尉古真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尉 古真(うつ こしん、生没年不詳)は、北魏軍人本貫代郡

経歴[編集]

道武帝が賀蘭部にいたとき、賀染干が反乱を計画して、侯引乙突らを行宮に派遣した。古真がこの計画を知って、道武帝に密告したため、反乱は不発に終わった。賀染干は古真が計画を漏らしたものと疑い、古真を捕らえると、車軸に頭を押しつけて拷問し、片眼を傷つけたが、古真が白状しなかったため、釈放した。388年登国3年)、庫莫奚に対する遠征に従軍した。389年(登国4年)、道武帝が叱突隣を討つと、古真はこれに従って功績を挙げた。390年(登国5年)、賀蘭部の救援におもむいて、劉衛辰の子の劉直力鞮を撃破した。395年(登国10年)、参合陂の戦いに参戦した。後燕に対する征戦で活躍して、功績により束州侯の爵位を受け、建節将軍の号を加えられた。明元帝の初年、鴻飛将軍となった。411年永興3年)、5000の兵を率いて、大洛城に駐屯した。413年(永興5年)、明元帝が西巡すると、古真は奚斤らとともに前軍を率いて越勒部を討ち、これを撃破した。418年泰常3年)、定州刺史に任じられた。

子の尉億万が後を嗣いだ。

伝記資料[編集]