将軍様は縮地法を使われる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
将軍様は縮地法を使われる
各種表記
ハングル 장군님 축지법 쓰신다
漢字 將軍님縮地法쓰신다
日本語読み: しょうぐんさまはしゅくちほうをちかわれる
テンプレートを表示
将軍様は縮地法を使われる
旺載山芸術団楽曲
リリース 1996年
作詞者 鄭烈
作曲者 金雲龍

将軍様は縮地法を使われる」(しょうぐんさまはしゅくちほうをつかわれる、朝鮮語: 장군님 축지법 쓰신다)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の楽曲の一つ。作詞は鄭烈(チョン・リョル、정렬[1]、作曲は金雲龍(キム・ウルリョン、김운룡)。金正日を称える作品として知られる。

概要[編集]

本作は1996年旺載山芸術団(ワンジェサン軽音楽団)[2]によって発表された。曲名の通り、金正日金日成と同じく縮地仙術における瞬間移動術)を使うことができると称賛する内容の作品である[3]

本作歌詞中の “高地(: 고지)” という単語は、北朝鮮では単なる高台ではなく “陸上戦における要害(要塞)としての山や丘” との意味がある[4][5]

金正日の個人崇拝を意図して制作されたものの、あまりに奇妙で荒唐無稽とさえ言える内容であり[6]、故に韓国ではパロディ素材として扱われることがある。極左政党である統合進歩党2012年ハッキングされた際にも本作音源がBGMに使用されていた[7][8]。韓国国内で北朝鮮を賛美する行為は韓国国家保安法によって禁じられており、本作も「北朝鮮最高指導者であった金正日を賛美するもの」として認識されているが、北朝鮮・および金正日一族批判したり皮肉ったり揶揄する目的での使用は事実上容認・黙認されている。本作の奇抜な内容の詞作は韓国のみならず日本など諸外国の北朝鮮フリークにも周知されている[9][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中国語版に於ける「鄭烈」の内部リンクは同姓同名の別人(2018年4月時点で中国語版に項目のある人物の生存・活動期間1888年生-1958年12月歿)と、本作の制作時期、および金正日の生存・政治的活動期間1941年2月16日生-2011年12月17日歿、朝鮮労働党・第5期中央委員会第5回総会で中央委員に選出され事実上の権力掌握を開始したとされるのが1972年10月最高指導者の座へ在任中に死去)には時期があまりに開いており、同一人物とするには無理や矛盾、疑問が生じる)であり、当時のリンクミスであったと考えられる。中国語版でのリダイレクトも存在し、2018年4月現在赤リンク状態であるもページが示されている。
  2. ^ 旺載山(ワンジェサン)韓国語版とは金日成朝鮮革命韓国語版時の戦跡地(1933年3月11日抗日活動の “聖地” で、北朝鮮北東部・咸鏡北道穏城郡に位置する。金日成が抗日遊撃部隊を召集、武装闘争を朝鮮全土に拡大する戦略を提示した『旺載山会議』を開いたことで知られる)の一つ。漢字では「旺載山」と表記されることが多いが、「王在山」とする場合もある(本来の山名は「旺載山」だが、「王在山」が北朝鮮における公式の漢字表記(例:朝鮮中央通信日本語版やワンジェサン軽音楽団(中国語版)等では「王在山」表記を採用している)。
  3. ^ 金日成存命中に朝鮮労働党などが「金日成国家主席縮地さえも使い得る」という『伝説』をまことしやかに喧伝プロパガンダ)した経緯が存在する。
  4. ^ 将軍様、縮地法を使う”. 朝鮮労働党 万歳! (2010年1月31日). 2018年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月14日閲覧。
  5. ^ 韓国と北朝鮮の言葉の違いに関しては朝鮮語の南北間差異を参照
  6. ^ 2018年3月現在「“将軍様は縮地法を使われる” + “歌詞”」でウェブ検索を掛けると、本作の内容と邦訳を掲載した多くのページヒット、閲覧可能である。
  7. ^ 석진환 (2012年2月20日). “통합진보당 홈페이지 해킹…북 인공기로 도배”. 한겨레 신문ハンギョレ新聞. オリジナル2017年10月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171016222348/http://www.hani.co.kr/arti/politics/politics_general/519835.html 2018年3月31日閲覧。 
  8. ^ “통합진보당 홈페이지 해킹...북 인공기 도배”. YTN. (2012年2月20日). オリジナル2017年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170626195732/http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201202200428410873 2018年3月31日閲覧。 
  9. ^ 本記事初版(2017年12月20日 (水) 15:24)の翻訳元原本:韓国語版では2013年4月21日(日)23:54の版時点で当該内容記述が初出、中国語版(2016年2月14日 (日) 20:19の版)記述の内容)にもそれを匂わす記述が存在している。
  10. ^ 中国語版・最古版は2016年1月1日 (金) 5:43に投稿されたと記録、初版の時点で「由於歌曲內容過於荒誕離奇…対訳:曲の内容があまりにも奇妙なので…)」と記述されている。