終盤戦で相手の攻めにより囲いが完全に消滅した場合などに起こる。
  2. 駒落ちの極端な例で、上手が玉以外の全ての駒を落とすもの(19枚落ち)。
働き(はたらき)
盤上の駒の機能や作用、利き具合。
81Dojo(はちじゅういちどうじょう)
日本将棋連盟後援のオンライン対局サイト。
八枚落ち(はちまいおち)
上手が八枚落として行われる駒落ち戦で、上手は玉と金、歩のみ。
ハッチを閉める
玉を穴熊に囲うときに、玉の小鬢を塞ぐこと。銀であることが圧倒的に多い。
初手合い(はつてあい)
公式戦において初めて対局する組み合わせ。
八方桂(はっぽうけい)
桂馬がチェスのナイトのように後ろや横など八方に利く特別ルールで行われる将棋。四枚落ちの際に上手がこれを採用して指したりする。
離れ駒(はなれごま)
味方連携がなく、ひとつ孤立している駒。高美濃から銀冠に組み替える際に生じる離れ駒などが有名。
離れる
浮くと同義。駒の利きがなくなること。
跳ね違い
相手と自分の桂馬の利きが重なった時、相手の桂馬をとらない方へ自分の桂馬を動かすこと。
跳ねる
桂馬が動くこと。桂跳ねも参照。
羽生世代
羽生善治と同年代の棋士。この世代が棋界の歴代成績が特出している。
羽生マジック
羽生善治が指す、通常思い浮かばない妙手を表した言葉。
はまる
  1. 相手が大きく有利になるような(一見普通そうな)手順に入る危険な手をさすこと。
  2. 相手の研究の想定通りの手をさし、序盤から中盤はじめにかけて相手に大きな優位を築かれること。
はめる
研究通りの展開に持ちこんで知識量の差で大優勢を築くこと。アマチュアが口頭で用いる俗語的な用語。 <例>「ああ研究ではめられたー」「いや定跡ですよこれ」
嵌め手、ハメ手
「ひっかけ」の手。厳しい狙いがあるものの、それを看破されると容易に不利になる手。
速い
詰めろ、必至、王手などがかかるまでの手数が少ない様子。
バランスを取る
穴熊など戦法によっては玉の囲いとしては固いが陣形としてはバランスが良いわけではない。このため、陣形的に駒の配置バランスを重視した指し方をする将棋もある。またこの他に、局面に応じた攻めと受けを心がけることにも使用される。
早石田(はやいしだ)
開始早々いきなり決戦となる石田流。嵌め手や奇襲戦法によく分類がなされる。
早囲い(はやがこい)
玉の囲いが通常よりも早く完成することでこの名がある囲いには、壁囲い矢倉早囲いなどが有名。
早繰り銀(はやくりぎん)
居飛車で右銀を千鳥銀の要領で早くに敵陣に繰り出す戦法。先手なら4筋→3筋→2筋、後手なら6筋→7筋→8筋と繰り出す。
早仕掛け(はやじかけ)
急戦奇襲戦法などでの仕掛けを特に早仕掛と呼んでいるが、特に対振り飛車の舟囲い居飛車急戦での3五歩早仕掛けや4五歩早仕掛けなどが有名。
早見え(はやみえ)
指し手が早くかつ多く読めるというより、どう指すのがよいのか迷う局面でも早く指し手が決断できて着手できる場合にこう呼ばれる。
早指し(はやさし)
1.指し手が速いこと。指し手を決めるまでの時間が短いこと。対義語は「長考」。2.持ち時間の少ない将棋。秒読みでの将棋。
早逃げ(はやにげ)
相手から攻められる前に、あらかじめ玉を安全な位置に移動させておくこと。
早投げ(はやなげ)
少ない手数でのうちに投了することや少し形勢を損ねたくらいで投了すること。
腹(はら)
玉の真横のこと。玉頭と並ぶ急所であり、そこに打つ銀もしくは金を腹銀(はらぎん)、腹金(はらきん)と呼ぶ。銀は王手にはならないが、玉の逃げ道を縛る重要な一手となる。
払う
相手の邪魔な駒を取ること。放置しておくとやっかいな駒を取り除くなどのこと。
バラす
相手の玉を囲っている駒と自分の攻め駒とを清算して、相手の玉を裸にすること。「清算する」と同義。その後に相手の玉を寄せるための準備である場合が多い。
張り付く
金・銀(成銀)・と金・成桂・成香を相手の囲いの駒に当てる。
盤覆い(ばんおおい)
5寸将棋盤をしまっておくときにかぶせておく覆い。
盤外戦術、盤外戦(ばんがいせん)
ある対局に際して、盤上攻防以外のことで相手の動揺を誘う心理作戦で優位に立とうとすることで、プロのタイトル戦などで幾つかみられているが、一方で本人に心理作戦の意識はないが結果そうなってしまっている場合に、一方の相手や周囲、マスコミなどが盤外戦に捉えてしまうこともある。
半香(はんきょう)
香落ちで指すこと。
盤寿(ばんじゅ)
将棋愛好家の81歳のお祝い。81は升目の数から。
盤上(ばんじょう)
将棋盤の盤面や対局中の状態。〈例〉「盤上この一手」「皆様本日も盤上の攻防をお楽しみください」
盤側(ばんそく)
タイトル戦などでの対局中に関わる周囲の人々を表す言葉。
番勝負(ばんしょうぶ)
将棋でもタイトル戦などや棋戦の決勝などで採用されている、数番指して先に何勝した方が勝ちという勝敗決定形式。
番太郎駒(ばんたろうこま)
草書体の駒で、山形県天童市で生産されている。
反省する(はんせいする)
ある手順を読んでそれを実行しようとしたが、相手の応手や表情からこちらが悪くなる手順に入ってしまうことに途中で気づいたため、形勢を多少悪くすることを覚悟して、さしあたり必要な手をさす〈例〉「ここで詰めろをかけようとしたが、角の王手で抜く筋があったので反省して玉をかわした」
パンツを脱ぐ
穴熊囲いをなす桂馬が動くこと。例えば先手の居飛車穴熊なら▲8九が元の位置から▲9七や▲7七に跳ねて動くこと[2]。穴熊囲いで、守備の桂馬を動かせる、またはその動かない桂馬を取って玉に迫ることを「パンツを脱がす」という。
反発(はんぱつ)
相手の攻めを受けたとき、守備一辺倒にならずに攻め返すこと。
半分返し(はんぶんかえし)
将棋では指し手を決める際の目安時間において、一般のお祝い金をもらった時のお返しとして半分ぐらいの値段で返すことではなく、相手の長考で持ち時間をリードした際にその半分まで考えても有利として、相手の考慮時間の半分くらいの時間で着手を返すこと。
B面攻撃
矢倉戦などで、相手の攻め駒(主に飛車、角)を逆に責めること。
B級
順位戦のクラス。B級1組とB級2組がある。
B級戦法
控室(ひかえしつ)
将棋では現在とりおこなわれている対局をほかの棋士がリアルタイムに検討するために集まる部屋。
控える
攻め駒を直接相手陣に打つのではなく、後々の攻めのために後方へ打っておくこと。
控えの桂、控えの歩
持ち駒を直接相手の駒にあたるように打つのではなく、後方に控えて打ち、そして桂馬なら跳ね出しを狙う指し方を控えの桂、歩ならさがったところから打って次に厳しい手を狙うなどの手筋を控えの歩という。
悲観する、悲観的
対局中において実際の形勢よりも自分にとって不利であると(誤って)判断すること。〈例〉「この順は先手が手厚いので後手は悲観したのでしょうか」 対義語には「楽観する」。
引き角
角行を定位置から、先手なら8八から7九、後手なら2二から3一に移動して使用する姿。この状態で使用する戦法を引き角戦法と呼ぶ。
引く
1.「後手を引く」など。2.後ろに動かせる駒をバックさせること。棋譜の表現方法では飛車や金将など真っすぐ引くことが可能な駒の場合で、自分の同じ駒が盤上の同じ筋にいる際に、前の駒を後進させることを飛車引、金引と表す。後ろの駒を前進させた場合は飛車は飛車行、金は金直と表す。
飛車落ち(ひしゃおち)
上手が飛車を落として指す駒落ち戦。
飛車先(ひしゃさき)
初期位置の飛車の前にある歩のこと。「飛車先を切る」といえば、これを相手に歩でとらせた後で飛車で歩を取り返すとともに飛車の利きをよくすることを指す。
飛車先交換
飛車の前方を飛車先といい、飛車の前方にある歩を切り、持ち駒にすること。前方にある歩は歩の突き捨てで、相手の歩と交換をしているのでこう呼ばれる。飛車先交換は色々得になるという格言もあるが、逆に交換されるのを利用して逆襲する手段や、ノーガード戦法のように相手の飛車先交換を逆利用する指し方もある。
飛車先不突き
飛車先不突矢倉など、居飛車戦法であっても飛車の前方の歩を序盤に突かずに駒組をすすめること。
必至、必死(ひっし)
「詰めろ」の内、かけられた側がどう受けても次に玉が詰む状態[2]
必勝(ひっしょう)
勝つことが確実な状況。対義語は必敗。
左馬(ひだりうま)
を鏡文字にしたもので逆馬とも呼ばれ、諸説あるが縁起がいいとされている。
左美濃
美濃囲いは振り飛車用の囲いで通常右に囲いができるが、対振り飛車の居飛車戦法で使用すると左にできるので、相手の振り飛車に対比してこう呼ばれる。近年では相居飛車とくに対矢倉の作戦としても使用される。
ビッグ4
金銀四枚で築く銀冠型の居飛車穴熊。史上最強の囲いとも呼ばれた。
ぴったり
歩以外の持ち駒を余らせることなく詰ませること。変化によっては必要になる駒が余る場合も含める。〈例〉「最後は銀を打ってぴったり詰みですね」
ひどい
  1. 勝敗の如何にかかわらず、内容が悪い将棋を指したこと。
  2. あまりにも不利な局面になる様子。
ヒドショウ
ひどい将棋の略称。自分のひどかった出来の将棋を自嘲して呼ぶ。〈例〉「あの一局はヒドショウでしたからねえ」[3]
一組(ひとくみ)
例えば「三手一組」であれば、自分がある一手を指すと相手も特定の手を選ぶしかなく、さらにその手に対しての自分の手番での好手がある場合を指す。ただし詰みまでの手順には使われない。
一目(ひとめ)
第一感と同義。〈例〉「この王手は一目取っても詰みませんね」
一人終盤戦
自玉だけが攻められ・寄せられており、敵玉には攻めのとっかかりすらない状態。「一人だけが終盤戦になっている」の意味から。棋力に差があったりや一方的な将棋になってしまう場合に一人だけ終盤あいてはまだ中盤という意味の皮肉。
一人千日手
対局者一方だけが同じ手順を繰り返して相手の様子をうかがっているだけの状態。
響く
攻めが通用すること。逆に攻めが効果的でない場合は「響かない」という。
ひふみんアイ
加藤一二三が行っていた、相手の背後に回って相手の視点から盤上の局面を見ることをいう。特に反則ではない。また2017年に発表された加藤のデビュー曲のタイトルでもある。
ひも
もしも駒A(歩以外)を相手の駒Bで取られても、駒Bを自分の駒Cで取り返せるような状態にあるとき、駒Cのことを「ひも」と言う。「駒Aに(駒Cの)ひもがついている」という言い方もある。〈例〉「自分の飛車が相手の角の利きに入っているが、歩のひもがついているからただ捨てにはならない」
百番指し
棋戦において、ある二人の棋士同士の対局数が100局に達すること。お互いがタイトル戦などに頻繁に登場すると生じることが多い。
秒読み
持ち時間を使い切りあるいは使い切りそうな場合、1分以内で指すように秒単位で計測タイムを呼んでもらうこと及びその状況下。
秒に追われる
着手のタイムリミットを示す対局時計のビ―プ音のカウントにあせって、確信の持てない、または読みの裏付けのない手をさしてしまうこと。〈例〉「秒に追われた手がつめろでなかったのできわどくなってしまった」
評価値(ひょうかち)
コンピュータソフトが駒の効きや配置、駒得の差などを基に形勢判断した結果を表した数値。評価値0は全くの互角を表し、有利な方をプラス、不利な方をマイナスで合計が0になるように評価される。同じ局面でもソフトやバージョンごとに数値は違うが、人間の感覚としてはおおむね+-300以内なら互角、500-800で有利不利が分かるようになり、1000-2000で優勢、2000以上で勝勢と見られることが多い。即詰みや必至などの理由で事実上勝敗が決している場合は、絶対値は「∞」か、表現できる最大値(例えば「9999」など)で表現されるほか、ソフトによっては「Mate:XX」(XXは完全に詰むまでの手数)という形式で表される。
人間同士が指す対局で用いられることもあるが、残りの持ち時間や局面により指しやすい(分かりやすい)かそうでないかの違いなどがあるため、一概に評価値が高い方が有利とも言えない。また、あくまでコンピュータが最善手を指し続けたと仮定しての数値であるため、一手で激変することも珍しくない。
平手(ひらて)
お互いが駒をおとすハンデを付けずに指す将棋。
平箱(ひらばこ)
高級駒を奇麗に並べてしまうことができる平べったい箱。
広い
動ける(逃げられる)範囲が多い。玉が広い、囲いが広いのようにいう。
拾う
攻め駒を補充するために駒(特に、盤面の隅にある桂、香)を取ること。
フィッシャーモード
フィッシャー方式は持ち時間にプラスして一手指すごとに10秒加算など、一定の秒数が加算されていく方式。
ブリッツ
切れ負け将棋とは違って、ブザー音で早く指せと催促合図を示す秒将棋方式。
VS(ブイエス)
一対一で行う研究会
封じ手
2日制タイトル戦などで、1日目の終わりに手番側が明日指す指し手を用紙に記載し、封筒に封じて保管するもの。
封じる
攻めを受け切ることや、攻めてくる前に対処しておいて相手に有効な攻撃が出来ないようにすること。
歩頭の桂(ふがしらのけい)
相手の歩の頭に桂馬を打ち、同歩の一手で囲いを崩壊させる手筋のこと。「矢倉崩しの歩頭の桂」という言葉もある。
歩切れ(ふぎれ)
持ち駒に歩がないこと。
含み(ふくみ)
いろいろな可能性を残した指し方。
歩内銀(ふないぎん)
ツノ銀など、銀を自陣の歩の下に配した陣形。
歩越銀(ふごしぎん)
歩内銀とは逆に、銀を自陣の歩の上に配した陣形。早繰り銀などで生じるが、銀を5筋の歩の上に配した陣形の場合は特に腰掛け銀と呼んでいる。
符号(ふごう)
将棋の符号はある地点に盤上の駒を動かすときに表される表し方として示されている。
歩三兵(ふさんびょう)歩三歩(ふさんふ)
駒落ち将棋で、上手が王と歩3つの持ち駒で戦うもの。余興将棋で、特別ルールとして上手側は二歩がゆるされる場合もある。
蓋歩(ふたふ)
走ってきた飛車や打ちこまれた飛車の後ろに歩を打つ手筋のこと。「蓋をする」とも言う。特に飛車先の歩を交換した後の8五歩を指す。ひもが付いていて取れない、もしくは取れば厳しい手がある状態。
不戦勝、不戦敗(ふせんぱい)
プロ棋戦では休場や棄権、大幅な遅刻など規定により失格になる場合もある。遅刻については遅刻した時間の3倍の時間が持ち時間から引かれるため、持ち時間の3分の1の時間遅刻するとアウト。
負担になる(ふたんになる)
有効だと思ってせっかく打ったり前に進めたりした駒が、かえって相手からの攻撃の目標になってしまうこと。特に攻めの手や攻めの拠点を作る手について言う。
ぶつかる、ぶつける
  1. 駒組みを終えて、戦端を開くこと。
  2. 相手の駒の利きに自分の駒を指すか打って、交換を強要すること。
船囲い急戦
対振り飛車側が舟囲いで指す急戦。対振り飛車用の急戦の指し方は左美濃や簡易の居飛車穴熊に囲ってもできることから、舟囲いでの場合は特に早仕掛けとなる。
不満がない(ふまん-)
有利か、あるいは少なくとも五分五分の局面・展開になること。
フリークラス
プロの将棋界では順位戦のクラスに属さない棋士の制度を設けており、これをフリークラスと呼んでいる。
振り駒(ふりごま)
手番を決める際の方法のひとつ。上位者の駒を奇数とり、振り落として表裏の出た数によって決定される。
振り歩先(ふりふせん)
振りごまで歩の面が多く出る方の対局者。基本的には上位者。
振り飛車党
振り飛車を対局に多く用いる人。振り飛車を得意にする人。
震える
優勢であるのにそれを意識しすぎ、指し手が萎縮してしまうこと。もちろん震えてしまい指すべき手を指せねば形勢の差は縮まってしまい、逆転に至ることもある[2]
ブレイク
主にタイトル戦番勝負において、後手番で勝つこと。テニス用語由来[13]
文化芸術基本法(旧・文化芸術振興基本法)
将棋もこの法律の対象となっているため、国から振興に関する国庫補助(助成金)国家予算が日本将棋連盟に支給されている。
ふんどしの桂
桂馬で両取りをかけること。桂馬のふんどしとも。その形がに似ていることから。
ペア将棋
お好み対局などで行われる、二人一組で行われる将棋対局。
平安将棋(へいあんしょうぎ)
鎌倉時代初期に編纂されたとされる習俗事典『二中歴』に掲載されている将棋。
へぼ将棋
初心者や級位者の指す、上位者有段者からみて技術技量が未熟で劣ると感じる将棋。へたな将棋。
変化
  1. ある局面から進行する手順として考えられる、それぞれの候補手順・選択肢。
  2. (「変化する」の形で)定跡形での進行途中で定跡から離れた一手を指し、違う展開を目指すこと(相撲用語変化 に由来か)。
変則将棋(へんそくしょうぎ)
はさみ将棋や将棋崩しなどの将棋ゲーム。一般のルール将棋は本将棋と呼んでこれらと区分される。
(局面が)飽和する
それをさすことによって多少はメリットのあるような手が先手と後手ともになくなり、どちらかがしかけるか、パスに近い無難な手待ちをするかを強いられる段階になること。一部の戦型で出現する。
ポカ
(不注意から指した)大きな悪手
ほぐす
盤上の駒が密集している地点において、お互い駒を取り合うことで、局面を分かりやすくすること。
保険をかける
勝ちの局面で、万が一にも負けないように、自玉を絶対に詰まない形にして安全にしておくこと。
細い(攻め)
攻め駒が少なく、すぐに切れてしまいそうなこと。
ほっとく、ほおっておく
指し手に「応じる」の逆。「手抜き、手を抜く」と同じ意味であるが、指し手にすぐ対処しないで指された手をしばらく放置の意味で用いられる。
彫駒(ほりごま)彫り埋め駒
駒の文字を駒木地に彫り込んで作っている駒で、文字を彫り込み漆を埋めを繰り返してつくる彫り埋め駒や深彫り駒など、種類も幾つかある。
本将棋(ほんしょうぎ)
通常の将棋をはさみ将棋や将棋崩しなどの変則将棋と区分してこう呼ばれる。
本手(ほんて)
本筋の手。
凡手
大して有効にならないつまらない手。
本筋(ほんすじ)
  1. 多くの対局からつちかわれた感覚に照らして、おおよそ悪手にならないような、王道的な手。
  2. 定跡について、双方の妥当な手の応酬によって進行する手順。指し手の選択による(手順の)分岐のうち、解説の本線となるもの。
本譜(ほんぷ)
実際の指し手通りの進行のこと。〈例〉本譜ではここから角を打ったが、銀だったらどう変化したか検討した。

[編集]

魔訶大々将棋(まかだいだいしょうぎ)
平安時代から室町にかけて指されたとされる古将棋。
まぎれ
読むべき手順が入り組んでいるために読み間違える可能性。
紛れる(まぎれる)
優勢な局面から互角程度まで持ち直されること。
負け下(まけした)
負けが続いて落ち込んでいくさま。
負けになる、負けにする
まだ対局は終了していないが、もはや敗戦が決定的な状態に陥ること。
升田幸三賞
毎年新手や話題となった新戦術、新戦法に対して贈られる賞。数々の新手や新戦術、新戦法を編み出した升田幸三にちなむ。
まちがえる
指し手のミス。
待ち駒
終盤の寄せで相手の玉の退路を封鎖(縛り)するために、持ち駒にある金や銀などの駒を打って封鎖すること。
待った
指し手を戻してもらう反則のこと。
マッハの寄せ
谷川浩司による終盤の寄せの速さの場合は「光速の寄せ」と呼ばれるが、他の棋士の場合で早い終盤の寄せの様はマッハの寄せと呼んで区別している[3]
まとめる、まとめあげる
金銀の連結が弱いかわりに広い範囲をカバーした配置をうまく維持して優勢な局面にもっていく。〈例〉「彼は綱渡りで玉形をまとめるのがうまい」
真似将棋
相手と同じ指し方・陣を指す将棋。
マムシ
マムシのと金」(と金で囲いの駒を取りにいくのは強力であることを言う比喩表現)からその省略としてと金を単にマムシと呼ぶことがある。
丸山ワクチン
ゴキゲン中飛車に対して角交換する指し方。丸山忠久が指した新手なのでこう呼ばれる。
回る
飛車の筋を変えること。また、縦横に大きく移動させることを「飛車の大転回」と呼ぶ。
回り将棋
将棋駒を使ってすごろくのようにあそぶゲーム。
満足
  1. 形勢の程度を表す語の一。ほぼ互角か、ややよしに当たる。「若干不利から互角になるのでそれで十分許せる」「本筋っぽくないひねった手順なので多少よくなるぐらいでも成功とみなしてよい」「後手で先攻できてしかもいくらか有利なので採用する」など、相対的評価のニュアンスが加わる。
  2. 不利な状況だがその中でもかなりマシな手がさせて、(最善かはわからないが)妥協してそのあとの展開で挽回しようという気になるさま〈例〉「竜ができるのでこの順で満足しないといけませんかね」
見落とし
勝手な読みをして相手の有効手を見逃して将棋を進め、指し手を相手に咎められてしまうこと。
見えている
「~という手がある」と同義の表現。「次の○○が見えている」のように用いる。
見える
直感的に指し手を把握すること。
右玉
居飛車将棋の構えで右に玉を配備すること。王飛接近すべからずという格言があるが、王飛が接近する形となるが敢えてこのように指す作戦である。
見せる
相手にとって嫌な手が次に来るような手。〈例〉「次に馬による両取りを見せる」
水無瀬駒
室町時代の公家、水無瀬兼成の書体によって作られた駒。駒 (将棋)#書体参照。
都詰め(みやこづめ)
玉が5五(盤面の中央)の位置で詰まされること。
妙手(みょうしゅ)
非常に良い手。特に、指されるまで予想できなかった場合に用いられる。
未来がない(みらい-)
  1. 一応はこれ以上の形勢の悪化を防げるが、かといって形勢がよくなる手順になりそうもない、結局敗北へ向かう選択肢を形容していう語。
  2. ある玉の逃げるルートがあからさまに危険なさま。〈例〉「右上に逃げるのは未来がなさそうなので左上にいきます」
見る将(みるしょう)
将棋の観戦を主とする愛好者。
無駄合い(むだあい)
合い駒をしてもその駒がただで取られるだけの場合をいう。詰将棋では手数にカウントされない。
無理筋(むりすじ)
本筋、すなわち正しい手順から外れた、正しく応じれば不利になる手順。無理攻めとほぼ同義。
無理攻め(むりぜめ)
相手に正しく応じられると、効果がなかったり、かえって損になったりする攻め。無理筋とほぼ同義。
名局(めいきょく)
対局のうち著名かつ対局者を代表する対局。
名誉名人(めいよめいじん)
世襲制名人時代には制度上一人しかなれなかったので、名人格の実力者に「名誉名人」の称号を与えている。
名誉王座(めいよおうざ)
将棋は王座戦に関しては、主催者が囲碁と将棋で同じなため、「永世」ではなく、囲碁界に倣い「名誉」を使用している。
目隠し将棋、めくら将棋
おもに棋士が目隠しをして頭の中に盤の配置を思い浮かべ指し手を記憶しながら指す将棋。
目から火が出る(めからひがでる)
自分のミスにより、王手飛車取りをかけられること。「目から火の出る王手飛車」とも言う。
目盛り(めもり)
将棋では将棋盤の桝を区切る線のこと。
免状(めんじょう)
段級位を獲得したとき、将棋では日本将棋連盟が発行する実力照明証書。
面倒を見る(めんどうをみる)
相手の攻めを受けて、切れるのを待つこと。
~を持つ、~持ち、~を持ちたい
「~の立場で指す」ひいては「~の側が有利だと思う」「~の側に味方する」を意味する。たとえば「互角でしょうけども私は振り飛車を持ちます」という場合、「互角だけども振り飛車のほうが勝ちそうだ」あるいは「互角だけども自分は振り飛車党だから振り飛車の立場で指したい」を意味する。
もぐる
穴熊囲いを作る過程で香車の下(先手居飛車穴熊ならば9九)に玉を移動させる。
もたれる
角を敵陣に打って馬を作ることによる圧迫を狙ったり、駒を働かせて後々の厄介な手順を狙ったりするような手を指して相手に手番を渡し、それに対する相手の手に応じて局面を進めていく様子。
持ち駒
将棋では相手から取った駒は持駒として使用ができる。一般の慣用句で、いつでも必要なときに使えるように用意してある人や物の意味で使用されている持ち駒の語源。
持ち時間
将棋の対局において対局者各自に与えられた時間のこと。こうして対局者は一手を指すまで、各自決められた時間内に指すことになっている。
元奨(もとしょう)
元奨励会会員の略。
模様(もよう)
  1. 序盤において「○○になりそうな局面」を略して「○○模様」というときに用いる語。たとえば「矢倉模様」は「相矢倉になりそうな局面」を意味する。
  2. 局面の全体的な様子。「模様が悪い」( = 有利ではない状況)などのように用いる。
盛り上げ駒(もりあげこま)
彫埋め駒にさらに漆を塗って文字を浮きだたせた駒。

[編集]

矢倉(やぐら)
江戸時代からある囲い、構えで、主に相居飛車の将棋特に双方が同じ戦型(相矢倉)として利用されることが多い。
ヤスリ攻め
ヤスリで削るようにと金で相手の囲いをじわりと削り取るようにする攻め。
槍(やり)
香車の通称。
優勢(ゆうせい)
形勢判断において相当有利な状態。「有利」よりも強く、「勝勢」よりは弱い表現。
ゆっくりさす
  1. 玉のまわりを整えたり、駒をひきつけたり、遠くの駒を取りにいったり、遊び駒を2手かけて相手の駒に当てにいったりなど、後手に回るが有効な手をさして相手玉へのつめろを急がないこと。
  2. 棋風として上のような手を好むこと。
指運(ゆびうん)
指し手の運勢。切羽詰まった局面で反射的に指す指し手の良し悪しを表す。
緩める(ゆるめる)
  1. 指し手に若干の手心を加えること。プロ棋士も指導対局などで、下手に存分に指して貰いたい時などに行なう場合がある[2]
  2. 直接攻めていく手ではなく、次により厳しい手を狙うために一見緩いと見える手を指すこと。「一手緩める」とも言う。
~ようでは~
文章または口頭による対局の解説は、文のパターンがある程度決まっていて、将棋用語ではないが将棋界で使われがちな、若干業界用語に近い常套句というものが存在する。「ようでは」はその一つで、「○○ようでは××」の形で用い、前の○○の部分にはさし手を意味する語句が、うしろの××には劣勢、苦心、疑惑、遺憾などを意味する語句が入る。××の部分は省略されることもあり、その場合「悪い」「不満だ」「メンツが立たない」など何らかのニュアンスを適宜補って解釈される。<例>「ここで馬を引いて受けるようでは手の流れがおかしい」「形勢は先手かなりよしですが、この歩がとれないようでは(さすがにいいところがない)ということで、後手 開き直って同歩としましたね」「▲3五香と打つようでは、~~八段に誤算があったか」「そうかその手があったか! いやー、これがさせないようではねえ、まったくふがいない」
欲張る(よくばる)
(おもに「欲張った指し方」の形で)その局面で通常考えられる得な手を指さずに、(無理矢理)もっと大きい得をしようとする手を指すこと。
横歩、横歩取り(よこふどり)
角道を開けた際に突き出した歩は、相手にとっては飛車先交換から飛車を進出させて横にスライドして取ることができるので、この行為を横歩取りと呼んでいる。
四段(よだん)
棋士とされる段位。なおプロとアマチュア将棋では段位の尺度は違う。
四人将棋(よにんしょうぎ)
将棋盤の四方を使って行う変則将棋。
読み上げ(よみあげ)
テレビの将棋対局や公開対局において、対局者の指した指し手を読むこと。
読み抜け(よみぬけ)
通常は大多数の人が読めて予想がつく手が抜けていた場合の見落としをいう。いくら考えても思いつかなかった妙手がわからなかった場合はこのようには言わない。
読む(よむ)
頭の中で指し手を思い浮かべてこちらがどう指すか、相手がどう指して来るかを想定すること。
読みが合わない
棋風の差によって、展開の好みや、複数ある候補手の中で相手がこれを一番さしてきそうだという予想が一致しないこと。対局では、自分がこれは自然だろうと思ってさした手が相手にとっては意外な、読んでいなかった手である、あるいはその逆に意表をつく手だと思ったら相手がそれをメインに読んでいてうまく対応されるということがよくある。
読み筋
頭の中で把握している手順。
読み切る
考えられる手順をすべて把握すること。
寄せる、寄せ
  1. 相手の玉を詰ます、必至をかける、あるいは受けが利きにくい形にするための手順を指していくこと。
  2. 「引き寄せる」の略語。〈例〉「金を自玉に寄せて守りを補強する」
米長玉(よねながぎょく)
米長邦雄が行ったとされる、王将を端筋(1筋、9筋)の位置に居させる指し方。
呼び込む
相手の攻め駒を自陣に引き込むこと。受け潰しを狙うなら良いが、意図せずに呼び込んでしまった場合は完全な失策である。
寄り筋
玉が寄せられそうな様子(「寄せる」を参照)。
寄る
  1. 玉・飛車・金と成駒のいずれかを右隣か左隣に動かすこと。
  2. 玉が寄せられた状態になること(「寄せる」を参照)。
四枚落ち(よんまいおち)
上手が大駒と香車を落とす駒落ち戦。上手の盤上は王と金、銀、桂、歩のみ。
四手角
主に相居飛車で角を飛車先(先手なら▲2六、後手なら△8四)にいどうするさいに4手かかるのでこう呼ばれる。

[編集]

楽園
入玉した玉が完全に安全になっている様。
楽敗(らくはい)
「楽勝」の逆の意味。感想戦で「これは楽敗だな」などと使用する。
ライン
利きという意味の「筋」と同義。ただし角のみに用いる。〈例〉「いつでも角のラインがあるのでこびんを開けたくない」
楽観する(らっかんする)
対局中に、現在の局面からやや遠い先の局面について考え、これになるほうがよい、これでもかまわないと判断すること。結果的にその判断が甘かった場合によく用いる。〈例〉「二枚替えなので楽観して短時間で着手したが、存外互角に近かった」
乱戦
早い段階から定番の戦術形式を外れての将棋。
乱暴
強引な攻め手。好手ではないと感じるが、具体的な応手をまちがえると不利になるというニュアンスをもつ。
力戦(りきせん)
定跡や過去の実戦譜の局面から離れ、互いの実力で勝負が決する局面。力将棋。手将棋(てしょうぎ)。〈例〉「定跡から早々に離れ、力戦模様になった」
龍王(竜王)龍馬
飛車が敵陣に成るとなるのが龍王で、略して龍。角行が敵陣に成るとなるのが龍馬、略して馬。
流行形(りゅうこうけい)
プロの公式戦において、そのときどきの現時点で多くのプロがこぞって採用している序盤の展開。プロ棋界では、一定の期間に特定の戦型が集中してさされるという流行の有無が存在している。そこで、流行している戦型を、それ以外の戦型と区別して流行形という。
菱湖(りょうこ)
将棋駒の書体の一つで、幕末の三筆といわれた巻菱湖の字体。駒 (将棋)#書体参照。
両王手(りょうおうて)
同時に飛車もしくは香車と角二つの駒で王手を掛ける状態。相手の玉は合い駒が効かないので、逃げるしかないが、もし逃げられなかったらそこで詰みとなる。
両取り(りょうとり、りょうどり)
ある駒を取れる状態が二つの駒について同時に成立している場合、その状態。両取りヘップバーンはそのつぶやき、ひとりごとにあたる。
リレー将棋、連将棋(れんしょうぎ)
将棋まつりのアトラクションで行われる、一局の将棋を何人かで交代して指し継いでいく将棋。
リフォーム
玉を守る囲いを途中で組み換えることを指す。矢倉から穴熊や美濃から銀冠など、多数。
レイティング
実力を数値で表したもので、スイス式トーナメントなどがこの方式で知られる。
冷静パスタ
冷製パスタをもじった、冷静な指し手に対してつぶやくひとりごと。特に相手の冷静な受けの手に対して述べられる[3]
劣勢
不利より悪いが、敗勢までには至っていない状況。
連続王手の千日手(れんぞくおうてのせんにちて)
同じ手を繰り返す千日手のうち、王手を連続でするのはできない。指し手としては同一局面3回までは可能であるが、次の手で回避しなくてはならない。
連打の歩(れんだのふ)
敵駒の頭に持ち駒の歩を次々と叩くことで、相手駒をつり上げて先手を取って抑えたり、攻めの手がかりをつかむ手筋。
「詰めろ」の略。2004年時点では、若手棋士の間で流行とのこと[2]
六枚落ち(ろくまいおち)
上手が駒を六枚落として玉と金、銀、歩のみの駒落ち戦。
ロケット
香車や飛車を縦に重ねて使う状態。駒2つであれば2段ロケット、駒3つであれば3段ロケットと呼ばれる。
【接尾語】棋風のよく現れている指し手を評して言う語。また、棋風そのものや、棋士のあだ名。〈例〉激辛流(丸山忠久)、鉄板流(森内俊之)など。
論外(ろんがい)
ありえない指し手を示すのに使用される言葉で、島朗が流行らせた。

[編集]

若手(棋士)(わかて-)
棋士の紹介の際に用いられる語。一般的な「年齢の若い層」という意味だが、棋士はプロデビュー時の年齢が幅広いので年齢とプロデビュー後何年たっているかの二つから漠然と若手かどうかをカテゴライズされる。おおよそのイメージでは35歳以下かつデビューから7年以下の棋士を言う。
分かれ
手順が一段落し、局面が落ち着いた時のこと。「このやりとりは互角の分かれ」などと使う[2]
わたせる、わたせない
最終盤の段階で、相手に取らせた駒が自分の玉の詰みにいたる手順に影響する場合、その駒を取らせる手が可能かどうかが問題になる。その駒を取らせると危険であって相手の持ち駒にすべきでない場合、「~をわたせない」といい、取らせてもその駒をうまい王手に使えないか、取らせた場合と差がないと判断される場合「~をわたせる」という。<例>「えーと、この順は、金駒1枚わたせないのか。じゃあ受けないといけないか?」
割り打ち
割り打ちの銀、割り銀とも言う。銀の斜め後ろの2マスの利きによる両取り。斜め後ろに動けない駒二つが一マス間を空けて並んでいるときに、銀をその両方の駒の斜め後ろに打って両取りをかけること。または飛車と金のように斜め前と斜め後ろに行けない駒が1マス空けて斜めに並んでいるときにもかけることができる。これは襷の銀とも呼ばれる。
割り角
割り打ちの銀と同様に、角の斜め後ろ2方向の利きを利用して飛車または金に両取りをかけること。角金交換は通常の考えでは駒損とされるが、敵陣から最も守備力の高い金を外せるなど、状況により有効な手になることも多い。
腕力
力戦になった時に発揮される棋力。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本将棋用語事典』p.7では、味の良し悪しはそれぞれ0.5ポイントくらいのプラスまたはマイナスがある、ともしている。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an 『日本将棋用語事典』
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『将棋語辞典』
  4. ^ 『日本将棋用語事典』p.23
  5. ^ 『日本将棋用語事典』についてはこの項目の他、p.47「緩手」も参照。
  6. ^ 羽生善治が2010年度NHK杯テレビ将棋トーナメントに解説役として出演した際に説明。
  7. ^ 『日本将棋用語事典』p.69
  8. ^ 羽生善治氏が説く、「三手の読み」で未来を切り開く方法”. ログミー. 2018年3月9日閲覧。
  9. ^ 『日本将棋用語事典』 pp.92-93 「痺れました」、「痺れる」
  10. ^ 修司, 相崎. “72歳現役棋士、桐山清澄九段に聞く「中原誠さんとの東西決戦で嵐になった日」のこと | 観る将棋、読む将棋”. 文春オンライン. 2020年7月30日閲覧。
  11. ^ 本来の日本語としては「歩で叩く」の方が自然だが、将棋界では「歩を(使って)叩く」と言う習慣がある
  12. ^ 将棋 多面指しでプロと交流”. ニュース和歌山 (2017年11月18日). 2018年3月9日閲覧。
  13. ^ タイトル100期か無冠転落か。羽生竜王VS広瀬八段、竜王戦七番勝負の展望は?(両者インタビューあり)|将棋コラム|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2019年6月10日閲覧。

参考文献[編集]

  • 森内俊之ら(編)、原田泰夫(監修)、荒木一郎(プロデュース)、2004、『日本将棋用語事典』、東京堂出版 ISBN 978-4-490-10660-2
  • 香川愛生(監修)、2020、『将棋語辞典』、誠文堂新光社 ISBN 978-4-416-61958-2

関連項目[編集]