小出英貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
小出 英貞
Koide Fusatada.jpg
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 天和4年2月16日1684年3月31日
死没 延享元年11月15日1744年12月18日
別名 主税、大学(通称
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行・西の丸若年寄
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
丹波園部藩主
氏族 小出氏
父母 父:小出英利
兄弟 英貞、英雄、英治、娘(片桐貞経正室)
正室:松平頼純の娘
英持(長男)、娘(堀直為正室)、娘(稲垣昭賢正室)
テンプレートを表示

小出 英貞(こいで ふささだ)は、丹波園部藩の第4代藩主。吉親系小出家4代。

生涯[編集]

第3代藩主・小出英利の次男。正室は松平頼純の娘(徳川吉宗の従姉妹にあたる)。

元禄10年(1697年)閏2月1日、将軍徳川綱吉御目見する。宝永2年(1705年)4月22日、英利の隠居により家督を継ぐ。このとき、弟の小出英治に1000石を分与した。宝永6年(1709年)4月15日、従五位下・信濃守に叙任する。享保10年(1725年)5月1日に奏者番となり、同年6月11日には寺社奉行と兼任する。享保17年(1732年)3月1日には西の丸若年寄となる。藩政においても江戸藩邸に藩校を創設している。

延享元年(1744年)、病気を理由に全ての職を辞そうとしたが、許されないまま11月15日に61歳で死去した。跡を長男の英持が継いだ。

小出英貞夫人像/徳雲寺蔵