尊寿院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

尊寿院(そんじゅいん、? - 文禄4年11月4日1595年12月4日))は、戦国時代末期から安土桃山時代の女性。大友氏第22代当主大友義統の正室。父は大友氏重臣・吉弘鑑理で、母は大友義鑑(義統の祖父)の娘(宗麟の妹)。高橋紹運は兄、吉弘統幸立花宗茂は甥に当たる。菊姫という名の他に、洗礼名からジュスタ[1]とも呼ばれ、法名の尊寿院もそこからとられた。

略歴[編集]

義統との間に4人の子供を儲けるが、近親婚の子であり、元来病弱な女性であったという。

天正15年(1587年)、舅であり伯父である大友宗麟の命により、キリスト教に改宗して、洗礼名「ジュスタ」を授かる。この時に息子と2人の娘も受洗、嫡子義乗は「フルゼンシオ」、娘は「サビイナ」「マキシマ」という洗礼名を授かった。

文禄の役の時豊臣秀吉の命により上阪し、大坂城下の大友屋敷に入った。しかし文禄2年(1593年)、夫・義統(当時「吉統」)が改易されたことで大坂を追放され、夫の配所への同行も許されず、幼い子供3人を連れ、旧領の豊後国を供もなく放浪する悲惨な目にあった[2]

柳川城主となっていた立花宗茂(左近)の元に身を寄せることとし、筑後国下妻郡禅院村に屋敷を与えられたが、ほどなく文禄4年に死去した。

禁教令の前であったが、日蓮宗徒として葬られ、戒名は尊寿院殿日正大姉、墓所は尊寿寺(福岡県みやま市)。同寺は柳河領内最初の法華の寺。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大友宗麟の娘(長女)で、一条兼定清田鎮忠の妻となった女性の洗礼名も同じく「ジュスタ」。いとこにあたる。
  2. ^ 次女・マキシマの経歴は大友宗麟の次女・テクラの娘「マセンシア」と混同される。また、「桑姬」という人物について、実には宗麟の長女・「ジュスタ」(一条兼定室のち清田鎮忠室)のことですが、義統の次女・「マキシマ」やテクラの娘・「マセンシア」や宗麟の長女・「ジュスタ」の娘・「マダレイナ」など「桑姬」として混同される。隠された大友家の姫ジュスタ―「桑姫」再考

参考文献[編集]

関連項目[編集]