小出正子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小出 正子(こいで まさこ、本名・高橋正子。1974年1月3日 - )は、元陸上競技マラソン選手。千葉県出身。2001年ロッテルダムマラソンで2位に入るなど、国際舞台で活躍した。中央大学卒業、同期は谷川聡鈴木真紀。父は小出義雄、夫は高橋健一

略歴[編集]

積水化学入社後に頭角をあらわし、1997年北海道マラソンで2時間36分51秒をマークし4位に入る。

1998年全日本実業団女子駅伝では松本こづえ・那須川瑞穂宮崎安澄・大西昭代・高橋尚子・小出正子とつなぎ、2時間16分19秒で3位入賞。小出は6区6.595Km(アンカー)に出走し、21分24秒の区間4位の好走をみせ3位入賞に大きく貢献した。

2001年のロッテルダムマラソンでは2時間28分28秒の自己ベスト記録をマーク、ケニアのスーザン・チェプケメイについで2位に入る大健闘をみせた。また、国際千葉駅伝にも出場。千葉真子・那須川瑞穂・吉田香織・平山千絵・鈴木唯・小出正子とつないで外国勢相手によく健闘し、2時間21分22秒で5位入賞を果たした。

2002年長野マラソンでは2時間32分21秒の記録で4位に入る。その後、高橋健一との結婚を機に、第一線を退いた。現在は、佐倉アスリート倶楽部スタッフとして後進の指導にあたっている。