小原佳太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小原 佳太
基本情報
本名 小原 佳太
階級 ウェルター級
身長 179cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-11-12) 1986年11月12日(33歳)
出身地 岩手県北上市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 27
勝ち 22
KO勝ち 20
敗け 4
引き分け 1
テンプレートを表示

小原 佳太(おばら けいた、1986年11月12日 - )は、日本プロボクサー岩手県北上市出身。第37代日本スーパーライト級王者。第36代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者。元WBOアジア太平洋ウェルター級王者。三迫ボクシングジム所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

岩手県立黒沢尻工業高等学校ボクシングを始め、2004年全国高校総体(インターハイ)でフェザー級3位。高校卒業後、東洋大学に進学。2006年のじぎく兵庫国体成年ウェルター級優勝、2008年チャレンジ!おおいた国体成年ウェルター級優勝。東洋大学ボクシング部の1年先輩にロンドンオリンピックミドル級金メダリストWBA世界ミドル級正規王者村田諒太がいる。

プロ時代[編集]

大学卒業後、三迫ジムに入門。

2010年8月9日、プロデビュー戦で2002年全日本スーパーフェザー級新人王である熊野和義と対戦。初回から右アッパーでダウンを奪い優位に試合を進めたが、5Rに逆転TKO負けし黒星デビューとなった。その後7連勝し日本ランキング1位となる。

2013年4月9日、後楽園ホールで外園隼人を相手に4回2分KO勝ちし日本スーパーライト級王座を獲得した。

2013年12月22日、OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座の獲得を目指す為に2度防衛した日本スーパーライト級王座を返上した[1]

2014年4月14日、OPBF東洋太平洋スーパーライト級2位のジェイ・ソルミアノとOPBF東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦を行い、4回KO勝ちを収め王座獲得に成功した[2]

2015年11月7日、フロリダ州マイアミミッコスーキー・リゾート・アンド・ゲーミングでIBF世界スーパーライト級8位のウォルター・カスティージョとIBF世界スーパーライト級王座挑戦者決定戦を行い、12回1-0(115-113、114-114が2者)の判定で引き分けた為、IBF王座への挑戦権獲得に失敗した[3][4]

2016年1月10日、OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座を返上した[5]

2016年2月5日、小原陣営とカスティージョ陣営が再戦することで合意したのだがカスティージョ陣営が辞退を申し出たため、IBFは小原と三迫ジムに対し挑戦者決定戦を経ずにIBF王座へ挑戦することを認める通達を出した[6]

2016年9月9日、モスクワのクリリヤ・ソヴェトフでIBFIBO世界スーパーライト級王者エドゥアルド・トロヤノフスキーと対戦し、2回1分35秒TKO負けを喫しIBF王座の獲得に失敗、IBO王座の獲得にも失敗した[7][8][9]

2016年11月1日、IBFは最新ランキングを発表し、上述のトロヤノフスキー戦に敗れ王座獲得に失敗した小原をIBF世界スーパーライト級13位にランクインした[10]

2017年3月2日、IBFは最新ランキングを発表し、小原をIBF世界スーパーライト級14位にランクインした[11]

2017年8月10日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」でサダム・キェッヨンユッとWBOアジア太平洋ウェルター級王座決定戦を行い、2回2分43秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功、再起を果たした[12][13]

2017年9月3日、IBFは最新ランキングを発表し、小原をIBF世界ウェルター級14位にランクインした[14][15]

2017年12月11日、WBOは最新ランキングを発表し、小原をWBO世界ウェルター級7位にランクインした[16]

2017年12月14日、後楽園ホールで行われた「ダイヤモンドグローブ」で藤中周作と対戦し、5回2分19秒KO勝ちを収めWBOアジア太平洋ウェルター級王座の初防衛に成功した[17]

2018年1月3日、IBFは最新ランキングを発表し、小原をIBF世界ウェルター級9位にランクインした[18]

2018年1月22日、WBOは最新ランキングを発表し、小原をWBO世界ウェルター級6位にランクインした[19]

2018年2月8日、IBFは最新ランキングを発表し、小原をIBF世界ウェルター級8位にランクインした[20]

2018年4月12日、後楽園ホールでWBOアジアパシフィック同級8位のアルビン・ラガンベイと防衛戦を行ったが、2回2分36秒KO負けを喫し、2度目の防衛に失敗した[21]

2018年8月9日、後楽園ホールでアルビン・ラガンベイと再戦し、3回1分8秒TKO勝ちで王座を奪回した[22]

2019年3月30日(日本時間31日)、フィラデルフィア2300アリーナでIBFウェルター級4位のクドラティーリョ・アブドカクロフとIBF同級王座挑戦者決定戦を行い、12回0-3(110-118、111-117、113-115)で判定負けを喫した[23]

2019年6月13日、後楽園ホールでジョスマル・ケフィと対戦し、4回58秒TKO勝ちを収め、再起に成功した[24]

2019年10月26日、後楽園ホールで日本ウェルター級王座挑戦者決定戦として、日本同級2位の垂水稔朗と対戦し、4回2分59秒TKO勝ちを収め、挑戦権を獲得した[25]

エピソード[編集]

戦績[編集]

  • アマチュア:70戦55勝(30KO・RSC)15敗
  • プロボクシング:27戦22勝(20KO)4敗1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2010年8月9日 5R 1:06 TKO 熊野和義(宮田 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2010年12月13日 1R 0:50 TKO 森眞(赤城) 日本の旗 日本
3 2011年5月30日 5R 0:11 負傷判定3-0 迫田大治(横田) 日本の旗 日本
4 2011年10月10日 3R 2:00 TKO 小口幸太(宮田) 日本の旗 日本
5 2012年1月27日 2R 2:05 TKO 長島謙吾(角海老宝石 日本の旗 日本
6 2012年3月30日 6R 1:17 TKO 出田裕一(ヨネクラ 日本の旗 日本
7 2012年8月13日 8R 1:25 TKO 丸木和也(薬師寺) 日本の旗 日本
8 2012年11月14日 8R 0:33 TKO 外園隼人(帝拳 日本の旗 日本
9 2013年4月8日 4R 2:00 TKO 外園隼人(帝拳) 日本の旗 日本 日本スーパーライト級王座決定戦
10 2013年8月25日 3R 2:34 TKO 竹中聡(大鵬 日本の旗 日本 日本王座防衛1
11 2013年12月9日 9R 1:42 TKO 蓮沼テツヤ(角海老宝石) 日本の旗 日本 日本王座防衛2
12 2014年4月14日 4R 1:50 KO ジェイ・ソルミアノ フィリピンの旗 フィリピン OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦
13 2014年8月11日 12R 0:19 TKO 岩渕真也草加有沢 日本の旗 日本 OPBF王座防衛1
14 2014年12月8日 4R 1:36 TKO ロデル・ウェンセスラオ フィリピンの旗 フィリピン
15 2015年4月13日 6R 1:51 TKO 岡崎祐也(中内) 日本の旗 日本 OPBF王座防衛2
16 2015年8月10日 3R 2:06 KO コムペット・シットサイトーン タイ王国の旗 タイ
17 2015年11月8日 12R 判定1-0 ウォルター・カスティロ ニカラグアの旗 ニカラグア IBF世界スーパーライト級王座挑戦者決定戦
18 2016年4月14日 1R 2:31 TKO ペッダム・トーパランイーシップサーム タイ王国の旗 タイ
19 2016年9月9日 2R 1:35 TKO エドゥアルド・トロヤノフスキー ロシアの旗 ロシア IBF世界スーパーライト級タイトルマッチ
20 2017年4月13日 8R 判定3-0 ラリー・スィウー  インドネシア
21 2017年8月10日 2R 2:43 TKO ナロン・ボーンチャン タイ王国の旗 タイ WBOアジアパシフィックウェルター級王座決定戦
22 2017年12月14日 5R 2:19 KO 藤中周作(金子 日本の旗 日本 WBOアジアパシフィック王座防衛1
23 2018年4月12日 2R 2:36 KO アルビン・ラガンベイ フィリピンの旗 フィリピン WBOアジアパシフィック王座陥落
24 2018年8月9日 3R 1:08 TKO アルビン・ラガンベイ フィリピンの旗 フィリピン WBOアジアパシフィックウェルター級タイトルマッチ
25 2019年3月30日 12R 判定0-3 クドラティーリョ・アブドカクロフ  ウズベキスタン IBF世界ウェルター級王座挑戦者決定戦
26 2019年6月13日 4R 0:58 TKO ジョスマル・ケフィ  インドネシア
27 2019年10月26日 4R 2:59 TKO 垂水稔朗協栄 日本の旗 日本 日本ウェルター級王座挑戦者決定戦
テンプレート

獲得タイトル[編集]

  • 第37代日本スーパーライト級王座
  • 第36代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王座
  • WBOアジア太平洋ウェルター級王座(防衛1=陥落)
  • WBOアジア太平洋ウェルター級王座(2期目=返上)
  • 2019年度日本ウェルター級最強挑戦者

脚注[編集]

  1. ^ 小原佳太が日本Sライト級王座返上 日刊スポーツ 2013年12月25日
  2. ^ 小原、派手に東洋太平洋タイトル奪取 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年4月14日
  3. ^ Obara Stunned By Draw, Regrets Not Getting a KO Boxing Scene.com 2015年11月8日
  4. ^ 小原佳太まさかのドロー決着、IBF挑戦者決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月8日
  5. ^ 小原佳太がOPBF王座返上、次は2度目の挑戦者決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月10日
  6. ^ 小原佳太に世界挑戦のチャンス、IBFが即挑戦認める Boxing News(ボクシングニュース) 2016年2月5日
  7. ^ Troyanovsky destroys Obara, retains IBF 140lb title Archived 2016年9月10日, at the Wayback Machine. Fightnews.com 2016年9月9日
  8. ^ 小原佳太2回TKO負け 連打でリング外転落 日刊スポーツ 2016年9月10日
  9. ^ 小原佳太が2回TKO負け、IBF・SL級王座獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月10日
  10. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2016年11月1日
  11. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年3月2日
  12. ^ 小原佳太が2回TKO勝ち、WBOアジア王座獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月10日
  13. ^ Obara wins vacant WBO ASPAC 147lb belt Fightnews.com 2017年8月11日
  14. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2017年9月3日
  15. ^ 20歳ベナビデスがWBC王者に、IBF最新ランキング Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月9日
  16. ^ WBO RANKING DECEMBER 2017 WBO公式サイト 2017年12月11日
  17. ^ 小原佳太が5回KO勝ち、2度目の世界挑戦に意欲 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月14日
  18. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2018年1月3日
  19. ^ WBO RANKING JANUARY 2018 WBO公式サイト 2018年1月22日
  20. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2018年2月8日
  21. ^ 小原佳太「自信過剰だった」KO負けで王座陥落 日刊スポーツ 2018年4月12日
  22. ^ 小原佳太、3回TKO王座復帰「世界へもう1回」 日刊スポーツ 2018年8月9日
  23. ^ 小原佳太は判定負け IBFウェルター級挑戦者決定戦 Boxing News(ボクシングニュース)2019年3月31日
  24. ^ 小原佳太がTKO勝ち IBF挑戦者決定戦敗北から再起 Boxing News(ボクシングニュース)2019年6月13日
  25. ^ フェザー級の丸田陽七太ら日本王座挑戦権獲得 IBF8位の小原佳太は貫禄の4回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)2019年10月26日
  26. ^ マニー・パッキャオ。終 小原佳太 の ONE TIME 2013年11月3日
  27. ^ 小原、パッキャオ効果でV2死角なし!/BOX サンケイスポーツ 2013年12月9日

関連項目[編集]

空位
前タイトル保持者
岩渕真也
第37代日本スーパーライト級王者

2013年4月9日 - 2013年12月22日(返上)

空位
次タイトル獲得者
岡田博喜
空位
前タイトル保持者
金民旭
第36代OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者

2014年4月14日 - 2016年1月10日(返上)

空位
次タイトル獲得者
アル・リベラ