小倉駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
小倉駐屯地
所在地 福岡県北九州市小倉南区北方5-1-1
座標 北緯33度50分32秒 東経130度52分54秒 / 北緯33.84222度 東経130.88167度 / 33.84222; 130.88167座標: 北緯33度50分32秒 東経130度52分54秒 / 北緯33.84222度 東経130.88167度 / 33.84222; 130.88167
駐屯地司令 第40普通科連隊長
開設年 1956年
テンプレートを表示

小倉駐屯地(こくらちゅうとんち、JGSDF Camp Kokura)は、福岡県北九州市小倉南区北方5-1-1に所在し、第40普通科連隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地

概要[編集]

最寄の演習場は、曽根訓練場(旧曽根駐屯地)。分屯地として富野分屯地を併設する。駐屯地司令は、第40普通科連隊長が兼務。

大日本帝国陸軍小倉聯隊、敗戦後の進駐軍キャンプを経て、陸上自衛隊駐屯地として発足。小倉聯隊は乃木希典が聯隊長を務めた事で知られる。正門前には小倉市街から直通の西鉄北方線の終点、北方駅が存在していた。裏側には北九州医療刑務所(旧・小倉刑務所)がある。

朝鮮戦争時には米軍の重要拠点の一つとなり、士官用の米軍住宅地が併設された。水洗トイレのほか、プール、地域セントラルヒーティング(給湯・暖房)施設を備えていた。

沿革[編集]

陸上自衛隊

  • 1956年(昭和31年)
    • 3月28日:陸上自衛隊の駐屯地として開設[1]
    • 4月1日:第108施設大隊が小郡駐屯地から小倉駐屯地に移駐。
  • 1962年(昭和37年)8月15日:第19普通科連隊第2大隊を基幹として第40普通科連隊が小倉駐屯地において編成完結。
  • 1966年(昭和41年)2月21日:第108施設大隊、飯塚駐屯地業務隊、第422会計隊、第394基地通信隊が飯塚駐屯地へ移駐[2]
  • 1975年(昭和50年)3月26日:基地通信業務を駐屯地単位方式から地域担任方式に改編。

駐屯部隊[編集]

第4師団隷下部隊[編集]

西部方面隊隷下部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和31年3月27日政令第36号)
  2. ^ 駐屯地の概要- 陸上自衛隊飯塚駐屯地
  3. ^ a b 九州電力 (2015年4月30日). “第91期(平成26年度)有価証券報告書”. 2015年8月30日閲覧。