小さな悪の華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小さな悪の華
Mais ne nous délivrez pas du mal
監督 ジョエル・セリアフランス語版
脚本 ジョエル・セリア
製作 ベルナール・ルガルジャン
製作総指揮 ケン・ルガルジャン
Romaine Legargeant
出演者 カトリーヌ・ヴァジュネールフランス語版
ジャンヌ・グーピルフランス語版
音楽 ドミニク・ネイ
クロード・ジャーメイン
撮影 マルセル・コンブ
編集 Philippe Gosselet
配給 日本の旗 ヘラルド
公開 フランスの旗 1971年4月5日カンヌ国際映画祭
日本の旗 1972年3月4日
上映時間 103分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

小さな悪の華』(ちいさなあくのはな、Mais ne nous délivrez pas du mal)は、1970年フランスの映画。日本での公開は1972年3月。公開時のコピーは「地獄でも、天国でもいい、未知の世界が見たいの! 悪の楽しさにしびれ 罪を生きがいにし 15才の少女ふたりは 身体に火をつけた」

概要[編集]

1970年フランスで製作された本作は、その反キリスト教的で淫靡な内容からフランス本国を初めとする各国で上映禁止となり、アメリカ日本とのみで上映された。

物語のモチーフとなったのはアン・ペリーによる実際に起きた殺人事件とされており、この事件はピーター・ジャクソン監督も、1994年に『乙女の祈り』(Heavenly Creatures) として映画化した。

物語[編集]

15歳の少女、黒髪のアンヌとブロンドのロールが主人公。思春期の少女が持つ残酷さと、レズビアンエス)的で共依存的な友情がテーマとなっている。作中にはしばしばフランスの詩が引用される。

寄宿学校に通う二人はバカンスに、悪魔崇拝の儀式を執り行いサタンに忠誠を誓う。そして牧童を誘惑したり、盗みや放火庭師の飼う小鳥を殺害するなどの残酷な行為を繰り返していた。やがて二人の行為はエスカレートし、死の危険を孕んだ破滅的な終局へ向かっていく。

DVD[編集]

日本ではこれまでVHSLDDVDともに発売されていなかったが、2008年2月20日に初めてDVD化されることとなった。DVD発売を記念して、吉祥寺ミニシアター映画館バウスシアターにて、同年2月2日から2月15日までの2週間、本作がレイトショーにてリバイバル上映された。

キャスト[編集]

関連項目[編集]