小倉実教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小倉実教
時代 鎌倉時代中期 - 南北朝時代
生誕 文永元年(1264年
死没 正平4年/貞和5年9月7日1349年10月19日
改名 実教→空覚(法名)→阿覚(法名)
別名 号:富小路
官位 正二位権大納言民部卿兵部卿
主君 後深草上皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇後伏見天皇後二条天皇花園天皇後醍醐天皇光厳天皇光明天皇
氏族 小倉家
父母 父:小倉公雄、母:姉小路実世の娘
兄弟 実教、證季、実覚、季子、惟雲親王母、権中納言冬良室
季孝、季雄富小路公脩、公煕、教子、洞院公賢室、園基成室、女子、忠房親王
テンプレートを表示

小倉 実教(おぐら さねのり)は、鎌倉時代中期から南北朝時代にかけての公卿富小路と号す。権中納言小倉公雄の長男。官位正二位権大納言民部卿兵部卿

経歴[編集]

以下、『公卿補任』、『尊卑分脈』の内容に従って記述する。

文永3年(1266年)1月5日、叙爵[1]。文永6年(1269年)6月5日、従五位上に昇叙[2]。文永8年(1271年)1月7日、正五位下に昇叙。同年10月13日、侍従に任ぜられる。文永11年(1274年)11月17日、近江権介を兼ね18日には従四位下に昇叙。同月20日、侍従は元の如し。建治4年(1278年)2月8日、讃岐権介を兼ねる。弘安3年(1280年)1月5日、従四位上に昇叙。弘安6年(1283年)4月5日、正四位下に昇叙。弘安8年(1285年)3月6日、左少将に任ぜられる。弘安10年(1287年)1月13日、遠江権介を兼ねる。同年9月21日、左中将に転任。

正応元年(1288年)11月21日、従三位に叙される。正応2年(1289年)1月13日、左中将に任ぜられる。正応3年(1290年)11月22日、正三位に昇叙。正応4年(1291年)3月25日、遠江権守を兼ねる。正応5年(1292年)12月30日、参議に任ぜられる。永仁元年(1293年)2月18日、権中納言に昇進。同年11月14日、帯剣を許される。永仁2年(1294年)1月6日、従二位に昇叙。永仁3年(1295年)1月5日、正二位に昇叙。永仁5年(1297年)10月16日、中納言に転正。正安元年(1299年)4月26日、権大納言に昇進。同年6月6日、権大納言を辞退。正和2年(1312年)12月8日、本座を許される。

元応元年(1319年)3月9日、民部卿に任ぜられる。元応2年(1320年)9月5日、民部卿を辞した。嘉暦元年(1326年)3月8日、兵部卿に任ぜられる[3]。同年11月4日、兵部卿を止められる。

貞和4年/正平3年(1348年)2月23日、出家。法名は空覚。後日、阿覚に改めた。貞和5年/正平4年(1349年)9月7日、薨去。享年86。

系譜[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 従一位平棟子の給。
  2. ^ 皇后宮御給。
  3. ^ 同月、皇太子邦良親王が崩御する。

参考文献[編集]