小出氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小出氏 (小井弖氏)
家紋
丸に額、額に二八文字、亀甲に小の字
本姓 藤原南家
家祖 小出時氏(二階堂氏流)または小出能綱(工藤氏流)
種別 武家
華族子爵
出身地 信濃国伊那郡小井弖郷(小出郷)[注釈 1]
主な根拠地 信濃国越後国尾張国
著名な人物 小出秀政
小出吉政
小出秀家
小出吉英
小出吉親
小出英尚
支流、分家 出石藩主家、陶器藩主家、園部藩主家(武家)
凡例 / Category:日本の氏族

小出氏(こいでし)は、日本の氏族の一つ。

小出氏[編集]

小出氏の出自は、『藩翰譜』などでは藤原南家二階堂氏の流とされ、本貫の地は信濃伊那郡小井弖郷(小出郷)とされる。安土桃山時代江戸時代大名となった小出氏は、上述の小出氏の子孫が尾張中村(現名古屋市)に流れてきたものとされる[1]。他方、『百家系図』では同じ藤原南家でも工藤氏流とされるなど、系図上の流れは二つあり、小出秀政までの系譜も諸説あって定かでは無い。

はっきりしているのは小出秀政が豊臣秀吉の母大政所の妹(栄松院)の夫であったことで大名に取り立てられた後からである。秀吉没後、秀政は関ヶ原の戦いでは西軍に属したが、秀政の一子遠江守秀家が東軍に属したため改易を免れ、江戸時代も大名として存続した。

家紋[編集]

小出氏分家の家紋、額に二八文字

この頃の家紋は、小出氏本家が「丸に額」「丸に額形」「丸に堅額」を用い、小出氏分家は「額に二八文字」を用い、替紋は「亀甲に小の字」を用いた。

系譜[編集]

太字は当主、実線は実子、点線は養子。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 上伊那郡小出村、西春近村小出、現在の長野県伊那市西春近小出。

出典[編集]

  1. ^ 太田 1934, p. 2260.

参考文献[編集]

系譜参考