小出英発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小出 英発
時代 江戸時代後期
生誕 文化7年6月6日1810年7月7日
死没 文久2年8月20日1862年9月13日
官位 従五位下、伊勢守、播磨守、信濃守、大和守。
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
丹波園部藩主
氏族 小出氏
父母 父:小出英筠
兄弟 祐英、英発、祐順、娘(稲垣長剛正室)
正室:松平康任の娘
娘(小出英教正室)、娘(織田信宝正室のち水戸支流松平頼徳継室)、娘(園基祥室)、娘(坊城俊政室)
養子:英教

小出 英発(こいで ふさおき)は、丹波園部藩の第8代藩主。吉親系小出家8代。

生涯[編集]

第7代藩主・小出英筠の次男。正室は松平康任の娘。

兄・祐英が養子となって一族他家に出たため、文政4年(1821年)の父の死去により家督を継ぐ。天保元年(1830年)に打ちこわし、天保7年(1836年)には強訴が起こるなど、藩政では多難を極めた。天保14年(1843年)9月20日、家督を婿養子の英教に譲って隠居し、文久2年(1862年)8月20日に53歳で死去した。