小倉みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

小倉 みゆき(おぐら みゆき、本名:遠矢キミ、1901年明治34年)2月20日[1] - 1982年昭和57年)は、元宝塚少女歌劇団の主演男役で宝塚歌劇団卒業生鹿児島県出身[1]
この芸名は小倉百人一首の第26番:藤原忠平の「小倉山 峰の紅葉葉 心有らば 今一度の 行幸待たなむ (をぐらやま みねのもみぢば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ)」より命名された。

略歴[編集]

宝塚少女歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 『ドンブラコ』『浮れ達磨』(1914年4月1日 - 5月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『音樂カフエー』(1914年10月1日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『雛祭』(1915年3月21日 - 5月23日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『櫻大名』(1916年3月19日 - 5月21日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『ヴエニスの夕』『夕陽ケ丘』(1916年7月29日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『ダマスクスの三人娘』(1916年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『笑の國』(1917年1月1日 - 1月10日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『爲朝』(1917年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『ゴザムの市民』(1917年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 一寸法師』『神樂狐』(1918年3月20日 - 5月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『七夕踊』『クレオパトラ』(1918年7月20日 - 8月31日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『馬の王様』『靑葉の笛』『鼎法師』(1918年10月20日 - 11月30日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『花咲爺』『鞍馬天狗』『啞女房』(1919年1月1日 - 1月20日、宝塚歌劇場(パラダイス劇場))
  • 『家庭敎師』『桶の中の哲學者』『文殊と獅子』(1919年3月20日 - 5月20日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))
  • 『蟹滿寺緣起』『世界漫遊』『風流延年舞』(1919年7月20日 - 8月31日、宝塚新歌劇場(公會堂劇場))

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『歌劇と歌劇俳優』藤波楽斎著、文星社、1919年、P95
  2. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』 宝塚歌劇団2014年4月1日、6頁。