尊円法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尊円法親王
'Portrait of Imperial Prince Abbot Son'en as a Buddhist Priest', color on silk attributed to Goshin, c. 1350.jpg
尊円法親王像
ホノルル美術館蔵・青蓮院伝来)[1]
続柄 伏見天皇第六皇子

全名 守彦
身位 親王
出生 永仁6年8月1日1298年9月7日
死去 正平11年9月23日1356年10月17日
父親 伏見天皇
母親 三善俊衡女
役職 青蓮院第十七世門跡
四天王寺別当
天台座主
テンプレートを表示

尊円法親王(そんえんほうしんのう、永仁6年8月1日1298年9月7日) - 正平11年9月23日1356年10月17日))は、青蓮院第十七世門跡伏見天皇の第6皇子。母は三善俊衡の娘。初名は守彦親王。尊円入道親王とも。

略歴[編集]

延慶元年(1308年)に青連院に入り、延慶3年(1310年)に親王宣下を受ける。延慶4年(1311年)法門に入り、名を尊円と改めて青連院門跡に就任した。しかし、当時の青蓮院は門跡の地位を巡って2つに割れており、しかも大覚寺統が亀山法皇の皇子でもう一方の派閥に属する慈道法親王を推していたことから紛争に発展している。

正和3年(1314年)から元徳元年(1329年)まで門跡管領を止められて慈道が門主とされたが、鎌倉幕府の働きかけによって出された後醍醐天皇の綸旨によって再び門主となり、元弘元年(1331年)には天台座主に任じられている。この前後4回にわたり天台座主となり、その間四天王寺別当を歴任している。

後醍醐天皇が鎌倉幕府を滅ぼすと、尊円の門跡管領が止められて再び慈道が門主となるが、建武2年(1335年)になって後醍醐天皇の勅裁による仲介で慈道が尊円を弟子として迎えて門跡の地位を譲ることになり、その後の建武の乱による後醍醐天皇の吉野山退去にも関わらず慈道が約束通りに尊円を後継者として青蓮院やその管下の寺院を譲渡したため、鎌倉時代初期から続いた青蓮院の内紛に終止符が打たれた[2]

青蓮院流[編集]

和歌をはじめ世尊寺行房に学び、行房が南朝方として北国の金沢で戦死すると、その弟行尹に学んだ。小野道風藤原行成などの上代様書法を研究、それに南宋の張即之の書風を加味し、尊円流または青蓮院流と称される書法を作り出した。

現在残されている著作・書写作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 青蓮院の基礎資料『門葉記』や『華頂要略』、明治期の宝物調書『古器物目録』『宝物調書』(東京国立博物館蔵)に本像の名を見出せないこと、また箱書から一時は慈鎮像として伝来した可能性があることなどから、厳密には『高僧像』『伝尊円法親王像』と呼ぶべき作品のようである(福島恒徳 「尊円法親王像をめぐって」 『ホノルル美術館名品展 ─平安~江戸の日本絵画─』 静岡県立美術館、1995年。 )。同論文ではこれに加え、本像が法親王の兄・花園天皇像(長福寺蔵)と非常に似ていることから、元は藤原豪信筆で花園天皇像として描かれ、後に青蓮院の重要人物である尊円法親王の御影に転用された可能性を指摘している。
  2. ^ 稲葉伸道 「青蓮院門跡の成立と展開」、河音能平; 福田榮次郎編 『延暦寺と中世社会』 法蔵館、2004年。 /所収:稲葉伸道 『日本中世の王朝・幕府と寺社』 吉川弘文館、2019年、290-291頁。 

関連項目[編集]