小出英持

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
小出英持
Koide Fusayoshi.jpg
小出英持
時代 江戸時代中期
生誕 宝永3年10月22日1706年11月26日
死没 明和4年10月15日1767年12月5日
改名 英重、英長、英智、英持
戒名 透嶺義関青雲院
官位 従五位下伊勢守信濃守
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行若年寄
主君 徳川吉宗家重家治
丹波園部藩
氏族 小出氏
父母 小出英貞松平頼純娘八千
兄弟 英持堀直為正室、稲垣昭賢正室
板倉重泰
英常
テンプレートを表示

小出 英持(こいで ふさよし)は、丹波国園部藩5代藩主。吉親系小出家5代。

生涯[編集]

4代藩主・小出英貞の長男。母は松平頼純の娘。正室は板倉重泰の娘。

享保元年(1716年)閏2月28日、7代将軍徳川家継御目見する。享保10年12月18日(1726年)、従五位下・伊勢守に叙任する。延享元年12月26日(1745年)、父の死去で跡を継ぐ。延享3年12月1日(1747年)、奏者番寺社奉行となる。寛延元年(1748年)7月1日、若年寄となる。

明和4年(1767年)10月15日に62歳で死去し、跡を次男の英常が継いだ。

系譜[編集]