小丸川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小丸川
木城町石河内・日向新しき村
宮崎県木城町

水系 一級水系 小丸川
種別 一級河川
延長 73 km
平均流量 30.35 m³/s
(高城観測所 2000年)
流域面積 474 km²
水源 三方岳(宮崎県)
水源の標高 1,476 m
河口・合流先 日向灘(宮崎県)
流域 日本の旗 日本 宮崎県
テンプレートを表示

小丸川(おまるがわ)は、宮崎県中部を流れ太平洋に注ぐ小丸川水系の本流で、一級河川である。

名称の由来[編集]

沿岸の地名、高鍋町大字持田小字「小丸」に由来する。大昔、小丸川が木城町下鶴の付近で合流した頃、1つの支流が字小丸辺りを流れて本流と合流していたと考えられる。なお、「小丸」の語源は「小回り」である[1]

地理[編集]

椎葉村九州山地の三方岳(標高1476m)北麓に発し(大藪谷)東流。美郷町南郷区日向市東郷町木城町を通過した後、宮崎平野北部の高鍋町日向灘に注ぐ。水力発電も盛んで中流部には九州最大の水力発電所である小丸川発電所がある。

流域の自治体[編集]

宮崎県
東臼杵郡椎葉村美郷町日向市児湯郡木城町高鍋町

ダム[編集]

  • 松尾ダム
  • 戸崎ダム
  • 川原ダム

橋梁[編集]

  • 鬼神橋 - 国道388号
  • 鬼神野橋 - 国道388号
  • 川上迫橋
  • 天神橋 - 国道388号
  • 砂浜橋
  • こもろ橋
  • 中水流橋
  • 田口八ツ山橋 - 国道446号
  • 天神橋
  • 柳原橋
  • 尾鈴橋 - 県道22号 東郷西都線
  • 尾鈴橋 - 県道22号 東郷西都線

(松尾ダム)

  • 鹿遊(かなすみ)橋 - 県道22号 東郷西都線
  • 戸崎橋

(石河内ダム)

  • 中八重橋

(川原ダム)

  • 一歩橋
  • 川原(かわばる)橋 - 県道40号 都農綾線、県道22号 東郷西都線
  • 比木橋
  • 高城橋 - 県道304号 木城高鍋線
  • 小丸川橋 - 東九州自動車道
  • 竹鳩橋
  • 小丸大橋 - 県道19号 石河内高城高鍋線
  • 高鍋大橋 - 国道10号 高鍋バイパス
  • 小丸川橋梁 - 九州最長の鉄道用橋梁(日豊本線)

支流[編集]

  • 大藪谷
  • 松の内谷
  • 仁久川
  • 水清谷川
  • 渡川
  • 木浦谷
  • 矢櫃谷
  • 板谷川
  • 大瀬内谷
  • 春山谷
  • 切原川

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ いわれ事典2”. www.qsr.mlit.go.jp. 2019年9月8日閲覧。

関連項目[編集]