将軍通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 灘区 > 将軍通

将軍通(しょうぐんどおり)は兵庫県神戸市灘区町名。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数386、人口732、うち男性392人、女性340人[1]郵便番号657-0058。

地理[編集]

灘区中央部に位置する。東は神前町、南は山手幹線を隔て神ノ木通、西は都賀川を隔て水道筋、北は篠原南町。東から順に一~四丁目が配される。

歴史[編集]

河原字大将軍、同字篠原端・神ノ木の各一部から昭和6年(1931年)9月に成立した。

由来[編集]

『神戸の町名』によれば、旧字「大将軍」とは陰陽道における五星中の金星すなわち太白星の星である[2]仏教ではこれを第二魔王、本地を他化自在天に当て、この方向は万事が悪く運び、同じ方向に3年居座り続けるとされるところから「三年ふさがり」と呼ばれた。村人は将軍塚や将軍地蔵を奉ることで大将軍の祟りを鎮めようとし、古い地図には大将軍池、大将軍井手(井堰の意)が見られる。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月7日閲覧。
  2. ^ a b 神戸史学会 2007

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 『灘区の町名』 灘区役所広報相談課、灘区役所広報相談課、1976年