尊証法親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尊證法親王
続柄 後水尾天皇第十七皇子
称号 玲瓏宮
全名 周賢
身位 二品・親王
出生 慶安4年2月10日1651年3月31日
死去 元禄7年10月15日1694年12月1日)(享年44)
父親 後水尾天皇
母親 園基子
役職 青蓮院門跡
天台座主
テンプレートを表示

尊証法親王尊證法親王・そんしょうほっしんのう、慶安4年2月10日1651年3月31日) - 元禄7年10月15日1694年12月1日))は、江戸時代前期の法親王後水尾天皇の第十七皇子で、母は園基子(新広義門院)。幼名は玲瓏宮(ゆらのみや)、諱は周賢。正式な出家が親王宣下後であるため、入道親王とする表記もある[1]

経歴[編集]

承応2年(1653年)に青蓮院門跡相続、明暦2年(1656年)に青蓮院に入室、万治3年(1660年5月親王宣下を受けて周賢と名乗り、7月良尚法親王を師として出家して尊證と称する。寛文9年(1669年)に天台座主に補任され、同13年(1673年・延宝元年)に二品親王に叙されて天台座主に再任、元禄6年(1693年)にも3度目の補任をされるが辞退している。書道の達人で後世に「尊證流(尊証流」)と称される流派を創始した[2]

元禄7年(1694年)に44歳で薨去。実兄の尭恕法親王の撰で諡号を後桂蓮院とされた。

脚注[編集]

  1. ^ 「尊証入道親王」『日本人名大辞典』
  2. ^ 「尊証親王」『国書人名辞典 3』

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 是澤恭三「尊證法親王」『日本人名大事典』第3巻、平凡社、1979年(『新撰大人名辞典』(1937年刊)の改題複製)。
  • 市古貞次『国書人名辞典 3』岩波書店、1996年。